• カテゴリー別アーカイブ 畑のいろいろ
  • 研究所通信v464 菊芋

    11月11日、雪が降った

    菊芋の収穫は憂鬱でした。だって大変なんだもん。工事現場の穴掘り部隊みたいなもんで、そのあとはずっと筋肉痛になるし、チップスに加工するのも何10時間もかかるし、湿気対策やら宣伝やら、もう今年はやめちゃおうかと思ったり思わなかったり。

    畑にはウサギの足跡がっ

    ウサギの足跡を発見。そしてもちろんキツネと鹿の足跡もいっぱい。熊の足跡は発見できませんでした。

    菊芋の森を攻める必死のナオヒロくん(11/11)

    土はまだ柔らかく、凍ってはいませんでした。一度か二度降っては消えて、時々暖かくもなるので、まだ1か月くらいは掘れそうです。

    去年に比べると小振りか
    11/14

    一度ブルーシートに集めて、天日干ししてから、ブラシでひとつひとつ土を落としていきます。とにかく時間がかかります。たったこれだけで2人で2時間近くかかってしまう。それがまた寒いんです。

    水で洗えば早いのですが、畑には水道はないし、家の外の水道は凍結防止で落としているし、仮に水が出せてもとても冷たい。台所を使う場合は、土を落とさないと大変なことになる。水道管が詰まったら目も当てられない。

    というわけで、ブルブル震えながらブラシで土を落とすのです。

    その後、スライサーでスライスし、乾燥させます。去年まではそのチップスをジップロックに乾燥剤と共に入れていましたが、数か月で湿気ってくることがわかり、今年からは密封することにしました。

    必殺・シーラー

    これを使えば真空パックも可能ですが、そこまでやるとチップスがバキバキに砕けてしまいます。チップスがメリっと言うくらいのところで密封です。

    乾燥剤も封入しますから、長持ちすると思われます。

    当初は今年のチップスはあまり良くないと思ってました。最初に作ったチップスが「しょっぱかった」のです。塩も入れてないのに。収穫が早すぎたのかもしれませんし、よくわかりません。いやしょっぱいって言っても、塩の「風味」を感じる程度です。塩分は全く入ってませんから。

    その後はだんだん去年の良い感じが戻ってきました。少し甘みが足りない気はします。そもそも甘みと言っても、砂糖の甘味じゃないですから、ほんのりなんとなく甘いのであって、有効成分であるイヌリンとの関わりはよくわかりませんが、ほぼイヌリンですので、問題はないと思っています。

    なんせこうですから。

    ■菊芋の成分(100g中)
    ◎水分 80g
    ◎炭水化物 15g(炭水化物の90%がイヌリン)
     ※イヌリンは、栄養学上は水溶性食物繊維
    ◎食物繊維 2g
    ◎たんぱく質 1.8g
    ◎脂質 0.2g
    ◎灰分 1g

    乾燥で水分を飛ばすと、この物体の75%がイヌリンなのであります。これが水溶性だからといって、洗った時にイヌリンが流れようがほとんど成分に変わりはないのです。ひょっとしたら灰分とたんぱく質がより水に流されやすくて、イヌリン濃度が上がっているかも知れんし。それはないか。w

    スライスしてチッブスにした後、水で洗うのですが、10秒程度で結構茶色い色が出ます。これをしないと雑味が出るように思います。しつこく洗うほど良い気もします。でもなんとなくイヌリンがどんどん流れてしまうイメージがあって、長くても1分程度ササっと洗うようにしています。

    そんなわけで今年もなんとか菊芋チップスが出来ました。こうてね。


  • 研究所通信v463 ひまわり失敗?

    ひまわりとったどー 11/22

    今回結構楽しみにしていたひまわりの種の採取ですが、いつまでたってもタネが白いままで、雪が降っても茎がしっかりカッチカチで倒れず、どんだけ強い植物だよっ、と思いつつ、しおれて首が垂れてタネが黒くなるのを待っていました。

    これ11月11日で、種は真っ白。22日もほとんど変わらず、もう雪も降ってきたし、ひまわりの首チョンパに踏み切ったのでした。

    茎がしっかりして倒れない。タネは真っ白。私の頭も真っ白

    この日は最後の4本全部、首チョンパしました。トータル7本採りました。最初に採った3本はそのまま外に置いてほったらかしていました。

    11月25日頃、7つの花を部屋に持っていき、「普通タネは黒いだろう」と思ってタネを掻き出すとそれはなんと「シマシマ」でした。シマシマの白い部分が見えていたので真っ白だと思ってしまったのでした。

    結構黒い。天日干ししたものの、寒すぎて完成しているのかわからない

    タネは約190グラム残りました。
    感覚的には、花の大きさのおよそ半分は実が入っていなくてダメで、とりあえず天日干ししたこの残った190グラムの7割は食べられそうもないくらい小さく、ペッタンコです。来年植える種を確保すると、ほとんど食べられない量となり、今年は大失敗であったなと感じているところです。

    よく育っていたので、適地だったのでしょうが、タネがしょぼい理由はわかりません。寒くなるのが早すぎたのかどうなのか。近くの菊芋に養分を取られたのかどうなのか。わからん。

    来年は50本くらいにしようかな。


  • 研究所通信v462 ニンジン

    グログロニンジンとったどー(8/25)

    もう随分昔の話でございます。
    7月30日に新たにニンジンの畝を作りました。そこが約1か月経ってどうなっているかと言うと、それはもう、「しょぼっ」な数の芽しか出ていませんでした。

    8月18日

    種を植えたところに目印として竹串を刺しています。
    トータルで40メートルくらいの畝を作ったのですが、この時点ではほぼ1本も芽が出ていませんでした。生えてくるのは雑草ばかり。

    8月24日

    この畝は、雑草は取り除きまして、2本の畝の間には雑草が生えていて、まるで作物のようになっています。でもただの草ですから。

    ニンジンゼロ。こことは別にさらに別の畝を作りました。ここも結構な体力が奪われ、ヘトヘトなったんです。これ。

    8月24日

    ここも全くのゼロ。雑草すら少ないです。種まき遅すぎたのか。
    最初の畝はこうなっています。

    8月24日

    まずまず育っています。

    8月24日

    スラローム畝もこの通り。しかし、最初の畝より時間差で種を蒔いたので、全体にまだ小さいです。

    そしてあっという間に2か月が過ぎ、後から作った40メートルの畝はこう。

    10月25日。雑草の合間に数本ニンジン が見える。

    最初の畝はというと。

    なかなか育っているじゃありませんか。
    スラローム畝はこう。

    緑の葉がニンジン。他は雑草。

    よくできています。最後に作った畝はこう。

    なんですかねこれは。赤い雑草の畑になっていますね。なんとも不思議です。ニンジンはゼロでした。

    それから約2週間後の11月8日。

    どうですか、この雑草の中に生えているニンジン。

    このくらい採って、しかし、結構な確率でグロテスク・グローイング・ニンジン(グログロニンジン)になっておりました。

    わかりにくいですが、なんていうか、売り物にはならないっていうんですかね。ちょっとマシなものを選んで、スタッフ・仲間内で美味しくいただきました。

    形は悪いですが、いつものように薬のような強い香りで、ニンジン嫌いの子供に食わせたら泣くと思います。

    上質なニンジンだと思っています。


  • 研究所通信v460 ひまわりと宇宙人

    8月25日

    ひまわりが咲きました。背丈は2メートル以上。東側の作物はよく育っています。このひまわりは北東の角。西高東低の畑ですから、東側全体に養分が流れてきているのかも知れません。

    西側の植物が育ちが悪いのです。北西の角に植えたひまわりはこのくらい。

    1.2mくらい。北西の2本のひまわり。8月25日

    ヒョロヒョロです。鹿も食わない。
    土の見えているところの雑草は枯れています。何もしていないのに。

    そして、南東の、傾斜の一番下の方になる場所のひまわりはと言うと。

    8月25日

    まだ花は咲いていませんでしたが、まずまず元気に育っています。

    ま、適当に「養分が」とか言ってますが、根拠もありませんし、よくわかりません。ただ西側は雑草すら育ちが悪いです。

    で、北東の元気なひまわりの中に、鹿に食われたひまわりがあって、それが死なずに復活していました。これ。

    背丈は低いですが生き延びています。嬉しいですね。

    ひまわりはこのあと、花が枯れて、全体が枯れて、ガックリとうなだれたら「首チョンパ」します。そして乾燥を進めて種をゲットです。200粒くらいは来年のために保管し、残りの種はどうやって食べたら美味しいかを研究するつもりです。

    さて、畑全体はどうなっているかと言うと、ほぼ半分は空き地で、残りの半分の5分の3くらいは宇宙人が人知れず開拓しています。

    宇宙人の作っている宇宙豆
    宇宙菊芋と宇宙豆の数々
    宇宙玉ねぎ
    これも多分宇宙豆

    宇宙ジャガイモは跡形もなく完全になくなっていました。宇宙船に積み込まれて、宇宙へと行ってしまったようです。食糧難に喘ぐ国の子供たちにプレゼントしているのかも知れません。

    宇宙人は石灰やら肥料やら、空飛ぶ円盤から人知れず音もなく散布し、人間の形をした精巧な草取りロボットを投下して雑草処理を施しているようです。

    とにかく全て、貴重な無農薬野菜です。


  • v459 ゴーヤ

    7月21日

    ゴーヤは市販の苗を5〜6株、以前食べたゴーヤの種を約10か所に2粒ずつ土に適当にぶっ込みました。種の一部は芽も出ませんでしたが、6か所くらいから芽が出ました。

    放っておくと地を這うので、棒を立てました。ツルが巻きついていきます。

    8月18日の1か所

    上の方にネットを張りました。

    8月19日、もう1か所

    黄色い囲みはゴーヤが巻きついているところです。

    8月24日。背景のゴーヤがすごい。

    何でしょうかね。ゴーヤって北海道に合ってないのかな。ポヨポヨで元気が感じられない。沖縄並みの暑さもありますけどね。急に寒くなったり暑くなったりと、ここ北見は寒暖差はすごい。ここの土がカッチカチだったり、雨でドロドロになったりと、変化もすごいので、一言で言うなら「過酷」。

    過酷な上、肥料やらない、雑草は見ての通りボーボー。小さな実が2つできていましたが、ちゃんと育つかどうかはわかりません。このニガニガしい環境。かなり苦い実になることでしょう。苦渋のゴーヤ。楽しみですね。