• カテゴリー別アーカイブ 食べ物・飲み物
  • v019 初老のせいでタコのコリを取った

    ■初老のせいでタコのコリを取った

    猫のトラッシュ

    自宅でよく酒を飲みます。日本酒に焼酎、ワイン、紹興酒、ビール、などなど。
    居酒屋へは行く頻度が減りました。札幌には知り合いがほとんどいないですから、仕方ありません。

    おかげで仕事や愛や勇気や世界平和や地球温暖化に伴う人類の存亡についてのことや、新しいエネルギーへの転換が急務であることやドラフトの完全ウエーバーのこと、おいしい店の話やグレープフルーツの香りのダイエット効果のことや、西洋医学は根本的に間違っていること、現代人のほとんどが精神病であること、記念切手の発行が多すぎること、魚介類が人類への復讐を企てていること、ラーメンのポイントはやはり麺の縮れ具合であること、牛や豚の苦しみ悲しみについてのこと、地球は実は地獄であること、ネコも夢を見ること、放射性物質は半減期が数億年単位であること、CPUはタダの石の塊に見えるのにいろんな指示をきちんと聞く不思議についてのこと、などなど、について語ることが減っています。

    そんなある日、自宅で日本酒(比較的安い「まなぐ凧」という青森の純米酒)を、「凧」だからというわけではなく「タコの刺身」で飲んでいました。
    タコにはわさびが合います。わさびはしょう油に溶かすより、直接ネタに乗せてしょう油につけて食べるとわさびの風味が活きるらしいので、ねりわさびのチューブを手に、ねりねりっとタコに乗せました。

    「あっ、この透明性の高いゲル状のものは何だっ」

    チューブのキャップが黄緑で、ほとんど同じ大きさの、わさびのチューブによく似たそれは、肩こりに効くバンテリンという消炎剤でした。
    タコのコリがとれたかも知れません。それはともかく、これほどのマジボケは記憶がなく、

    「ついにここまできてしまったか…」

    というショック状態でビリビリしびれていました。これは老化なのでしょうか。
    でもよく考えたら、昔から、私の好きなハインラインの「夏への扉」を、何度読んでもすぐにストーリーを忘れてしまい、読む度に感動していたことも事実。これほどのマジボケの記憶がないのは、まさに記憶だけないのであって、かなり前からボケは始まっていたのかも知れません。
    こんなこと書いても何の意味もない。

    とにかくかつてないショックを受けたのであります。

    ※写真は酒が嫌いな我が家の猫です。どうでもいい、と言っています。


  • v010 ジンギスカン その2(衝撃)

    ■ジンギスカン その2(衝撃)

    警報機のランプ

    前回からの続きです。
    後日、また激安のジンギスカンを提供する店「モンゴル一丁目」へ行った時にちょっとした異変が起きていました。
    食べ放題が1380円と、600円も値下げされていたのです。しかし、食べ放題の対象は肉だけとなり、サラダやフルーツなどは別料金になっていました。その理由を聞いてみてびっくり。

    「実は1980円では高過ぎるというお客さんが多くてですね…」
    「えっっっ」
    「サラダやフルーツやアイスはいらないから安くしてほしいとの要望が多く…」
    「えーーーーーっっ!! なんで…」(おーい北海道、ずいぶん厳しいなー)
    「いいサービスだと思っていたんですが…」

    つまり、店のお客のアンケート結果を重視したというのです。
    サラダやフルーツがあるから良かったのに、と言ったら、あのサービスには自信はあったんですよ、という。本当にあれ以上は無理というほど努力はしたつもりだったのですが、と、さすがに残念そうでした。
    「まあでもいろいろ試しているところでして、来月は1580円にしてサラダバー付きにする予定です。フルーツをつけると経営が成り立ちませんのでそこはご理解いただいて、また来て下さい」
    ということだった。ご理解しますよ、そりゃあ。フルーツ高かろうが。野菜も高かろうが。ここのサラダって記憶では「レタス」「プチトマト」「ブロッコリー」「キュウリ」「ダイコン」「ベビーコーン」「ポテトサラダ」など、買って食べたらそこそこかかりますって。
    ミントのアイスで締めると後味サッパリでとても良かったのに、本当に残念。

    つまり、たまの外食でも1回の食事に2000円はかけられないよ、という道民のサインなのです。
    この景気の悪さですから、外食産業がバッタバッタとつぶれているのは事実です。
    やはり「超不況」の文字が頭に浮かぶのでした。
    ならばどのくらい安上がりか、自宅でジンギスカンをやってみました。確かに羊肉は豚や牛に比べて安く、野菜もモヤシかタマネギでいいのでこれまた経済的です。ラム肉は軟らかくて本当においしい。2人で野菜を含め1200円あれば腹一杯になります。そうしてみると「モンゴル一丁目」は「おトク感覚」より「贅沢感覚」になるのです。うーん…。(汗)

    とは言っても、自宅ジンギスカンは専用ナベが必要な上、煙も上がって、うちのように換気扇が壊れているとそれなりに悲惨なことになります。火災報知器が作動しないように気をつけて食べねばなりません。
    「窓開けろ、窓ーっ!!」
    「あーヤバいヤバい、警報機鳴っちゃう!!」
    「あおげあおげ!!」
    「あー、ネコが邪魔…」
    「肉焦げるぞー!!」
    結局ジンギスカンは店で食べるのがよさそうです。
    羊肉を自宅で食べる良い方法があります。ズバリ、煙の出ない「ラム肉のしゃぶしゃぶ」。
    野菜がやや高くつくのですが、水菜、春菊、ほうれん草などが合います。最高においしいです。本当です。

    食べれば食べるほど脂肪が燃え、ゲッソリとやせていく羊肉。
    あまりにうまいので思わず食べ過ぎてやせてしまいました。またさらにやせようと思います。


  • v009 ジンギスカン その1

    ■ジンギスカン その1

    警報機のランプ

    北海道名物といえば直線道路とジンギスカン。この直線道路というのもなかなか見事なのですが、今回はジンギスカンの話。
    今ジンギスカンがダイエットに有効だということで、全国的にブームなのだそうです。(もうブームは去ったのかな?)

    ダイエットの根拠を調べてみたところ、羊肉の脂肪の融点が44度ということで、36度程度の体内では分解されにくくそのまま排出されるとのことです(ただ確実とは言えない)。またすでに蓄積された脂肪を燃やしてくれるカルニチンという成分ががたくさん含まれているので、ダイエット効果が抜群なのだそうです。(食後の散歩など、軽い運動が必要と思われますが)
    食べれば食べるほど脂肪が燃え、ゲッソリとやせていくジンギスカンは最高です。

    札幌の宮ノ森というところに2000人を収容できるジンギスカンの店があります。この規模はさすが北海道。ラム肉食べ放題で1500円程度、飲み放題をつけても3500円。最初に出てくる肉の量が半端じゃないです。本当にすごいんです。飲み放題でチューハイを頼むと焼酎のボトルを勧められます。さあ飲め、という感じで出てくるので気分がいいです。
    当初は価格的にこれ以上は望めないだろうとひいきにしていたのですが、さらに魅力的なジンギスカンの店があったのです。

    7月末頃に発見したのは我が家から自転車で南に1時間(遠っ!!)のところにある「モンゴル一丁目」という店。チェーン店のひとつ。
    ここの食べ放題の内容がすごいったらない。ラム(子羊肉)・マトン(羊肉)のヒレ・セセリ(首)・もも・ホルモン系などのジンギスカンに加え、豚のカルビ・なんこつ・トントロ・ホルモン系、鶏肉・鶏のカルビ、ウインナーなどなど、どれをどれだけ食べても良く、さらにはサラダ(各種野菜、ポテト)食べ放題、デザート(各種だんごに各種ケーキ)食べ放題、フルーツも食べ放題(メロン・ライチ・ピングレ、すいか、バナナ、なぜか枝豆など)、いろんな種類のアイスクリーム食べ放題、みそ汁飲み放題、ライス食べ放題、おしんこ食べ放題、モンゴル茶(紅茶のようでとてもおいしい)飲み放題、これぜーんぶで1980円なのです。ま、胃袋の限界ってもんがありますが…。
    メロンいっぱい食べました。(なんとなく貧乏)
    さらに何杯でも生ビール1杯100円(キャンペーン期間中:もう終わった)だったので飲み物は単品でオーダー。
    あまりの内容に「この店採算とれてるのか」と心配になったくらいです。

    帰り際、店のアンケートに「また来ますよっ」などと書いて帰りました。
    そして後日、またこの店へ行ったのですが、オーダーの際、びっくりしてしまう話を店員から聞いてしまったのです。
    つづく…。
    てことでまた来週ーっ(もったいぶったテレビ番組かっ)


  • 研究所通信v001 カニの話

    ■カニの話

    毛ガニ

    北海道と言えば「毛ガニ」でしょう。
    これがまあそこそこ高価でして、観光スポットやまともな店では1杯5千円~1万円はしてしまいます。とても買えません。(泣)
    こちらで生活を始め、立派な地方紙・北海道新聞を取り、チラシがはさまってくるようになると、近所のスーパーの安売り情報がゲットできるようになりました。何がどのくらい安いかってのはまたいずれやるとして、問題は毛ガニ。
    特売日を狙うと、ちょっと小振りながらも、だいたい1杯400円前後で買えます。しかも時々生きているのが売られています。(生きているのは500円くらい)

    4月9日(土)、2杯で936円の生きた毛ガニ(写真あ)を買いました。ついでに発泡酒と日本酒も買い、家に帰り着いてからちょっと困りました。
    「どうやって食べるのだろう」
    生きているのだから茹でるしかないのですが、茹で方、茹で時間などがわからない。さっそく北見の実家に電話をして聞いてみました。

    「塩ちょっと、適当に入れて、茹でた頃に適当に上げる」

    うーん、あまりにも適当な説明。仕方なくインターネットでチェック。茹で時間は10~15分くらいらしい。
    生きたままカニを煮立った熱湯の中に投下。人間の阿鼻叫喚、地獄絵図と化した鍋の中…。そして何事もなかったようにそれは食卓に上がりました。(写真い)
    まあさすがに茹でたての毛ガニは身がプリプリしてて最高でした。
    土曜日の昼に酒も回り、ぐーぐー昼寝をしてしまい、あっという間に1日が過ぎていったのでした。
    おしまい。

    こんな感じですよー。ではまた。

     

    ■予備知識

    写真「あ」に写っている缶に注目。この缶は北海道限定と思われる「冷醸」という発泡酒です。ラベルにはプロ野球チームの「北海道日本ハムファイターズ」を後押しする「がんばれファイターズ!」のコピーが入っています。しかもこの缶にはシールが貼ってありまして、このシールを“48枚も”集めると、ファイターズの主砲・小笠原選手を筆で描いたイラスト入りのTシャツ(3種類ある)がもれなくもらえるキャンペーンをやっているのです。7月末までやってます。
    で、見事、我が家では“96枚も”集めまして、あとはTシャツが2枚来るのを待つばかりです。
    北海道は昔、プロ野球といえば巨人一辺倒でしたが、こちらに引っ越してきてびっくりしました。地元チームができたということで、今や北海道はファイターズ一辺倒。朝から「ファイターズの話題」を欠かさず、スポーツニュースでは真っ先に報道されます。もちろん「コンサドーレ」も。
    昔とは劇的に変わったなと思いました。