• 研究所通信v498 2023GW野生生物

    大群の一部。あっちに行くと思ったらこっちに来た。そして…

    このGWでの撮れ高を日時場所などはシークレットで羅列しておしまいです。

    アカゲラちゃん
    何か食べているエゾリス
    エゾシカは場所と時間を狙えばいくらでも撮れそう。
    最近、オオワシをよく見る
    角が1本取れてなくなっているエゾシカ。
    キタキツネ先生
    馬ちゃん。これは野生ではない。
    全員がこっちを見て固まった。はいチーズ。(ふるっ)

    言うても、そんなにたくさん撮れるもんじゃないです。
    クマ、ウサギ、タヌキ、モモンガ、フクロウ、ハクビシン、シマエナガも撮れたらいいなと思っています。


  • 研究所通信v497 鹿鹿鹿

    4月2日(日)エゾシカの顔がにゅーっと車内に。

    この日は幌加温泉湯元「鹿の谷」(かのや)という宿泊施設の日帰り温泉に入ろうと、早朝6時半から出かけて、営業開始の午前9時に着くように出かけたのです。峠が2つあって素晴らしい景色が見れます。

    入湯料はあちこちで値上がりが続く中、500円と安い方ではあります。ただ、シャンプー等はなく、シャワーもなく、洗い場の温度調節も難しい。
    ついでに言うと混浴です。知らずに行くと女性は困惑するかもしれません。
    男性更衣室から浴場に入ると、隣にも出入口があり、その女性の更衣室から女性が出てくるわけですね。以前入ったことがあるのですが、初めて行った時に浴場に女性がいるので思わず欲情…じゃなかった、思わず更衣室に戻って何か間違えたのかと思いました。

    女性更衣室には、女性用の小さい内風呂もあるそうで、混浴場に来るか来ないかは女性が決めるってことなんですかね。チラッと見て、変なオヤジがたくさんいるからやめよう、とか。でも本当に家庭用の風呂程度の大きさらしく、大きな欲情に、いや、浴場に行きたいですよね。

    多分、男風呂とか女風呂とか言う概念がなく、風呂は風呂だろっていうメンタリティなのかもしれません。男でも女でもない、入れ、人間なのだからと。

    ていうか、調べてみると混浴は意外に多く、日本古来の文化であるとの記述がありますし、また、アイヌ文化でもあり、至って普通のことで、風呂に着衣はマナー違反だと聞いたこともあります。

    内風呂には3種類の泉質の湯船があり(ナトリューム泉、鉄鉱泉、カルシューム泉、と書かれている)、露天風呂も自然の香りいっぱいで、時々鹿も見えるし近くまで来る時もある、そんな楽しみ付きです。ほぼ野生の鹿なのですが、中には人に慣れたやつがおりまして、ここは奈良か、というくらいの鹿になっています。

    この「鹿の谷」へ行く途中の、15kmほどの区間でも道路脇に多くの鹿を見ることがあります。早朝か夕方にうじゃうじゃいます。とにかく人は誰も住んでいませんので、動物天国です。この日もこんなことが。

    なんか遠くから近づいてくるヤツがいました。一瞬カンガルー かと思うような走り方でした。ぴょんぴょん跳ねています。馬かなとも思いました。

    えっ、なんだこれ。馬なのか? 鹿なのか?(いや、せめて、馬と鹿の順番変えろっ)(笑)

    アルパカ? 謎の生物? キョンシー?(ぴょんぴょんと近づいてくる)

    まじか、なんで向かってくるの。

    あ、止まった。やっぱ鹿じゃん。

    目が合って、左の谷へ逃げて行きました。
    まっすぐこちらに向かってぴょんぴょん跳ねてきた時は結構怖かったです。

    そんなことがあって、その6分後、鹿の谷に着きました。すると。

    4頭ほどの鹿が駐車スペースにたむろしていました。

    おまえらよく来たな

    えっ。慣れ過ぎ。
    という感じで最初の写真のように車の窓から頭を入れてきました。

    逃げません。その理由はこれ。

    ここのおばちゃんがキャベツをあげていました。殺人的な寒さになる冬にもあげていたんでしょうね。一部の鹿ですし、よろしいのではないでしょうか。うちはパン的なものをあげようと思いましたが、味を覚えさせてはいかんと思ってやめました。キャベツはまあ鹿の健康的にもよろしいかと。

    筆者久々の顔出し。この鹿は触っても撫でても大丈夫でした。

    こんな感じ。連れも大喜び。後ろに写っているどっかのおじさんも鹿の頭を撫でて喜んでいました。

    この鹿の谷温泉は露天風呂はもちろんですが、内風呂もなかなか良いのです。コンクリートのただ四角いだけの内風呂。古びた味のある壁(人に言ってはNG)、苛酷な雰囲気(笑)。私は内風呂はすぐのぼせてしまうので苦手なのですが、ここはなんだか居心地がいい。(ピカピカでシャレオツな雰囲気の真逆だが、なんとなく温泉の効能も倍くらいありそうな雰囲気)
    https://ja.wikipedia.org/wiki/幌加温泉

    こうやって書くと宣伝になって、超人気になっても芋洗い状態になったら困るし(行くだけで大変な場所ではあるが)、さびれて無くなってもイヤなので気分は複雑です。でもここで書いたところで誰も見てないので、研究所通信のせい(おかげ?)で来客が爆増ということは100%ありませんね。(自信たっぷり)

    帰り道で鹿が道路を横切ったりしたのですが、

    いつもなら鹿が出てきたら結構テンション上がるんですが、鹿の価値が暴落していたので、またか、みたいになりましたとさ。


  • 研究所通信v496 すずりデイズ

    なんならもう年金受け取る手続きもできる年齢となりましたが、月5〜6万円(56万円じゃないよ)では水光熱費にも満たないわけで、ヤバい事態が訪れる前に収入源を作っておかなければなりません。

    LINEのスタンプ販売は、3月の売上がなんと、なんとなんと、なんとなんとなんとなんと、352円でした。やっちまったな。これじゃ絶望のズンドコではありませんか。10万352円じゃありませんよ。その上の端数を切った352円です。

    今月はまだ31円。(笑)
    「今月はまだ31円」とかけて何と解く、「機が熟さない」と解く、その心は

    熟れない。

    座布団も取られかねない。

    こうなったらっ、っていうんで、オリジナル商品を販売できるサイトの「SUZURI」に挑戦することにしました。実は以前もこの類いのサイトに登録して「やめてクリオネ」「けむいベア」などの禁煙グッズを販売してみましたが、現在のスタンプ並みに撃沈して諦めたのでした。

    今回は、以前スタンプで作った「偉人ダジャレシリーズ」が、誹謗中傷にあたるとしてNGを食らい、8年半、宙を彷徨っているいわく付きを復活させようというものです。こんなやつでした。

    80個もあるんですよねー。こいつをフル活用できるのかっ。また肖像権やら宗教への侮辱やら、内容的な誹謗中傷やらで目くじらを立てられる可能性はあります。そこで、問題が薄そうなものを17点選び、事前にお伺いを立ててみました。その回答がこちらっ。(要約)

    登録・販売いただくデザインとして問題なし。
    ▼問題なしと判断した理由
    宗教のイラストは、相手の思想を批判するようなデザインではない。
    死後50年を超えた著名人は基本著作権が失効している。
    イラストの表現は、あからさまに誰かを馬鹿にするような表現でもなく
    万人受けするようなデザインである。

    そして、これ。

    何かご不明な点やお困りのことなどがございましたら
    お気兼ねなくご相談くださいませ。

    ああ、LINEのスタンプの時は一切の連絡が断たれ2年以上も苦しんだことを思うと、仏様のような対応。ありがたやありがたや。増して「万人受け」とまで言ってくれちゃって。

    ということで、Tシャツやグラスやキーホルダーやクッションなどの数々のアイテムにプリントされて販売されるSUZURIにトライしました。数が多いので焦って、スタンプ用に作ったネタイラストを10点ほどそのままアップしてしまい、アラが目立つため1度やり直しました。またアップすると、今度は見るからにアイテムのスペースに合ってない作りなのが気になって、アイテムごとに修正してアップし直しました。

    3週間かかりました。

    で、いろいろと店頭に並べることができているわけですが、例えばこれですね…

    誰が着るのだ。

    特に女性はこれ着ないだろう。着てたらヤバすぎると思うぞ。

    熟れない。

    虚しく響く「万人受け」。
    何とかせねば70歳頃に餓死とか凍死とかしかねないので、改良を加えつつ、何か別のものも考えていかないといけないなと考えているところです。今年は「すずりイヤー」になるかもしれません。

    マイショップはこちら
    https://suzuri.jp/B-cat

    B-cat とは、ショップの名前で、変更もできます。
    最近我が作業場にやってくる黒猫のくろちゃんをヒントに、ブラックのBと猫を合わせたネーミングにしました。
    さて、今年が終わる頃にはどうなっていることやら。


  • 研究所通信v495 約4年ぶりスタンプ新作

    54作目は3年10か月ぶりとなりました。(クリックでストアに)

    LINE CreatorsMarketのマイページにログインできなくなってから2年以上経ち、絶望感あふれる中、2月9日にやっとログインすることに成功しました。

    もう説明が面倒すぎるのでしませんが、おかげで少し「やる気」が戻って(2年以上気力が失われていた)、何か少しでも購入者の目に届くようにと、以前のスタンプにタグ付けをやり直していました。

    タグの修正なのですが、申請すれば一時的に販売停止になり、承認が出ると販売が開始されます。もしかしたらこれで最新扱いで表示が「上」になるかもしれない、というかすかな希望です。

    1セットに1〜2時間かかるんですが、途中、自分で思わずクスッと笑ってしまったのが「ミュージシャンズ」の「はぁ?」という4コマでした。

    何かじわじわくるぞ。この動物バージョンを作ってみようと思いました。さて、どうやって作るんだっけ、と4年近いブランクによって、データの作り方を忘れている始末。「確かラフを描くんだっけな」と(そこからかよっ)、資料となる動物のあくびをしている画像を集め、それを見ながらアレンジしつつ鉛筆で手書きで紙に描く。

    スキャンして、「Illustrator」でラフをざっくりトレース。ゾウアザラシ、パンダ、ワニ、キリンなどを作成。で、トラ。「トラめんどくさいなー、模様めんどいなー、やーめたっ」と出来るだけシンプルなものだけ作っていきました。ネコがどうしても可愛く描けないのが自分の特徴で、描けば描くほど可愛くなくなるのです。そこでこれだけは可愛い画像をほぼ狂いなくトレースしようと思いました。もちろんまるっきり同じではよろしくないので、アレンジはしました。(最初の画像)

    何と言うかイラスト描くのも久々で、リハビリに近く、こんな感じで1セット40個も描けないなぁと、24個にしようと思いました。ウサギ、ゾウ、サル、ブタ、牛、馬、うーん、カバ、サイ、くまちゃん、うーんうーん、ヘビ 、カエル、もう動物のカテゴリーじゃなくなっていました。ああ、面倒だなぁ、何か簡単なやつないかなぁ。あ、シマエナガなら白い丸に目とクチバシだけでええやん。

    いやー手抜きっぽいなぁ、鳥も動物とは言い難いし。まあいいか。あ、雪だるまみたいだな、あ、みかん乗せたら鏡餅だな。いやさすがに鏡餅は動物じゃないな。

    うーん、雪だるまは明らかに動物ではない。まぁいいか。「はぁ?」って言ってるし。他になんかないかな、貝はどうだ。ホタテ 。

    思ったより複雑でげんなり。動物ではないのはもちろんのこと、これでは食材。でも「はぁ?」とは言ってるよね。せっかく描いたんだし、まぁいいか。

    クリオネは簡単そうだぞ、クリオネと言えばやっぱバッカルコーンだから、描きにくいかなぁ、うーん適当にえぇぇいっ!!

    何だかわからないけどまぁいいか。(バッカルコーンとは、クリオネがプランクトンを食べる時に見せる超グロくて恐ろしい光景)

    もっと簡単なやつはないかな、うーん、うーん、あ、カラスは黒いだけだな。よしっ。

    これだけ「はぁ?」ではなく、「かぁ?」にしてしまいました。

    進めていくうちに、24個の予定が32個になっていました。なんだかんだ10日くらいかかりました。
    そして、スタンプ用のpng画像にしていくのですが、どうにか作り方を思い出して3月13日に申請するに至りました。

    翌日、承認が出ました。やたらと早い。当初(2015年頃)は3か月待たされましたし、2016年は約6日、2017年は9日待たされた記録があります。前回の2019年5月は4日待たされましたので、承認するまでの時間はかなり早くなっているようです。そこは改善されていますが、ログインできなくなった時の連絡先は出ていないし、そっちも改善して欲しいなと思いました。

    ということで、久々の販売となりました。こちらから。
    https://store.line.me/stickershop/product/22524362/ja


  • 研究所通信v494 恐怖の雪庇

    この写真は、3月1日の朝に撮影したもので、このあと下から氷を砕く「棒」で突ついて落としました。写真左奥にもあり、全部落としました。この雪庇(せっぴ)ですが、厚さは10cmくらいで、それでもこいつを頭から受けてしまうと多分怪我します。氷がかなり重たく鋭利ですので、打ち所によっては死んでしまうかも知れません。突ついて落とすのはそれなりに恐ろしいです。

    屋根に登って金属の氷割り棒で突つけば、下から突くよりは力は少しで済みますが、時々屋根に傷や穴を開けることもあります。何より滑って落ちたら怪我します。高いところは苦手ですし、屋根には登らないようにしています。

    この冬は、確か、12月に湿った重たい雪がどっさり降って(40〜50cmくらいかな)、雪かきではヘトヘトになりました。さらに屋根の雪下ろしも大変でしたが(下からかき降ろす道具がある)、その時は綺麗に落としたのです。その後2か月ほど氷点下20度前後の日が続き、時々降った雪がうっすら積もり、それが時々昼間に解けては氷を形成していきました。(氷点下でも太陽が当たると雪が溶けるのです。太陽すげぇ)

    そしてある日、玄関上の、2階の屋根(地上5mほど)にかなり分厚い氷ができていて、30cmほどせり出していました。落ちてきたら大変なことになるわけですが、その真下は人や猫が通れる状態ではなく、おそらく落ちて終わりになると思われました。ただ、落下するコースに電気の引き込み線があり、落ちた時にカスってしまうとブチ切れる可能性がありました。電力会社に相談したところゴンドラ車できてくれて、せり出した氷をカチカチと砕いてくれました。

    しかし、電気線にかからない程度に砕いただけで、大半を残して帰ったのです。氷の厚さは20cmくらいあります。すごいですよ。頭に落ちたら死ぬと思います。ただずっと厳しい寒さが続いていましたので、氷は屋根にガッチリ張り付いていて、高さもあり、とても落とせるようなものではありませんでした。放っておくしかありませんでした。

    2月18日の朝、母屋から20mくらい離れたプレハブ小屋のわが事務所にいた時に、「ドッカーン」という音と振動がありました。なんだろなと思っていたら、「たいへーん」という声がしました。

    氷が2階の屋根から落ちました。(赤い囲み)それも見えていなかった奥の方まで10m弱の範囲に。

    そこには立てかけていた脚立がぐにゃぐにゃになって、物置に穴を開けていました。

    物置の壁がベッコリ歪んで、穴が開いていました。手前の氷は動かせない重さで、ツルハシでドカドカ割って氷を撤去。2mくらいの範囲の氷を撤去したところで体力の限界を迎えました。この奥の方には出窓があって、毎年、屋根からの落雪が当たるといけない(多分ぶっ壊れる)ので、長い板に波版をつけた「オリジナル・落雪をいなす装置」を設置していたのですが、重たいのと劣化が激しかったので、今年は新作に変えたのです。

    その「新・落雪をいなす装置」は長い物干し棒2本に、安い塩ビの管を上下に支柱止め金具で固定して、台形にし、上の塩ビ管に柔軟性のあるプラ板を強力ガムテープ でくっけただけのものです。ありものを利用したので、1500円程度でできました。(前作品は1万円近くかかったのです)

    それが見事に両方の金属の物干し棒がへし曲げられてしまいました。そりゃそうですよね、これは「落雪」をいなすのであって「落氷」ではないですから。それでもまだ機能はしています。(この手のものは業者に頼んでもやってくれませんし、そんな商品はありません)

    物置が部分的に破壊されただけではありませんでした。

    「ああああ、屋根の一部が破壊されている」
    落下した端の方に1階の屋根があり、その縁が破壊されてしまいました。ここにも分厚い氷がガチガチに張り付いていて、棒でドカドカ突ついてもびくともしませんでした。その氷に、落ちてきた氷が当たり、バウンドして物置を破壊したのです。この屋根、ガムテープ でなんとかならんかな、なんて思ってそのままです。ただ、電気線は切れませんでしたし、人も死にませんでしたし、野良猫も死にませんでした。良かったと思います。

    それから10日ほど経った2月28日まで、相変わらず朝は氷点下20度近い日が続き、昼間はそこそこ0度近くまで上がってポカポカ陽気の日がありました。つまりまたまた分厚い氷が育っていたのです。それはプレハブ小屋のすぐ近くの母屋の緩やかな屋根でした。15cmくらいの厚さの氷が、屋根から10cmほどせり出していました。奥行きは1mくらい。まだしばらくは落ちないだろうし、無理に落とそうとしても屋根を傷つけるからと放置しました。

    2月28日の夜、いつもより暖かい夜。19時くらいに母屋へトイレに行こうとプレハブ小屋から出ると、母屋の氷が50cmくらいせり出していて、今にも落ちそうになっていました。怖いし夜だし、その下をささっと通って玄関(裏口)を開けて母屋に入り、帰りもビビりながらささっと氷の下を通過して戻りました。

    それから10分。「ドドーーーン」という音と振動がしました。
    落氷により玄関までの通路が塞がれました。氷が重たくて、除去作業は朝からやることにして、氷の塊の上を歩きながら表玄関から帰りました。

    これでも朝にある程度氷を除去した後の写真です。ガラスが割れてなくて良かった。

    表玄関に向かう通路に落ちたこの氷は長さ1m以上あり、これを除去するためにツルハシでドカドカやりました。全部で4〜5m分の氷が落下して通路を塞いでいました。

    この「氷が育って危険な状態」になったのは、ここに来た2010年以来初めてです。太陽の持つ計り知れないパワーにより、氷点下なのに雪が解けて軒先で凍り、半端ない寒さでガチガチに固まり、さらに解けた水が重なって分厚くなりガチガチに凍って屋根に張り付き、マックスを迎えたところで殺人的な落下をするわけです。

    なんかすごい。氷は怖い。