• 研究所通信費v348 そうだ、旭山動物園へ行こう

    ■そうだ、旭山動物園へ行こう

    マヌルネコ。ざっくりモンゴル周辺の高地に生息する準絶滅危惧種。 2018.9.17

    9月17日月曜日、祝日。
    この日、どこへ行くかも決めず、朝7時に家を出発。
    「うーん、野生の動物が撮れないかな」
    「鹿、キツネ、オオワシ、ハクビシン、クロテン、クマゲラ、トド、ナキウサギ・・・」
    「・・・んー、あ、じゃ、旭山動物園にしよう」(動物園かよっ!!)(自分でツッコミ)
    「行ったことないし」
    「150kmくらいか、2〜3時間かな」

    ということで、北へ向かいました。

    カーナビ

    「えーと、94.5km先を左」(笑)

    まっしぐらに進み、10時過ぎ頃に到着しました。

    旭山動物園入口

    おやおや、これでも「とーーーっても人が少ない」んだって。
    地震と停電の影響で、北海道全体の観光客が減っているそうな。地震被害としては少なかった旭川(震度4)なのに来園客が激減しているわけですよ。おかげで混み混みの状況は避けられましたが。

    普段はめちゃくちゃ混んでいるため、人気のスポットも待つことなくスイスイと見ることができました。それでも3時間かかったけど。足が棒になったけど。

    スイスイ、スタスタ、サクサク、テクテク、スタスタ。あー、ヒザにきたー。くそー、坂が多い、ヒザがいてぇ。足重いーっ!!
    いやー思ったより広い。というか見どころ多い。うーん、せっかく来たんだから全部見ないとなぁ。
    てな感じで。

    ヤバいところにオランウータン

    かなり高い地点に登って遊ぶオランウータン。

    落ちたら死にますがな。人の形状なのだから。
    ウータンに限らず、この園の特徴となっている「行動展示」っていうんですかね、動物本来の習性を活かした展示方法なのです。

    ここに、見覚えのある顔の人がいました。(黄色い矢印のところ)

    園長の坂東さんですね。よくテレビで見かけます。

    園長の行動も見ることができました。

    楽しかったです。終わり。

     

     

    うそうそ。書きたいことがひとつあります。

    ここ20年くらい(ってなげーな)、見世物としての動物園は廃止するべきじゃないかと思っていました。というのも、なぜ熱帯や寒冷地帯に生息する動物を、合わない環境のところに無理やり連れてきて、しかも見世物として動物に強いストレスを与えなければならないのかと、強く思っていました。

    それがここの動物を見ると、苦痛が少なそうだったのです。むしろ満足げな動物もちらほら散見され。(満足してるのか幸せなのかはわからないけど)

    最近、野良猫や飼い主を失った猫を対象に、猫の動物園ができたらいいのになと思ったりしてました。見世物が第一義ではなく。いや、まあ、突き詰めれば全部人間のエゴかもしれないんですが・・・。ペットとして生きられる動物などがもっと楽に生きられたらいいのになとか。

    その点、旭山動物園には、少なくともこの地で、どこにでもいるような猫や犬、ウサギ、羊や山羊、ブタ、スズメやカラスなどもいて、なんとなく悪くないなと思ったのでした。

    そういう理由で、来てよかったなと思いました。あとは、写真の羅列です。おしまい。

    豚のケツ。うんこが顔を出した瞬間を捉えた。ケツ定的な一枚。
    ホッキョクグマとそれを見ている子供たち。このエリアにはガラスのドームに顔を入れて、クマを間近に見る仕掛けもあります。クマに食べられそうな気分を味わうことができるそうです。期待通りにクマが来ればの話ですが。
    アザラシのコーナーも人はまばら。こんなに空いているのは珍しい。はず。
    中からはこんな感じ。筒の中をアザラシが泳ぐ。人はさすがにちょっと多い。
    食事ができるスペースもこんなにまばら。
    オオワシ君
    眠そうなカピバラ
    ワオキツネザル
    なんだっけ。ブラッザグェノン? 人懐っこい感じ。
    クジャク。綺麗でした。
    ありゃーぐま
    コミミズクだったかな。違うかな。フクロウは5種類くらいいました。こいつらには人間はストレスでしょうね。
    レッサーパンダ。人の通路の上を行ったり来たり。
    ヒグマ。表情がね、幸せそうなんですよ。可哀想では無いというか。自然の方が良いんでしょうけど、こいつ自身はどうなんでしょうかね。
    こいつもね。ストレスがなさそう。猫の大きいやつ
    ペンギンは寝てました。
    キリンも至近距離で見れます。こいつらも表情が悪くないんですよね。客が少ないからかな。

  • 研究所通信v347 ニンジン収穫

    ■ニンジン収穫

    「秋だね。ちょっと聞いてくださいよ。今年は天気が悪くてね。それでもどうにかここまで育ちましたよ。根菜は土の中だから温度的には安定してるけどね。肥料は十分じゃなかったけど、時々のEM菌良かったわ。農薬とか一切使ってくれないから、虫とは仲良くやってきたよ。タンポポ君とかヨモギ君とかカヤ君とかスベリヒユ君とか、人間が来て時々引っこ抜かれてかわいそうだったな。土がまたギリギリと締め付けやがるんで、全然甘やかされてないからね、オレは。あとは煮るなり焼くなりしてくれよ」

    なんてことニンジン君が足組んで言ってます。いや食ってくれとは言ってないと思いますけどね。

    しっかし手間がかかりました。種まきの時点で適当にばら撒いたために密集させてしまって、何度も間引きをして、その間引きニンジンも全員生かすつもりで新たに畝を立てて移植を重ねたのでした。雑草抜きも大変でした。

    メインのニンジンの畝。まだ芽がほとんど出ていない時に、菊芋の間引きを生かすべく移植をしました(真ん中奥の背の高い植物)。その菊芋も無事育っています。右にはナオヒロ君のこさえた豆(ササゲ)の支柱が並んでいます。 2018.9.15

    ↑ このメインのニンジンの畝は、間引いてもこのもっさりとした森のような状態。

    ↑ 間引きニンジンを助けるために作った最初の畝。ぼうぼうの草をゴリラのように抜きまくり、体力の限界までクワを振るって作った畝です。しかし成長が今ひとつ。そのうち追いつくかな。

    ↑ さらに間引いたニンジンを救うべく作った別の畝。こちらも死ぬことなく良く育っているように見えますが、やっぱり少し成長が遅い感じです。

    それでとりあえず、メインの畝からニンジンを収穫することにしまして、引っこ抜こうと思ったのです。ところがここの土がやはり硬いために抜けないのです。(雨が降った後は簡単に引き抜けるはず)

    ニンジン

    頭が出ていますね、こいつを引っこ抜いても葉っぱがちぎれますので、近くにシャベルをグイッと入れまして、

    ニンジン

    そして

    ニンジン

    ググッと下というか横から圧力をかけてやり、引っこ抜きます。
    とにかくこの土は、雨が降るとぐじゃぐじゃになり、晴れるとカッチカチになるためか、根菜類は味が凝縮されたように濃くなります。もうここのニンジンは薬の味です。体にはめちゃくちゃ良さそうな気がします。

    で100本ほど収穫をしました。

    ニンジンを収穫
    さりげに左上はジャガイモですが。 2018.9.15

    土が硬いので大きくなりにくいのですが、もともとそれを見込んで短い種類のニンジンを植えています。それで、土の中に石が思ったより多くて、二又になったり、形が良くないものが半分くらいありました。そのうちのひとつが最初のメインの写真です。人間の足みたいなニンジンのほか、中足(なかあし)のあるニンジン(笑)や、四つ足の動物のようなニンジンがたくさんありました。到底、普通なら商品にならないニンジンですが、味は同じ、薬です。

    100本以上収穫しても、メインの畑はまだもっさりした森のようで、まだまだたくさん採れそうです。トータル400〜500本くらいになるかもしれません。

    実はこのニンジンは2種類あり、両方とも固定種なのです。F1種と違い、種を採取すればまた収穫することができます。種を取るためのニンジンを少し残すつもりです。ただ、種の採り方が意外に面倒で難しそうなのです。

    100本ほど抜いて、少し土が見えるくらいになりましたが、まだまだたくさんあります。

    できたニンジンは、とにかく香りが強烈で、栄養素が凝縮してるように感じます。まるで漢方薬のようです。高麗人参でもない普通の人参に薬効があるんでしょうか。ちょっと調べてみました。

    ザックリですが。

    ニンジンは、ベータカロテンがズバ抜けて豊富。体内でビタミンAに変換。
    免疫力を高める。皮膚や粘膜を丈夫にする。視力の維持、癌の予防、免疫力の強化など、健康を保つために重要な働きをする。カリウムが血液の循環を良くする。食物繊維が腸の働きを活発化。便秘解消。

    癌の予防? ヨモギいらないやん。(笑)
    ていうかこのニンジンの(体に良さそうな)強烈な香りが気になるのに、何だかんだ「ベータカロテン」が体に良い、みたいな感じは「つまらない」ですね。香り成分についてはよくわかりませんでした。

    ただこれだけは言えます。ニンジンばっかり食べてたら病気になる。ベータカロテン過多。
    バランスが大事ですよ。


  • 研究所通信v346 ヨモギはどうなった

    ■ヨモギはどうなった

    これがヨモギの花だ 2018.9.14

    いやこの花、小さくてわからんから。
    ていう感じでありまして、引きで見るとこうです。

    ほとんどヨモギ。花が咲いてるイメージゼロ。 2018.9.15

    ただの草にしか見えんので、ヨモギの花の印象がなかったのです。よーく見たら花でした、という感じです。それで、癌細胞に対して選択的に攻撃するアルテミシニンという物質が、花には葉の2倍含まれているということで、この時を待っておりました。

    ただ、どのくらい咲いた花を摘むべきか、全くわからないのです。

    ヨモギ

    写真の「1」はまだちょっぴり咲いてる状態(最初のアップの写真もこれです)で、「2」はもうカラッカラに乾いて種なのかな、もう種なのかな、という状態。「3」の色がやや濃いめに見えるものがまずまず咲いてる状態。

    全体を見渡すと、9割くらいは「1」の咲き始め、4%くらいが「3」のまずまず咲いているもの、6%くらいが「2」のおじいさんヨモギ、なのです。とりあえず今回はまずまず咲いている「3」を下の写真くらい採取しました。

    45リットルの袋に詰めて一杯ほど

    これを家に持ち帰り、庭で花の部分だけを切り離して集めようとしたところ、とっても困ったことが起きました。
    「うーん、茶色いカメムシが出てきたな」
    「あ、たまご付きのクモが出てきたぞ、キモいな」
    「あ、緑のカメムシが出てきたぞ」
    「うわっ、この小さいやつはなんだ、ダニか、アブラムシか?」
    「あ、クモが出てきた」

    虫が出てくるのはしょうがないのですが、山に生息していた奴らが、庭に蔓延したらちょっとやだなと思いました。そこで、まず、採取した花をと一定期間水につけて虫を追い出します。それを持ち帰り、花を分離して天日干しをすることにしました。

    発泡スチロールの箱を準備。そこにヨモギの花付きの枝を投入。 2018.9.16

    花を残して「枝や葉」を捨てていきます。意外にすごい香りがして来ました。虫除けになりそうな香りに包まれて、虫を追い出す作業。

    量(かさ)が減りますね。不思議と虫があまりいませんでした。

    水を投入。このまま数日放置します。これを山に置いてきましたが、ふと思いました。
    「アルテミシニンって水溶性じゃないだろうな」

    改めて調べて見ると、
    「アルテミシニンはにも油にも溶けにくいため、医薬品としては扱いにくいという問題がある。このため、多数のアルテミシニンの誘導体類縁体がアルテミシニン系抗マラリア剤として開発されている。」

    ちょっと何言ってるかわからない部分もありますが、とりあえず水に溶け出す心配はなさそうです。

    さて、5月から若葉を摘んで天日干しを続けているのですが、まだしっとり感があって放置状態です。v337でも書きましたが、我が家の南と西にでかい家が建ってしまったために、日陰の人生となってしまい、それに加えて悪天候が続いたために、なかなか天日干しもできずに、室内で乾燥を進めてきました。

    今回花を回収して、これから天日干しをして、葉も花も、近いうちに粉にしてみるつもりです。

    で、今朝、早くに水に浸けておいた花を水切りして持って来ました。

    右、水を切った発泡スチロールの箱に入ったヨモギの花。虫はいないように見える。それを左のコンテナに移動。天日に干すには入りきらないので・・・
    また天日干し用のカゴなどに入れて、晴れていたのでそのまま干す。しかし日向がほとんどない我が家では干すことも難しい。これでは日陰干し。

    そうしてこれを書いてると、何といつの間にか雨が降って来ていて、ぎゃーと言いながら物置へぶっ込みました。新聞紙もびしょびしょ。あーあ。

    でもまあ近いうちには粉にします。
    単に粉にして何かにふりかけて食べるなどの人体実験を行うのですが、しかし、癌でもないのに癌に効くかどうか、わかりませんね。
    癌を発生しないから癌の予防になったとも言えませんね。
    癌の人に投与して癌が消滅したとかいう目に見えた結果が出るのでしょうか。いやいや、だってさ、薬も同時に飲んでたらヨモギが効いたかどうかわからないじゃん?

    てことは、とにかく粉を作って、自分の食事に混ぜてみて、長期間混ぜ続けて、癌になったら効かないってことは言えそうですね。じゃあ「効果が確認できて」量産して喜んでもらえるっていう条件は、ないんでしょうか。

    まず癌にならないとダメじゃん。(笑)
    まあ、無駄感いっぱいですが、とりあえず粉作ってから考えます。(笑)


  • v345緊急号 北海道全部停電

    ■北海道全部停電

    信号機も停電

    9月6日、早朝3時8分に、道南で大きな地震があり、この北見地方は震度3だったらしいです。その時は私は目覚めたらしく、「地震かな」とか言ってたらしいです。記憶にないのですが。ただその後にまた目が覚めて、デジタルの時計が消えていて、「何時かな」と思ったものの、停電などとは思うはずもなく、また寝てしまいました。

    近所のコープ。閉店。

    起きてから電気が使えず、テレビもコンピュータも電話もダメ、情報がなくて少し考えてラジオを探しました。いつも聞いているラジオは交流電源で、電池ボックスを開けたら「9ボルト電池」仕様でダメ。時々コンピュータのラジコで聞いていたため、ラジオもダメじゃん、とか思ってしまいましたが、普通の電池の小型のヤツがあって助かりました。非常時はラジオ大事。

    近所のコンビニのローソン。

    電話はたまたまろくに使いもしない携帯電話がずっと充電中だったため、この非常時には役に立ちました。

    「今日は何にもできましぇん」と知り合いやクライアントに伝えることができましたが、言葉通り、何にもできましぇんのでした。伝わるのは大事。

    近所のセイコーマート。自家発電機を店内に入れて、レジに直結。営業していました。優秀。ただもう食品とか、電池はほとんど売り切れ。たまたま残っていた9ボルト電池をゲット。

    札幌などでは水道管が破裂して、水が出ないとかなんとか。災害で一番困るのがトイレだと思うので、辛いだろうなぁとは思いましたが、いやー、冬じゃなくて良かったとも言える。

    ドラッグストアも停電で閉店。

    そもそもでかい発電所がやられて、一発で広大な北海道全部の電気が止まるなんて、どういうシステムなんだと呆れました。それにしても、もし原発が稼働していてやられていたらどうなってたことか。

    うちは太陽光パネル2枚、灯り用に自設していたので真っ暗は避けられました。
    個別のオフグリッドは大事。

    一極集中的な、でかいものは一撃で全部やられる。原発はさらに長期間収束しない。取り返しがつかなくなる。発電所の小規模分散はリスクも分散され、連携もしやすく合理的。さらに小規模化し、個別のオフグリットにすれば地域として災害には強くなる。電線もいらない。まあずっと先の話かな。実現可能だけど。
    今のシステムは不合理。

    100均も閉店。

    6時過ぎに親戚宅へ車で向かい、カーナビでテレビが見られたので、映像の情報としていろいろ知ることができました。道路は街灯が点いてないため7時前でも真っ暗で、信号も消えてとっても危険な感じがしました。

    外に出ると星がすごく綺麗でした。星が綺麗なのは大事。

    トンカツ屋も閉店。

    ということで、この日は朝から仕事ができないので、散歩して、事務所の掃除をしてました。資料整理もしなきゃと思っていたのでちょうど良かった。しかし何日かかかりそうでした。そんな時、ラジオからこんな情報。

    「復旧のめどが立たず、停電は少なくとも1週間は続きそう」
    「いや、電気はいいとこ3日で勘弁してくれぃ!」

    1週間って何? 北見は台風も影響なかったよ。地震の影響なかったよ。水もガスも異常ないよ。電気は人災だね。困ったもんだ。困ったもんだ。困ったもんだ。困ったもんだ。何回言っても足りないよ。困ったもんだ。困ったもんだ。

    人気のくるくる寿司も閉店。

    でもまあ、夏休みと考えればいいか。掃除もいっぱいできるし。
    とか、ケロロ軍曹のタママみたいな感じでちょっと喜んでました。
    いやダメだろ喜んじゃ、なんかすごい土砂崩れとか起きてるらしいし、無関心になっちゃダメだよ。

    とか思っていて、カーナビでテレビをチェックしたら、民放の全部で「バラエティ番組でみんな大笑い」みたいなことになってました。ああ、熊本の時も、広島の豪雨災害の時も、民放は大笑いしてたっけな。すごいよな。

    ステーキ屋も閉店。

    困ったもんだ。困ったもんだ。なんだか異常じゃないか。マスコミ。
    地方なんでどうでもいいのかな。

    イオンも全部休み。広い駐車場に1台も車なし。

    冷蔵庫の中でアイスが溶けかかっていました。
    早く食べなくちゃ。美味しいなぁ。でも明日から冷たいものは食べられないのかな。

    ガソリンスタンドも停電には勝てず。
    ロープが張られて給油不可能。

    この日は29度。ちょっと暑いけど、適温っちゃ気温でした。

    北海道のスーパー、ラルズもお手上げ。

    電気以外、何も変わらないのに、店が開かず、開いていれば商品がどんどんなくなる。
    すごいことです、こんなことになるなんて。

    かのセブンイレブンも、人が押し寄せるものの、閉店。

    ただ歩いた中では一か所、信号機が点いていたのです。

    ここだけ非常電源があったのか、信号が生きていた。

    でかいところに頼らず、個別にあるいは狭いエリアで電気を管理できれば、問題は大きくならないのです。

    この日は、電気がないので(太陽光パネルで灯りはあるけれど)、日没とともに寝ようと思って、7時頃布団に潜り、星空があまりにも綺麗だったので、窓を網戸ではなくガラス戸にして、眼鏡をかけたまま綺麗な星空を見てました。

    「7時じゃ眠れねーわ」

    とか言いつつ、8時には寝てました。(笑)
    起きたら交流電源のデジタル時計が点いていて、2時45分が点灯していました。

    「時間狂ってるし」

    何時だろう。携帯・・・

    「12時半」

    4時間寝たのか。ていうかいつもは寝る時間じゃん。

    「あれ? 電気来てるの?」

    1週間停電するんじゃなかったの。「少なくとも1週間」って10日かも20日かもしれなかったのに。
    停電は22時間程度で終わりました。

    全道で止まっていたんですよ。信号機。信じられますか。

    しかしまぁなんですね。何をどう説明したって原発はダメですね。そもそも止まってるわけだし。停電しただけで使用済み核燃料の冷却水が回せずに非常用電源でしのいでいたこともニュースになってたし、管理にかかる費用めちゃくちゃですよ。一番安い電気なんて嘘だらけ。稼働してなくても地震じゃなくても、下手すりゃ停電で吹っ飛ぶわけで。

    今回はとんだ非日常だったわけですが、北海道の地方の使用電力なんて、どんだけですか。東京や札幌のどんだけですか。

    利権に目が眩んで、ここまで来ても目が覚めないんでしょうか。人間の知恵は一部の人の欲望に負けるようにできているのでしょうか。たった1日の停電でいろんなことを、掃除しながら考えてしまいました。


  • v344 陸別足寄オンネトー津別

    ■陸別足寄オンネトー津別

    牧場
    雌阿寒岳と阿寒富士を背景に(陸別トマム)

    2018年9月2日(日)。

    馬ちゃんたち(陸別トマム)
    味のある牛注意の標識(オンネトー近辺)(足寄)
    自生のヤマユリ(オンネトー近辺)(足寄)
    固まる鹿ちゃん(津別)
    興味津々、子狐(津別)
    別のキツネ。スタスタ

    さようなら。