研究所通信v460 ひまわりと宇宙人

8月25日

ひまわりが咲きました。背丈は2メートル以上。東側の作物はよく育っています。このひまわりは北東の角。西高東低の畑ですから、東側全体に養分が流れてきているのかも知れません。

西側の植物が育ちが悪いのです。北西の角に植えたひまわりはこのくらい。

1.2mくらい。北西の2本のひまわり。8月25日

ヒョロヒョロです。鹿も食わない。
土の見えているところの雑草は枯れています。何もしていないのに。

そして、南東の、傾斜の一番下の方になる場所のひまわりはと言うと。

8月25日

まだ花は咲いていませんでしたが、まずまず元気に育っています。

ま、適当に「養分が」とか言ってますが、根拠もありませんし、よくわかりません。ただ西側は雑草すら育ちが悪いです。

で、北東の元気なひまわりの中に、鹿に食われたひまわりがあって、それが死なずに復活していました。これ。

背丈は低いですが生き延びています。嬉しいですね。

ひまわりはこのあと、花が枯れて、全体が枯れて、ガックリとうなだれたら「首チョンパ」します。そして乾燥を進めて種をゲットです。200粒くらいは来年のために保管し、残りの種はどうやって食べたら美味しいかを研究するつもりです。

さて、畑全体はどうなっているかと言うと、ほぼ半分は空き地で、残りの半分の5分の3くらいは宇宙人が人知れず開拓しています。

宇宙人の作っている宇宙豆
宇宙菊芋と宇宙豆の数々
宇宙玉ねぎ
これも多分宇宙豆

宇宙ジャガイモは跡形もなく完全になくなっていました。宇宙船に積み込まれて、宇宙へと行ってしまったようです。食糧難に喘ぐ国の子供たちにプレゼントしているのかも知れません。

宇宙人は石灰やら肥料やら、空飛ぶ円盤から人知れず音もなく散布し、人間の形をした精巧な草取りロボットを投下して雑草処理を施しているようです。

とにかく全て、貴重な無農薬野菜です。


コメントは受け付けていません