• カテゴリー別アーカイブ 2018年
  • v320 近くを通過する

    ■近くを通過する

    今年の1月20日(土)。オホーツク海へ車を走らせていました。
    山中のかなり高所の長い陸橋の上、前には大型トラック。前方が見えにくい、高所、雪道の怖い道路です。
    スピードは出せません。時速40kmほど。ゆっくりと流れる景色。

    そこに、前のトラックの陰から、橋の左の欄干に何か大きな塊が見えました。距離にして20mくらい。人間の子供くらいの茶色の塊。下は谷底であり、それが何か生き物であるように思え、頭の中は一瞬真っ白になりました。茶色の巨大な物体が橋の欄干に乗っかっている。バランスを崩せば落ちる。いや、彫像かもしれない。オブジェか。一体なんだろう。

    それは異様に大きなワシでした。おそらくオオワシ。

    まるでトトロのように丸々としていていました。それにゆっくりと近づき、車の横まで来て、私は横目でチラチラ見ながら「うわーうわー」と叫びまくるのでした。それはスローモーションのように至近距離を通り過ぎて行きました。

    前方のでかいトラックが通り過ぎても、そのでかい猛禽類は悠々と橋の欄干で休んでいたのです。

    そして数秒後に、「しまったーーっ!! 」と思いました。
    「撮れなかったーっ!!」と叫んでいました。

    カメラは常にハンドルの前のスペースに、滑り止めシートの上に置いてあり、いつでも瞬時にシャッターが切れるように準備してあるのです。ちょっと危ないようですが、もう何度も何度もシャッターを切って慣れているので、車の走行がヨレヨレになることはありません。

    でも瞬時に判断してシャッターに手を伸ばすことはできなかったと思います。衝撃が大き過ぎた。状況を認識した時にはすでに遅かった。この2度とないチャンスを逃した悔しさは、何日経ってもずっと続いていました。

    3月31日、遠軽から安国に向かう裏道を通っていた時、あれから2か月も経っているのに、
    「オオワシの件は悔しかったなぁ、なんか出てこないかな」とつぶやいて運転していました。
    「キツネでも鹿でも、リスでもハクビシンでもなんでもいいからさー」
    なんて言っていた直後、視界の右、何かでかいものが地面から飛び立ち、車の前を横切りました。トンビでした。

    トンビはどこにでもいて珍しくもないですが、車のフロントガラスから2メートルくらいの至近距離を、1メートルくらいのものがバッサバッサと通過するその姿は迫力いっぱいで、「うわー、すげー、うわー、かっこええー」と叫んでしまうのでした。

    そして数秒後に、「しまったーーっ!! 」と思いました。
    「撮れなかったーっ!!」と叫んでいました。

    デジャヴ。

    4月21日、阿寒国立公園の山の道、「何か飛び出して来たら大変だからゆっくり走る」とか言ってた時に、道の右脇からふさふさの綺麗なキツネが現れ、トコトコトコと車の前を横切りました。近かったので、もちろんブレーキをかけます。その時、後ろに車が接近していて、イヤな感じだったのです。シャッターに手を伸ばしたくても後続車が気になって出来ませんでした。

    「撮れなかったーっ!!」と叫んでいました。

    撮れなかったデジャヴ。

    でもキツネは頻繁に出てくるため価値は暴落しており、ショックはありませんでした。

    同日。「もうこうなったら鹿とかリスとかエゾモモンガとかクマゲラとか出てこないかなー」と言ってしばらくすると、今度は左脇から鹿が現れました。

    飛び出す前に目があって、ピョンと出てきました。レンズの関係で遠くに見えますが相当近いです。

    「おー、本当に出てくるか。すごいなシカし、鹿だけに」
    とか言いつつ、なんか言ったら出てくるなぁ、と思い、「願えば叶う宗教」のような気分になったのでした。そして、期待を込めてこう言いました。

    「UFOとか出てこないかなー」

    続く。


  • v319 寒暖差がひどい

    ■寒暖差がひどい

    来運の水

    サイトをリニューアルしました。研究所通信、リニューアル第1号です。
    それなのに、少しばかりつまらない天気の話です。

    4月21日(土)、斜里(しゃり)へ向かいました。約85kmあります。

    普段、山の向こうの仁頃(にころ)から湧き水を汲んでいます。その水に濁りがあるということで、水を汲まないように注意書きが貼られていたため、写真撮影を兼ねて斜里の「来運の湧き水」を汲みにいくことにしたのです。

    天気は曇り空で今ひとつでしたが、美しい斜里岳が白バックになり、前景が引き立つ写真が撮れました。

    斜里岳
    遠くに斜里岳が覗く。斜里岳は近くほど迫力いっぱい。
    海別岳
    北から見て、斜里岳の左に海別岳(うなべつだけ)が見える。

    ここから先、弟子屈(てしかが)の異様な硫黄山を見て、阿寒国立公園の迫力の雄阿寒岳を眺め、津別のクマヤキを食べて、戻ってきたのは午後2時。気温はなんと31度でした。春先のこの季節、自分には花粉症があり、車の窓を閉めています。そしてこんな4月中旬に30度まで上がるなんて想定はしていなくて、まさかの冷房を入れたのでした。20度に設定しました。

    30度はないわー。勘弁してよ。

    と言っていた翌日。そろそろかと、大規模家庭菜園のもらった山(もらってはいない)の様子を見に、早朝7時に出かけました。そしてこのひと言。

    6度はないわー。勘弁してよ。

     

    車のエアコンは、20度で暖房となりました。
    25度の寒暖差はきついです。


  • v318 カーリング女子 LS北見 祝賀パレード

    ■カーリング女子 LS北見 祝賀パレード

    カーリング女子 LS北見 祝賀パレード

    あけましておめでとうございます。2018年初記事ということで。

    3月21日(水)の春分の日、「そだねー」で話題になり過ぎた女子カーリングチームのLS北見が、北見駅前のなかなかにさびれてしまった商店街を約600m、祝賀パレードを行いました。

    ピョンちゃん・・・、ピョンちゃん・・、ピョンちゃんって誰? 地名だね、そのオリンピックで銅メダルを獲得したお祝いです。

    少し前からテレビや新聞、ラジオでも取り上げられていて、「実行委によれば2万人の人出」と予想、周辺の交通規制を実施すると報道されていました。いやぁ、高齢者多いし、まだ結構寒いし、普段は町に出ても20人もいないのに2万人はないよ、と思いました。ただ、メディアでこれだけ告知すれば、2000人くらい来るかも知れません。ちょうど2018人来るかも知れません。知らんけど。

    商店街は意外に狭いし、2万人も人が来たらおしくらまんじゅう状態で高齢者から死んじゃいますよね。・・・冗談ですよ冗談。

    で、本当に盛り上がるのか、全国レベルの話題でもあり、絶好の研究所通信のネタになると思い、パレードへ出かけました。

    テレビでは、パレードの障害にならないよう、路肩の雪を綺麗に除雪したと言ってました。必死の様相であります。一応、町から少し離れたウチの近所はこんな感じです。

    かなり融けていますが、この日の朝は氷点下13度でした。
    普通の人なら鼻がもげます。

    駐車場はおそらく空いてないので歩いて行きました。と言っても徒歩10分程度。
    会場が見えてきました。おやおや、遠目に、ちょっと黒々とした人の塊が見えました。
    うーん、結構いるなぁ。お祭りでもこんなにいなかったような気がする。

    ずんずん近づくと・・・

    ああ、これは一体どうしたことだ。本当に2万人くらいいるかも知れない。

    商店街は特に道が狭く、前に背の高い人が来たらもう見えません。前に出ようにも人が邪魔で(笑)、パレードがちゃんと見えるところまで行けないのでした。

    回り道して別のブロックへ移動。

    多分、藤沢選手の母校の北見北斗高校の吹奏楽部が演奏していました。

    しかしパレードの車が通る道には、ほぼ見えない位置までしか近づけず、そこで待つことにしました。
    パレードが始まり、車が近づいて来ました。

    全く見えません。

    通過しているらしいので、カメラだけを高く上げてシャッターを切りました。秘技心眼撮り。カシャカシャカシャ。

    現場ではよく見えず、後で画像を見たら、やたらとこの、お笑い芸人のナダルのようなコーチの姿ばかりが目立って写っていました。(失礼)

    写していた時はたまたま選手たちは逆方向を向いていたようで、やたらとハズレを引く自分らしいなと思いました。(失礼。コーチをハズレと言っちゃいかんですね)
    カシャ

    どうにもならないので、こんな手を。。

    おお、写っとる写っとる。  …って人のケータイやないかいっ。

    パレードの車が通り過ぎて人が減り、30mくらい離れた車を望遠でどうにか捉えることができたのが、肉眼とカメラで捉えた唯一の写真です。(最初の写真)

    ということで、このパレードには何人来たんでしょうか、
    ネットにはすぐ発表されていました。

    なんと、1万2000人だったそうです。
    現地での感覚では3万人くらいいるんじゃないかと思いました。ぎゅうぎゅう詰めでしたから。でも高齢者は死んでなかったし、2万人が危ないラインとすれば、1万2000人はまあ「ちょうどええ数字」だったと思います。

    後日談ならぬ、前日談になりますが、もぐもぐタイムで有名になった「赤いサイロ」というお菓子を、ウケ狙いで東京の方々に送ろうかと思い、そのメーカーである「清月」へ行きました。

    パレードの2週間くらい前です。午前10時過ぎに行ってみると「売り切れました」という貼紙が複数箇所にありました。毎朝開店前から長い行列ができ、すぐ売り切れるとのことで、ひとりでたくさん買うと顰蹙を買いそうです。ひょっとしたら個数制限があるかも知れません。

    ちなみに赤いサイロは、お菓子もパッケージも店の看板も、イメージ的には黄色です。
    何度か店の前を通過しているのですが、赤いサイロの看板が目に入る度に、「黄色かっ」と突っ込んでいますので、イメージは黄色です。

    ね。赤くないんす。