●研究所通信とは…
2005年3月、東京から札幌に自宅兼事務所を移転。札幌での暮らしを友人等に向けて書いたのがスタート。
過去の度重なる引越しで、誰にも連絡しなかった不義理の埋め合わせと、北海道は故郷でもあり、北海道の暮らしを伝えてみたい気持が動機となっています。
週アタマの平日に発行してきましたが、2009年4月より、隔週発行。7月より不定期に。
2010年5月より北見に移転。話題が野菜と動物中心に。

 


2017
次回予定 vol.299予測不能です。
v298 0424 3か月は一瞬
v297 0116 バナナで釘を打つ

2016
v296 1228 そばがき後のクマヤキ
v295 1227 そばがき後
v294 1226 年越し蕎麦の前に蕎麦ウンチク
v293 1219 北見市郊外の常呂川の「けあらし」
v292 1212 ひまわりの置き物
v291 1205 北海道の風景―丸瀬布
v290 1128 北海道の風景―生田原
v289 1121 蕎麦と温泉と高齢化
v288 1114 北海道の風景―興部
v287 1107 置戸町勝山の蕎麦屋さん
v286 1101 トムラウシ(前回からの続き)
v285 1031 トムラウシ
v284 1024 北海道の風景―弟子屈(てしかが)の端っこ
v283 1018 北海道の風景―またしても仁頃
v282 1011 北海道の風景―陸別・足寄あたり
v281 1003 北海道の風景―仁頃(にころ)
v280 0926 北海道の風景―津別峠の雲海
v279 0921 馬鹿ヤロー ナススタンプ エゾリス?
v278 0920 北海道の風景―糠平国道 猫の置き土産
v277 0912 北海道の風景―石北峠
v276 0905 北海道の風景―三国峠 スタンプ新作
v275 0404 金の湯 スタンプ新作
v274 0105 名探偵が謎の解明に乗り出す

2015
v273 1224 最後に得意技が炸裂 スタンプ新作
v272 1013 紅葉(然別湖,大雪) スタンプ新作
v271 0908 スタンプは儲かるのか
v270 0821 大雪高原温泉と三国峠
v269 0820 津別峠へ
v268 0720 庭の記録2
v267 0629 庭の記録
v266 0622 いきもの万歳(笑)
v265 0518 上湧別へ スタンプ
v264 0430 衝撃の津別 スタンプ
v263 0316 ついに販売開始!! そして津別
v262 0119 丸瀬布、やまびこ
v261 0113 なぜか意識が変化した日
v260 0106 新春つるつる温泉
v259 0105 くまもんのパン

2014
v258 1208 リジェクト(不合格)
v257 1123 ダジャレの世界
v256 1122 高すぎるハードル
v255 1121 多すぎるハードル
v254 1120 はがれるウロコ
v253 1119 猫水彩からの、スタンプ
v252 1118 衝撃のハガキからの、猫水彩
v251 1117 衝撃のハガキ
v250 0929 北見の森林公園で
v249 0607 カーナビくん
v248 0414 つるつる温泉事件簿
v247 0407 「びっくりちゃん」もびっくり
v246 0127 ぶん投げられる魚たち
v245 0106 あけましておめでとうございニャーす

2013
v244 1125 ギンナンその後
v243 0917 運動会「からの」ギンナン
v242 0917 太陽光パネル発電にトライ
v241 0917 たんぽぽコーヒー試作中
v240 0704 実験農場開始
v239 0604 ピッピ 猫 花
v238 0603 たんぽぽ
v237 0401 第1回 大たまねぎ焼き大会を開催
v236 0212 キレキレの北見焼き肉まつり
v235 0201 びっくりちゃん生還
v234 0131 鹿を喰らう
v233 0115 「雪と氷と肉の祭典2013」を開催
v232 0108 年始にワカサギを釣る
v231 0107 年末にワカサギを釣る

2012
v230 1227 寝ぐせのススメ
v229 1112 りんごの気持ち
v228 1023 第1回・収穫祭2012
v227 0918 つるつる温泉に出現したもの
v226 0827 このごろの畑の様子
v225 0822 このごろの猫の様子
v224 0820 ついに運転手を頼まれる私
v223 0709 寒過ぎる 間引きをしない実験 子供トビダス
v222 0417 温泉「ゆぅゆ」 みきハウス
v221 0312 つるつる温泉に鹿出現 セブンイレブン

2011
v220 12.28 トコタンでチカ釣り チビ他界・猫近況
v219 11.28 坊主と外道 ☆明言
v218 08.29 シソジュースを作る ☆社長宅
v217 08.18 グスベリジャム ☆兄さんサンキュー
v216 08.08 ヤマベ、イチゴ、そして…
v215 06.27 ワラビ大紀行
v214 06.27 北海道のタケノコ
v213 06.13 通りがかりの風景
v212 06.13 大自然考察 山菜だより 花だより
v211 06.13 ネコだより
v210 06.13 ひょ〜!! 人をバカにする木
v209 05.23 菜園だより 山菜だより 花だより
v208 04.25 鹿の心臓 畑仕事、始動
v207 02.14 何の罰ゲーム?
v206 01.24 愉快な北見大発見

2010
v205 12.27 畑ときのこと魚の記録
v204 08.02 食物連鎖を体感
v203 06.28 食料自給への道
v202 06.07 引越しと食料自給
v201 02.08 メルティングギフト ☆ライオンアドベ

2009
v200 10.13 ついに来た ☆おいしいおまっせ!
v199 08.10 悲しい花火大会2 ユリのホームラン王
v198 08.03 悲しい花火大会 ☆ネタはないか
v197 07.06 ゴミ有料化 ☆厨房市場
v196 06.15 よりによって ☆危険物安全
v195 06.01 ノラ猫だらけ ☆やっちまったな
v194 05.18 ノラ猫特集 ☆のぼりたい
v193 05.07 バスの映画の悲劇 札幌風景 ☆イケ麺
v192 04.20 水遊びデビュー ☆大雑把な標識
v191 04.06 ツキがない ☆家の痕跡
v190 03.23 美味ファイターズヌードル ☆暗闇に人影
v189 03.16 久々の自転車―マナーの話 ☆美食専門
v188 03.09 官公庁の食堂-2 ☆たかが豚丼
v187 03.02 官公庁の食堂 ☆金いらぬ!
v186 02.23 北海道、冷えてます ☆スシかね?
v185 02.16 絶対に守られない公共ルール ☆満々
v184 02.09 さえない話 ☆フォッカイドウ
v183 02.02 早口言葉 ☆かけラーメン
v182 01.26 ネタ切れ ☆親近感
v181 01.19 閉店セール ☆大味な
v180 01.13 インフル タダの続き ☆5000万円
v179 01.05 フンテロ ☆無料の

2008
v178 12.22 人体実験が終了 ☆何これ
v177 12.15 ももが痛い ☆洪水目安棒
v176 12.08 雪景色 ☆雪のベスト
v175 12.01 ツヨシがお嫁に ☆しゃぶ漬け
v174 11.25 〆鯖ください ☆ホッカイドウ菌
v173 11.17 健康診断結果発表 ☆読み違い
v172 11.10 子どもの前では ☆チラシ
v171 11.04 落ち葉 ☆家賃が気になる
v170 10.20 風邪 ☆もっこりパワー
v169 10.14 パリンポリン ☆さすけ
v168 10.06 簡単料理 ☆とらないで
v167 09.29 やきそば屋 ☆黒い道路標識
v166 09.24 収穫 ☆つる人
v165 09.16 北海道独自のスポーツ ☆やかん
v164 09.08 クマの進化 ☆居酒屋
v163 09.01 一部収穫 ☆見晴し台
v162 08.25 ゴキバナ ☆センチュリー
v161 08.18 火に囲まれて ☆あぶない
v160 08.11 ムシクイ乱入 ☆やっつけ仕事
v159 08.04 花火大会 ☆しらたきマン
v158 07.28 狸祭り・ナイトバーゲン ☆小便するな
v157 07.22 三角山 ☆ずぼら・てまひま
v156 07.14 大人げない ☆ネタ切れ
v155 07.07 サミットで大騒ぎ ☆トドックが
v154 06.30 ツキサップじんぎす ☆トドックの正体
v153 06.23 子羊の丸焼きパーティ ☆読めない
v152 06.16 札幌まつり ☆酔ってベロベロ
v151 06.09 爆破予告の夜 ☆べろべろばー
v150 06.01 温泉治療 ☆立喰そば・うどん前
v149 05.26 フィギュア・スケート ☆シルバーゾーン
v148 05.19 ムスカリ ☆ビジョン
v147 05.12 忌避(きひ)剤 ☆この坂
v146 05.07 園芸市 ☆エコミミー
v145 04.30 気持いい春、気持悪いこと ☆図書館
v144 04.21 本当のクリーンエネ、芋 ☆ショウルーム
v143 04.14 超音波な出来事 ☆しょうてん
v142 04.07 室内でジャガイモ ☆食いてえ
v141 03.31 暖かい、バーミヤン下落 ☆めんこいしょ
v140 03.24 バッファー ☆鈴木さん
v139 03.17 バッファー ☆書き文字の世界2
v138 03.10 自然エネルギー ☆書き文字の世界1
v137 03.03 北海道産100%の豆腐 ☆平成軒
v136 02.25 あらこんなところに ☆スーパーハウス
v135 02.18 雪まつりでの残念な出来事 ☆カミーユ
v134 02.12 真冬を楽しむ ☆お待ちどうさん
v133 02.04 野良芋(のらいも) ☆サン・ハイツ
v132 01.28 内科のない総合病院 ☆ディザィン
v131 01.21 スキーのジャンプ大会 ☆すし食うかい
v130 01.15 そんな寒さも大丈夫 ☆発音しにくい
v129 01.07 意外と寒くない氷点下 ☆駐車場の看板

2007
v128 12.25 ゴミ拾い侍 ☆原価
v127 12.17 1リットルの ☆ふらん軒
v126 12.10 雪がない ☆サットリ君
v125 12.03 ブルートレイン ☆魚っす
v124 11.26 間違えやすい電話番号 ☆北海堂
v123 11.19 鹿騒動のウラ話 ☆空気が読めない
v122 11.12 食べる大切 ☆又来るベアー
v121 11.05 歯間ブラシ ☆紅葉
v120 10.29 がっかり・北大クラーク ☆ハーモニ
v119 10.22 がっかり・北大ポプラ並 ☆キャデン
v118 10.15 がっかり・時計台 ☆かーにばる
v117 10.09 市民のための祭り ☆あそぶべ公園
v116 10.01 サミット会場へ、優勝と ☆シュワッ
v115 09.25 安さ爆発を考え ◇メタボ ☆近所の
v114 09.18 セカンドライフ ☆バンザイ
v113 09.10 本領発揮 ☆シュリーの店
v112 09.03 少し寂しい感じ ☆安いマンション
v111 08.27 印と和と馬の融合 ☆カラス子育て中
v110 08.20 ローカルニュース1週 ☆めんくらぶ
v109 08.13 千歳鶴の悲しい出来事 ☆ウマい本場
v108 08.06 もうひとつのサッポロ ☆反核祭
v107 07.30 タヌキ祭りで ☆もつなべお
v106 07.23 納涼? 花火大会 ☆えりんじ
v105 07.17 チラシ ☆ほっかいみちお
v104 07.09 ポプラの恐怖、リペアム ☆標語群
v103 07.02 たこ焼きと紅ショウガ ☆ようこ そ
v102 06.25 ダブルラーメン ☆春夏冬
v101 06.18 ボルタ ☆Saka-Bar
v100 06.11 100号です、ー ☆いっちょこい
v099 06.04 断末魔、人体実験 ☆つどい
v098 05.28 リペアムゲルは微妙 ☆ベアのマーク
v097 05.21 コンビニ強盗 ☆ベアのマーク2
v096 05.14 飲食店のテレビ ☆ベアのマーク
v095 05.07 人見 ☆ひとりOKストラ
v094 04.23 札幌のイメージと実際 ☆あじと
v093 04.16 ガスの定期点検に思 ☆セブンイレ
v092 04.09 始まらない人体実験 ☆サクラ・ダ…
v091 04.02 年に一度の馬鹿値市 ☆地球防衛軍
v090 03.26 イルミネーション電車 ☆親孝行
v089 03.19 手稲山 その2 ☆手稲区役所
v088 03.12 手稲山 その1 ☆ダジャレハウス
v087 03.05 ブタジル ☆あいましょう
v086 02.26 あるラーメン屋での ☆ばーさん
v085 02.19 目印はクリーニング屋 ☆ティファニ
v084 02.13 記念切手とコレクター魂 ☆可哀想
v083 02.05 雪まつり直前情報
v082 01.29 エンジェル再び ☆いいとも
v081 01.22 メタボリックな人々 ☆マリーム
v080 01.15 セントラルヒーティングの ☆ほるも
v079 01.09 木の水を飲む ☆いえやす
v078 01.01 年末年始

2006
v077 12.25 北海道は米どころ
v076 12.18 運転免許証更新 ☆鮭トバ・イチロー
v075 12.11 続・ロケット1本入りラーメン
v074 12.04 ロケット1本入りラーメン ☆きっさ10
v073 12.01 大満足の5日間 ☆つどーむ
v072 11.20 パレードの紙吹雪 ☆きたえーる
v071 11.13 贅沢な石山緑地公園 ☆テレビ父さん
v070 11.06 札幌軟石 ☆きたら
v069 10.30 ファイ日本一と生食用牡蠣 ☆ひるまん
v068 10.23 紅葉の季節 ☆全力東急
v067 10.16 なんだか許し難い ☆うまレター
v066 10.10 じじい ☆札幌のダジャレ的世界の発見
v065 10.02 ジンギスカン天国(地獄) ☆猫看護
v064 09.26 ファイターズの力 ☆猫看護
v063 09.19 車を運転することについて ☆猫看護
v062 09.11 貸し切り状態 ☆猫看護
v061 09.04 オホーツク海へ ☆猫看護
v060 08.28 北海道大学植物園の芝生で ☆猫看護
v059 08.21 高校野球とジンギスカンと ☆猫看護
v058 08.14 猫のホームステイ
v057 08.07 北海道大学のビアガーデン
v056 07.31 三週連続、夏の大型花火大会
v055 07.24 カルチャーナイト ―夜の丸山動物園
v054 07.18 北海道遺産
v053 07.10 花をどうぞ
v052 07.03 ジャスミン
v051 06.28 クラークコイン(地域限定硬貨)
v050 06.27 サマータイム
v049 06.26 北海道ニュース一週間
v048 06.19 裏白のチラシ
v047 06.05 人はなぜ踊り、踊らされるのか…
v046 05.29 気になる言葉
v045 05.22 高速バスと高速道路
v044 05.15 絶叫マシン
v043 05.08 春の楽しみ
v042 05.01 つくしの季節
v041 04.24 妖怪人間ベム
v040 04.17 鳥の話
v039 04.10 何とかならんのか、牛乳
v038 04.03 なまずし
v037 03.27 ラストジャンプ・原田雅彦
v036 03.20 地元球団づくし
v035 03.13 何でかなぁ北海道
v034 03.06 難解なテレビチャンネル
v033 02.27 距離
v032 02.20 スノーエンジェル
v031 02.13 おもてなし
v030 02.06 札幌市の苦悩
v029 01.30 コクホくんとコクホちゃんは…
v028 01.23 貝と言えば
v027 01.16 靴の裏
v026 01.10 廃線

2005
v025 12.26 雪虫
v024 12.12 砂箱
v023 12.05 アリオ札幌
v022 11.28 大通公園のイベント
v021 11.21 ホワイト・イルミネーション
v020 11.15 どっちだ
v019 11.07 初老
v018 10.30 
v017 10.25 ゴミ収集問題の謎 3:お祭りの惨状
v016 10.18 ゴミ収集問題の謎 2:解けない謎
v015 10.11 ゴミ収集問題の謎 1:解けた謎
v014 10.03 自転車道路
v013 09.26 大洪水
v012 09.22 放置自転車の話、北海道弁の答
v011 09.13 北海道弁シリーズ その1
v010 09.06 ジンギスカン その2
v009 08.29 ジンギスカン その1
v008 08.22 甲子園で南北海道代表が連覇
v007 08.15 騒音もまた楽し
v006 08.08 ラベンダーの花束2、市電のその後
v005 08.01 ラベンダーの花束
v004 07.25 夏はビールで暖まる
v003 07.20 札幌の交通網制覇
v002 07.19 市電の不可解
v001 07.11 カニの話


号外 2007.1.15 日本国憲法を守ろう


 
研究所通信ロゴ
vol.249 2014.6.7 sat

 

地図

 

北見から目標地まで150〜160kmほど

 
 



■カーナビくん


6月1日、まだちょっと時期的には早いのかも知れない、と思いつつ、北海道のタケノコ(千島笹)を穫りに行くことにしました。3年ぶりに。きっと疲れるので、その疲れを癒す意味で、ある温泉にも入る計画です。

オホーツク海沿いに北上して、紋別の先当たりから内陸へ向かい、芝桜で有名な滝上(たきのうえ)まで約120km。そこから35km先の峠が目的地(Aコース)。滝上で芝桜を見るのも楽しみです。

その紋別経由のルートではなく、ショートカットできる道が地図上にはあり、カーナビではそのルートが表示されました。(Bルート)
海へ向かわず、内陸を突っ切るコースです。知らない道もまた良いでしょう。カーナビくん、頼みますよ。(ハイテンション)



カーナビ

 

2年前、通販で安価で買ったカーナビ



涼しく、爽やかに晴れ渡った、気持ちのいい天気です。



距離計

 

出発時、車の距離計は80800km。早朝



カーナビは、目的地までの距離が約150kmで、4時間かかる見通しである、と表示しました。計算したら時速40km弱です。なんでだ? カーナビくん、おかしくないか?
ま、そこは気にせず出発です。車両の少ない広い道を快調に進みます。信号機もなければ、歩行者もいない、時速40kmで走る方が難しい道路です。
カーナビは自信たっぷりに進路を示し、声で右へ曲がれだの左へ曲がれだのと言ってくれます。



風景

  

風景

 

山がキレイです。絶景です。



しばらくすると、すごく山深くなってきて、対向車すら来なくなりました。道は細くなってきます。家から70kmほど進んだ時、舗装が切れ砂利道になりました。
「おやおやおや、本当に行けるのかこの道」
カーナビは人間を喜ばそうとしてか、目的地到着時間を2時間近くも縮めていました。予定より随分早く着きそうです。
やがて風景は鬱蒼とした森になり、聞き慣れない鳥の声や、全力で鳴くエネルギッシュなセミの声が聞こえ、かなり心配になってきたところで、自分の悲鳴が。



道路封鎖

 

進路封鎖



きゃー、なんじゃこりゃー。
北海道が管理する道道(どうどう)なのに、勝手に封鎖していいのですか? カーナビはあと60kmで目的地となってるのに行けないじゃないですか。
しかも立て札には「フキは売り物だから穫るな」と書かれていました。フキを穫る人がいるから封鎖なんですか。なんで山菜が優先なんですか。
「だめだこりゃ」

それよりカーナビくん、なんだねこのザマは。ただ距離的に近いからと、杓子定規に案内しおって、どうしてくれるの。封鎖情報は入らないの? ここからすげー戻らないといけないよ。

この封鎖されている場所のすぐ手前に左に折れる山道がありました。向こう側に抜けられるかも知れないと、試しに少し入ってみました。



山道

 

山道

 

山道

 

ひたすら無人の山奥。こわいです。

 

山道

 

山道

 

ここはボルネオか、パプアニューギニアか



クマも出そうだし、滝上には行ってない道なので完全にあきらめました。カーナビを信じた自分が悪いのです。とりあえず前の分岐点までは5kmほどなので戻り、その近くの道の駅(丸瀬布:まるせっぷ)で再検討しました。

実はこの丸瀬布に入る予定の温泉があるのですが、さすがにまだ早すぎるし、タケノコ穫りで疲れて、帰り道々入りたいわけです。とにかくまずは滝上へ。

滝上に行くにはまだいろんなルートがありましたが、さっきのような山道は封鎖されているかも知れないので、カーナビに任すのはやめて、地図帳で調べて、太い道路標示のコースに決めました。まず自動車専用道に乗り、「浮島インターチェンジ」で降りれば早そうでした。約80km。山を越えるっぽいので、1時間半くらいでしょうか。(Cコース)



地図



ある程度進みカーナビをオン! するとその「浮島ルート」 を表示しました。よし、あとはカーナビの音声案内で大丈夫、と思いました。

インターが近づくと「左に曲がれ」とカーナビが言いました。
「ほいほい、左ね。自動車専用道から降りるわけだね」
次に、「左に曲がれ」と言いました。
「えっ、左? 右じゃないの? 方向的には右だよね。(ひとりごとが続きます)ん、この先に左に折れる道があるの? ぐるっと回ってるのかな。でも左折って変だよ。左に道ないよね。地図にないよね。えー、左に曲がれってどういうこと? カーナビくん、左へ行く道はないんだよ。これ右が正しそうだけど、でも、左折しろっていうから、真っすぐ進んでみるよ」
カーナビは静かになりました。
「えーーー!! これ、本道に戻っちゃうよ。なにこの作り。こんな作りのインターチェンジってある? あーあ、次のインターまで降りれないよ」
と言ったところでカーナビがおっしゃいました。
「リルートを開始します」

つまり、このカーナビは、多分、左に曲がった時にまだその認識をしていなくて、曲がった後になっても、左に曲がれと言っていたのです。(としか思えない)
カーナビくん、しっかりしてくれよ。これで2回目だよ、騙されたの。

浮島インターをスルーしてから絶望感に襲われました。
「次のインター遠いよ、上川層雲峡だよ。そこから戻ってきたら20kmも無駄に走るよ・・・ぶつぶつ」
戻ることを考えたら、目的地の逆側から向かってもいいかな、と思いました。まっすぐ行けば、2つめの愛別インターまで20kmで、そこから目的地の峠に向かう道がありました。(Dコース)
当初よりかなり遠回りですが、こうなったら仕方ありません。カーナビを信じた自分が悪いのです。



地図




そしてどうにか目的地にたどり着くわけですが、道中、岩尾内湖というダム湖があり、それが車窓からチラっと、すごくキレイに見えました。タケノコ穫りの帰りにちょっと寄っていこうと思いました。
とりあえずは目的地へまっしぐら。

目的地には出発時刻からちょうど4時間かかりました。
はっ、そう言えば、出発時を思い出して下さい。このカーナビは出発時に4時間かかる、と、計算していました。すべての行動を予知し、紆余曲折してたどり着くことを想定していたのでしょう。科学技術の進歩には目を見張るものがあります。(皮肉)

で、タケノコ穫りの現地はというと・・・。


タケノコの峠

 

まだ雪が残っていて、タケノコどころではありませんでした

 

タケノコの峠

 

タケノコはまだほんのちょっと出ているのが数本しかない

 

距離計81016km

 

目的地で撮影。出発から216km。予定距離を60kmオーバー

 

クマ出る

 

ここはちゃんとクマも出ます



タケノコは40分探して1本も穫れませんでした。遠回りして遠回りして収穫ゼロ。
仕方なく、愛別から登ってくる時にチラッと見えた「岩尾内湖」へとむかいます。本来はまっすぐ滝上に行って、芝桜を見たいのですが、10kmばかり戻って湖を見ます。
「しかしまー、カーナビに騙されたおかげで、キレイな湖が見れそうだ」



岩尾内湖

 

岩尾内湖のキャンプ場には車がいっぱい



日曜日でいい天気なので、人がいっぱいいました。



岩尾内湖

 

あちこちでこのように木が水に浸かっていました



ここはダム湖なので、もともと地面に生えていた木が、増水した分沈んだのだと思われます。後で調べたらダムは43年前(1971年)に完成だそうです。この木は43歳以上なのかどうなのか。



岩尾内湖

 

たんぽぽキレイです。モーターボートで遊ぶ人も



ここで手弁当を食べて、極楽気分を味わいました。それから車で少し移動すると展望台がありました。



岩尾内湖

 

展望台ゆうても10メートルくらいですかね



階段を上る途中に犬のうんこがあって、うわーうわー、と言いながら登りました。



岩尾内湖

 

思ってたよりいい景色



おー、なかなか気持ちがいい。ボートの人、スピード出し過ぎ。



岩尾内湖

 

さっき寄ったキャンプ場が丸見え



キャンプ場にはちゃんと水場もありました。さぞかし夜は星もキレイでしょう。
何はともあれ、来て良かった。カーナビくんのおかげだよ。



岩尾内ダム

 

ダムの排水口。水害防止、発電、上水道、農地用水などの、多目的ダム



ここからまた戻る形でタケノコの峠を通って、滝上へ。50kmくらいあります。



北キツネ

 

キツネ出現



道路にキツネ。誰かがエサを与えたのか、車に寄ってきます。食べるものは自分で獲りなさいよキツネくん。と言っているうちに滝上に着きました。



滝上のサクラソウ

 

滝上のサクラソウ

 

滝上の芝桜

山の斜面に芝桜が咲いています。ついでなのでプチ情報。
「滝上公園の芝桜は10ヘクタールの大群落。そのスケールは日本最大規模を誇る。歴史は古く、1957年にひとりの町民が「みかん箱一箱分」の芝桜の苗を滝上公園に 植えたことが始まりとされている。入園料大人500円子ども250円」


さて、かなり時間が押してしまいましたが、計画していた最後のイベント「温泉」に向かいます。
カーナビはあまり信用できないから必要なかろう、特に変な枝道もなかろうと、肉眼で道路標識を見ながら丸瀬布へと進みます。カーナビの変なストレスから解放され、約80kmを快適にドライブ。シカやクマや人の子どもなどが飛び出してくることもなく、何のトラブルもなく丸瀬布に到着しました。

行ってみたいと思っていた温泉は「マウレ山荘」というところで、その看板が出ていました。
「マウレ山荘11km」

「あれれれっ、方向的には11km戻る感じだ。カーナビで検索していれば、手前でショートカットできたかも」
もう裏目裏目。



マウレ山荘

 

マウレ山荘に到着(マウレとはアイヌ語ではまなすのこと)
昔、丸瀬布のあたりはマウレセップ原野と言われていたらしい。



写真でわかるように、なんだかとってもキレイで、ちょっとしたリゾートホテルでした。いつも行っている庶民的で親しみやすい「塩別つるつる温泉」とは違い、背中を絵画鑑賞できるお兄さんはさすがにここでは浮きまくりそうです。

フロントで「お風呂に入りたいんですけど」と聞くと、フロントの女性がニコニコしながら「大丈夫ですよー」と対応。一人600円で会計を済ませ、風呂場へと行きました。

洗い場でシャワーボタンを押し、ササッと体を洗って、さて露天へ行こうとしましたが、このシャワーが全然止まらない。あれれ、止めるボタンはあるのかな、ないのかな、と探すもストップボタンなどはない。
シャワーは出っぱなし。おかしいなとオロオロ。いろいろ押せるもんは押して、止まらず、ずっとシャワー出っぱなし。立ち去るのは無責任な感じ。
「これは参ったぞ」
出ているお湯がもったいないからとりあえず髪を洗いました。リンスしました。それでも止まらず、途方に暮れていたら、なんと、・・・止まりました。
「長くね? 出る時間長過ぎね?」

それからすぐ露天風呂へ行き、湯につかると、なんとなんと、瞬時にからだがぬるぬるになったのでした。
「おー、これはすごい」
透明で無臭、ただのお湯に見えて、この効果にびっくり。

脱衣所に書かれていたのですが、宿泊で温泉付きの部屋のお湯は源泉のかけ流しになっていて、この大浴場は、循環ろ過なんだそうです。ここの温泉付きの部屋に宿泊すれば、あなたもぬるぬる王子ですよ。女性ならぬるぬる姫、ですね。(適応症はこちら
循環ろ過の大浴場でもすごいぬるぬるになるほどのお湯なのだからこれはすごいです。

あーここは「ぬるぬる温泉」ということにしよう。と思いました。
つるつる温泉もいいけど、ぬるぬる温泉もね。
ということで、マウレ温泉でぬるぬるになって、気分よく家路についたのでした。


距離計

 

無事帰宅。本日の走行距離、481km



カーナビくんに振り回された楽しい1日でした。



Copyright (C) 2014 kannari Advertising laboratory. All Rights Reserved.