研究所通信v408 カレーマラソン(走る?)

さあいよいよスタート

やっとカレーマラソンのスタート地点に立ちました。
「狂犬病注射を受けよう」のタスキをかけたマッドチーム。マッドですね。いや大事な話ですけどね。「犬の登録と狂犬病予防注射は飼い主の義務」ですから。今更ですが、正体を明かしますと、獣医師会チームなのでした。マッドFはまさに、狂犬病注射をしまくるマッドな獣医なのです。そしてその仲間たちなのであります。

狂犬病というマッドな病気は、マッド中のマッドな病気で、Wikipediaにも書かれていましたが、発症するとほぼ確実に死亡するそうです。

確実に死亡する。ガクブルじゃないですか。

ガクブルじゃないですか。

人畜共通感染症のひとつで、イヌ、ネコ、コウモリ、キツネ、スカンク、アライグマなどの野生動物に咬まれたり、引っ掻かれたりしてできた傷口からのウイルスが侵入することで感染します。野生のスカンクには触らないようにしましょうね。

感染すると風邪のような症状ではじまり、痛みが増していき、興奮・不安・錯乱・幻覚、攻撃的状態、水を怖がるなどの脳炎マッド症状を呈し、昏睡から呼吸停止で死亡します。

でもご安心を。日本には今は確認されていませんし、獣医師会チームがマッドにワクチンを打って打って打ちまくってくれます。このカレーマラソンを利用してアピールをすることで、より平和な社会を築こうとしています。

恨みのある人に狂犬病ウイルスをマッドに盛っちゃダメですよ。

それはともかく、私はカメラマンとして、最短の「いもコース」に追随し、その必死な様子と、このカレーマラソンのリアル体験を、ここ研究所通信に綴るのであります。

よーい、スタートっ!!
タッタッタッ・・・・え、あれあれ、あれれれ・・・
えーっ!?

スタート直後

てくてくてく。

てくてく、てくてく。てくてく、てくてく。

てくてくと歩いとるやないかーいっ!!

どうやら、この2kmコースは「走ってはいけないルール」なんだそうで、このルールをこの段階で初めて知りました。他のコースは走っていました。この最短の2kmコースだけ走るのが禁止なのでした。おそらく、高齢者や虚弱体質、持病のある方、瀕死の方なども参加できるように、ゆるーくなっているのだろうと思われました。

ローカルメディアかな

一番長い距離の「カレールーコース5km」は、みんな懸命に走っていました。受け取るカレールーはただの小さい箱であり、芋と違って軽いし走りやすい。やはり走ってこそのマラソンですから、この5kmコースを必死に走ってもらうことで、マラソンの体を成すということなのかもしれません。
マッドF氏はまさにそのカレールー5kmコースを走るために、特殊訓練をしていたそうです。

歩いとる歩いとる。仮装の人も歩いとる。

しかし私の選んだコースは「いも2km」であり、走れないのであります。実はとっとと芋をゲットするシーンを撮って、すぐさまコールに戻り、ゴールでメンバーを待ち構えて撮影するつもりでした。

てくてくてく

ひたすら歩くのであります。こうしているうちに5kmコースを走っているマッドFや4km・3kmコースのメンバーがゴールしてしまうかも、と思うとちょっとソワソワしてしまいました。早くゴール地点へ行かねば、と。

しかし、それを言うとマッドチームのメンバーがこう言いました。

「伴走カメラマンは、ゼッケンがなくランナーじゃないから、走ってもいいんじゃない?」

走ってもルール違反にならない、とはまた、一休さんのトンチのような説に、なるほど合点がいきました。そうですねそうですね。

カレールーコースは直進、いもコースは左。

しかし芋をゲットするまでは歩きます。てくてくてく。

のどかな風景の中、お散歩です。

てくてくてく。
2kmと言ったら、意外にというか、思った通りというか、大した距離じゃないんですよね。あっと言う間に中間あたりのじゃがいも配給ポイントに到着しました。

ここでじゃがいもをゲットです。
土がついてます。新鮮です。
ここでは給水もできます。過酷なマラソンですから、水は摂りましょう。

以前、芋は畑から直接拾っていったこともあったようです。すごいですね。

今回は給芋所でした。しっかりとじゃがいもをゲットするシーンを撮り、私はゴールへと小走りで向かいました。
他のコースとの合流地点辺りでは、しっかりと走るランナーがいました。

小学生やアンパンマンも走っています。
おお、マラソンっぽいっ

ちゃんと走っているではないですか。手には玉ねぎやらカレーのルーやらが見えました。
みんながゴールに着く前に、ゴール地点へ行き、ゴールの瞬間を撮影しなければカメラマンとしては失格になってしまう。

小走りを続け、ゴール前でスタンバイしました。

ゴールが見えた。この辺でスタンバイ。気温は適温。
ゴールに向かって続々と戻ってくるランナー
出来栄えが異次元のドラえもんもゴールへ
アラジンもゴールへ
黄金のファラオもゴールへ
テトリスもゴールへ

そんなわけで、マッドチームのランナーのゴール前のシーンも撮れたのでした。しかし3チーム12人もいるため、全員がゴールしたのかわかりませんでした。ランナーがまばらになってそろそろ全員ゴールしたと思い、テントへと向かいました。

さて、これで終わりではありません。ここで終わりなら「東京マラソングランドチャンピオンシップ」と大して変わりません。端野カレーライスマラソンは、ゴールしてからが大事なのです。カレーを作り、みんなで食べるという過酷なミッションがあります。

肉ばっかり取るなとか、ケンカになったら大変です。
食材は足りるのかっ、ちゃんとカレーはできるのかっ、過酷なのです。

そして事件が起こるのですっ!!
続くっ!!


コメントは受け付けていません