研究所通信v407 カレーマラソン(序章)

カレー色に輝くファラオ

早朝からの雨は上がりつつありました。
会場には続々と人が集まりだしていました。予報では雨のち曇り。的中です。
開場の8時半頃、ギリで雨は止み、カレーマラソンは開催されることになりました。よかったよかった。

まずは会場である広場へ入ります。そして最初にやることは、広場にテントを立てることでした。テントエリアは、ステージからやや遠い位置にそのスペースが確保されていました。テントを立てるチームは、多分、快適にカレーが食えるのですね。雨避け、日除けにもなりますから。

ステージの前に陣取るチームはブルーシートを敷いて、テーブルやカセットコンロを置いていました。

マッドAチーム、マッドBチーム、マッドCチーム、そして関連団体チームのDチームも加わり、ランナー16人が勢揃いし、なんとなく25名ほどになっていました。

次々とテントを立てる。
会場の広場
テントだらけ
ざっと1000人を超える
マッドチーム。テントを立て終わり、少しまったり。

こういう大会は大抵「ご挨拶」があります。

主催・協賛企業の方々が20名ほどずらりと並び、ご挨拶

雨がすっかり上がりました。これも皆さんの熱気が通じたからです。カレーマラソンは今回で34回を迎えました。会場には1000名を超える人たちが集まっています。どうぞ怪我のないよう、頑張ってくださいね。的な。

さあいよいよマラソンかっ、と思ったら、ここから「仮装コンテスト大会」が始まるのでした。この仮装大会で優勝するとチームで3万円がもらえ、順に7位まで2万円、1万5000円、1万円、8000円、5000円、3000円がもらえるという、お楽しみがあるのでした。しかも、この仮装大会に参加すると、この格好でマラソンを走らないといけないルールになっています。賞の発表はマラソンの後になります。

仮装コンテストの一部です。

重い十字架を背負った人々
アンパンマン
なんかフルーツ
ディズニーのアラジン的なやつ
テトリス。木枠が重たそうでした。これで走るのかっ。
スパイダーマンなのに「おにぎりチーム」なんだそうで
仮装とは縁遠いと思われる審査員は全部で6名。みんながほとんど8点以上を出すので、絶対に僅差になります。(笑)

203組中26組のチームが仮装コンテストに参加していました。マッド関連4チームは参加してませんでした。仮装して走るのはしんどいとのこと。

さあ、早く走ろうぜ、と気分も高まってまいりましたが、こういう大会にはもうひとつ、これがあるんですね。

そう、準備運動。体操ですね。怪我とかされたら大変ですからね。
そしてこれも欠かせない。

気合いを入れます。頑張るぞー、おー!!

さて、やっとここから4つのコースを走ります。
「いもコース」が一番短く、2kmです。
「玉ねぎ・にんじんコース」が3km。
「肉コース」が4km。
そして一番過酷な「カレールーコース」が5kmです。

この大会の裏で行われている「マラソングランドチャンピオンシップ」はギスギスしながら42.195kmも走るそうです。(笑)

スタート時間の10時半が近づいてきます。
4つのコースに、1チーム4人から1人ずつ出ます。やっとスタートですっ!!

ランナー登録されていなくても、伴走はできるということで、私はカメラマンとして一番短いコースのランナーを追いかけ、ゴール付近でみんながゴールするところを狙います。

「たまねぎ・にんじん」の列と、「肉」の列

続くっ!!


コメントは受け付けていません