研究所通信v358 ヨモギの乾燥

■ヨモギの乾燥

ヨモギだらけ 11/18

9月にヨモギの花を摘んで、乾燥に入ったところからの続きになります。

あの時はクモやらカメムシやら虫が付いていたために、水に浸けて虫を追い出したものです。ところが見てください。この写真を。今現在、畑一面(50メートル四方ほどの面積)に、ヨモギがこのように立ち枯れ状態となっていて、よく見るとカラカラに乾燥しているじゃありませんか。

と言ってもこの時は朝、霜が降りたあとなので若干霜がついていましたが、晴れたら即座に乾く状態でありました。しかも虫がいません。すでに朝は氷点下ですから。

「ヨモギはこの時期まで放置してから採取すれば、カラカラにする手間が相当省けるのではないか」

そう思って、サンプルとして採取して来ました。

葉っぱはこんな感じになっていて、太陽が出ればカッラカラです。あいにく曇りでしたが。

ちょっと凍ってますが、

これが花の部分で、

こういう風になっているものは、これなんだろう、実かな、花だけどなんだろう、まあとにかくこのようになり、これをこそげ落とすと、

こんなふうに簡単に外れます。なんか強いハーブの匂いがします。この花の部分にがん細胞だけをアタックするアルテミシニンが多く(葉の2倍)含まれている、という情報があります。ずっと書いてきたことですが、ガセとは思えないんですが、どうなんでしょう。

ヨモギはなんぼでも生えています。この山だけでなく方々に。宝の山ではないでしょうか。知らんけど。
こういうヤバいものは粉にするのが一番ヤバいです。(笑)
粉にします。ただ、本当にカッラカラのカッラカラ、パッリパリのパッリパリにしないと粉にしにくいのです。春に採取した新芽の葉っぱはずっと天日干しを続けて来ましたが、天気が悪すぎて、日当たりが悪すぎて、さっぱり乾燥しきってくれません。

菊芋を先に粉にしようと乾燥マシンを開発し、それによって順調に乾燥できていますが、仕上げ的な天日干しで、やはり時間がかかっています。

これは菊芋を日光に当てているところです。

日当たりがこんな感じですからね。30分で日当たり部分がずれてしまいます。

本当に一部分しか日が当たりません。暗い人生であります。

そしてなんだかすぐに曇るのがこの頃の天気。これじゃ乾かねぇですよ旦那。いやマシンによって乾いているんだけれど、仕上げの太陽光が不十分。

まあとにかく、菊芋はいよいよヤバい粉にする時が近いです。それはさておき、ヨモギの乾燥ですが、これもマシンにかけることにしました。

乾燥マシン1号は排気ファンを強化し、日々進化を遂げています。

さて、ヨモギの葉っぱは菊芋と違って網に乗せにくいのでした。網目が荒いので砕けたら落ちてしまいます。そこで、三角コーナーの不織布を広げて貼ります。

で、このように乗せます。これ、意外に少なくて、いくら網が10枚あっても、嵩(かさ)があるので、せいぜい5枚しかセットできません。さらに、量がこなせないので、いっそのこと三角コーナーのふくろに入れちゃいました。

でっかいティーバッグのようですね。ただ、これはさらに嵩が増しすぎて、一部分にしかセットできませんでした。

出ました乾燥マシン1号の勇姿。

まあこんな感じセット。一番上に袋に詰めたもの。

2回に分けて、15時間ずつ稼働させました。

かなりパリパリにはなりましたが、もうあと少しです。それぞれ一旦袋に詰めまして、新たに採取して来た、立ち枯れヨモギの葉と花2種類を、たった今、乾燥中であります。

なかなか粉にする段階には入れません。
一応ミルサーと呼ばれるクイジナート社のミニプレッププロセッサーを10年以上前に買っていたのでそれを使う予定です。それはまだ乾燥しきってない葉を試してやってみたら、葉が「しなしな」していて全然ダメでした。カッラカラあるいはカッチカチに乾燥させたものでないと難しそうです。ていうか粉にする機械ではないかもしれません。(せいぜいみじん切り?)

ひょっとしたら粉化できない可能性もあり、100円ですりこぎセットを準備しました。直径10cmに満たない小型です。うまくいったら1000円か1500円ですりこぎセットを手に入れ、ゴリゴリゴリゴリっとやってみようと思っています。

その粉をどうやって使うかについては「未定」であります。
ここ、未定かよっ、て言わないで。(笑)

そんなわけで、マイ・コンピュータの周辺は、菊芋の破片やら、ヨモギの微粒子などで、健康増進状態となっています。しかも、恐怖のニンジンはかなり減らしましたが、まだまだ残っていて、悪くもなっていないので、連日のニンジンジュースで、いよいよ健康に拍車がかかっているところであります。(ホントかよ)


コメントは受け付けていません