研究所通信v416 ヤーコン2本収穫

霜が降りた10月25日(金)の朝の風景

やばいっす。寒いっす。でも菊芋が枯れないんす。菊芋の収穫は枯れてから。

気温1度

この日はヤーコンを採りに来たのです。14日に試しに1本掘ったら、まずまずの出来。ていうかもっと大きくなりそうな予感がしたので、10日ばかり放置して、この日2本を掘りました。(全部で8本植えて、この日で3本収穫)

なんか別の惑星のよう

さて、スコップを入れますか。

ザクッ
ズリズリ
とったどー
ザクザク
こんな感じ
とったどー

ヤーコンは収穫しやすい。そして、でかいかもー!!

あと5株あります
2株分のヤーコン。右は種芋となる部分。来年これを植える。
洗うとこんなに白い

食感はまるでダイコンのようにシャキシャキして、甘みがあり、生でサラダで食えます。ドレッシングはとりあえずなんでもいいというか、何がベストかわかりません。
そしてヤーコンは長持ちしないと思われ、食べたい時に掘って食べるのがいいのかな、と思いますが、氷点下になると土がカッチカチになってスコップも刺さらないので、タイミングが難しいところです。ひょっとしたら越冬させても食べれるのかもしれないので、その実験もやってみようかと思っています。

鹿の足跡だらけでした

この日(10/25)は、土に鹿の足跡がボコボコと付いていました。このヤーコンエリアには獣害対策はしていません。

獣害対策の超音波発生器

もう鹿ちゃんもキツネちゃんもクマちゃんも、ここには食べるものがほとんどないので、獣避けの超音波発生器は撤去しました。来年また使いますが、効果は完璧ではありませんでした。

この日の菊芋

さて、この日、ナオヒロくんも一緒に来て、ナオヒロくんはこんなことをしてました。

なんかやってます
五体投地でしょうか
五体投地でしょうか
五体投地でしょうか
五体投地でしょうか

いや、五体投地ではありません。ニンニクを植えているのです。こうして秋に仕込んでおいたら、春からスクスク育つそうです。過酷な自然環境に耐えるニンニクはすごいですね。
あ、いや、植物は全部すごいわ。


コメントは受け付けていません