• カテゴリー別アーカイブ 2020年
  • 研究所通信v461 菊芋の前に人が倒れた

    撮影禁止の病室で自撮り。2020.10.17撮影

    「便りがないのは良い便り」なんてことを申しますが、いやいや、便りがないのは入院してて何にもできなかったからじゃよ。七転八倒で全然良くないんじゃよ。なんじゃよこのいい加減なことわざはっ。

    というわけで2か月ぶりの更新です。

    このv461号は9月9日に書きかけていて、それから1か月、いろいろ重なり放置。そろそろ更新せにゃこんなホームページはますます誰も見なくなってどんどん寂れてしまう、と思った矢先の10月8日(木)。突然のひどい腹痛。

    正露丸も下剤も効果なし。でも我慢していれば良くなるだろうと苦しんだ3日目の土曜日の夜、痛み止めを飲むも痛み治まらず。朝方さらに痛風の時にもらった強力な鎮痛剤を飲み、少しは動けた日曜日、痛みが軽いうちにと、車を運転して、かかりつけの病院へ救急診療で駆け込みました。
    当番医が「うーん」という考え込み、お休みしていたレントゲン技師を呼び、レントゲンとCTを撮りました。

    「腸閉塞です」

    「このまま帰宅したら悪化する可能性が高い。入院したほうがいい」
    「でね、消化器内科の専門医がうちにはいないから、転院もあり得ます」
    「飲み食いはダメ。絶食が絶対条件」
    ということで、腕に点滴の針をブスリと刺され、栄養剤と鎮痛剤と抗生剤が吊されたのでした。そして腹がガスで張ったようになっていて、楽になるからと鼻からチューブを入れられ、腸の詰まった感じのところを通した感覚がありました。

    少し楽になったけど、息が苦しい。

    二泊して様子を見るも痛みがひどいまま、またレントゲンを撮って確認するも、改善しない上、39.9度の熱で日赤への転院が決定。夢の救急車で、体に電極やら何やら付けられて、心電図やら血圧やらを示す計器がピッピッとなる中、救急隊員に体調やら何やらを聞かれながら、サイレンが聞こえて、赤信号もクソもあるかとぶっ飛ばす感じがめちゃかっこいいのでした。

    『ヤッホー』(心の声)

    日赤に搬送されると、速攻でレントゲンとCTを撮られました。そして担当医のお言葉。
    「これは腸閉塞ではない。ウイルスでもない。原因不明。仮に急性腸炎としておきます」

    「先生、鼻のチューブ苦しくてつらいので外してもらえないですか」
    「うーん、ま、いいか」
    ああもう鼻からなんか入れるのはやめにしたい。

    しばらくは小腸を休めて、小腸の元気を取り戻すとのことで、同じような点滴を続けることになりました。

    「一瞬でいいので家に帰らせてもらえませんか、進行中の仕事がヤバいんです。ちょっと時間があれば助かるんですけど」と懇願するも
    「コロナもあって、それは無理です」と言われ、ああコロナか、なんちゅうタイミングだと、思いつつも、腹が痛すぎてそれどころではなった。実際。

    そしてもしコロナ感染者が増えて病院が対応できなくなると、コロナ以外の患者が犠牲になるかもなぁと思いました。

    点滴の痛々しい右手。10月17日

    退院できるまで約2週間外に出ることができませんでした。

    退院直前。禁止されてる撮影画像。左・初顔出しの私。右・最終日の食後。

    気がつけば11月。畑はどうなった。この間、ナオヒロくんがまだ時期的には早い菊芋を試しに掘り出し、試験的に菊芋チップスを作っていました。

    そのチップスはある意味衝撃的でした。
    「いやー、激マズです。しょっぱいんすよ。芋は真っ白でこれはいいぞと思ったら全然ダメでした。残った菊芋の鮮度もすぐ落ちてブヨブヨになってます。悪くなるのが早いです」
    「しょっぱいってどういうこと?」
    「知りませんが、しょっぱくてマズいです」
    「塩入れたの?」
    「入れてません」

    チップスとしてはパリッパリで完璧な仕上がりです。

    実際、食べてみると確かにほんのり塩味がしました。いつものやつと味が違うのがすぐわかりました。最初は「まずっ」と思いましたが、食べているうちに「そんなにマズくない」とは思いました。不思議なチップスです。

    菊芋の収穫は11月6日現在で、まだ枯れて倒れている状態ではなく、しばらく先になりそうです。

    菊芋の森の一部。人間と違って倒れてはいない。

    ひまわりも茎がまだしっかりしていて、深くうなだれてはおらず、種はまだ真っ白で、これから黒くなっていくものと思われます。これもしばらく放置です。

    種がまだ白い

    どっちにしても、収穫時期の前に退院できてよかったと思いました。

    問題はニンジン。これは一言では説明できない。部分的には成長しすぎて割れている。部分的には結構良いのができている。部分的にはまだ小さい。全く芽が出なかった畝もある。次回はニンジンについて書いてみますが、きっとつまらない。


  • 研究所通信v460 ひまわりと宇宙人

    8月25日

    ひまわりが咲きました。背丈は2メートル以上。東側の作物はよく育っています。このひまわりは北東の角。西高東低の畑ですから、東側全体に養分が流れてきているのかも知れません。

    西側の植物が育ちが悪いのです。北西の角に植えたひまわりはこのくらい。

    1.2mくらい。北西の2本のひまわり。8月25日

    ヒョロヒョロです。鹿も食わない。
    土の見えているところの雑草は枯れています。何もしていないのに。

    そして、南東の、傾斜の一番下の方になる場所のひまわりはと言うと。

    8月25日

    まだ花は咲いていませんでしたが、まずまず元気に育っています。

    ま、適当に「養分が」とか言ってますが、根拠もありませんし、よくわかりません。ただ西側は雑草すら育ちが悪いです。

    で、北東の元気なひまわりの中に、鹿に食われたひまわりがあって、それが死なずに復活していました。これ。

    背丈は低いですが生き延びています。嬉しいですね。

    ひまわりはこのあと、花が枯れて、全体が枯れて、ガックリとうなだれたら「首チョンパ」します。そして乾燥を進めて種をゲットです。200粒くらいは来年のために保管し、残りの種はどうやって食べたら美味しいかを研究するつもりです。

    さて、畑全体はどうなっているかと言うと、ほぼ半分は空き地で、残りの半分の5分の3くらいは宇宙人が人知れず開拓しています。

    宇宙人の作っている宇宙豆
    宇宙菊芋と宇宙豆の数々
    宇宙玉ねぎ
    これも多分宇宙豆

    宇宙ジャガイモは跡形もなく完全になくなっていました。宇宙船に積み込まれて、宇宙へと行ってしまったようです。食糧難に喘ぐ国の子供たちにプレゼントしているのかも知れません。

    宇宙人は石灰やら肥料やら、空飛ぶ円盤から人知れず音もなく散布し、人間の形をした精巧な草取りロボットを投下して雑草処理を施しているようです。

    とにかく全て、貴重な無農薬野菜です。


  • 研究所通信v459 ゴーヤ

    7月21日

    ゴーヤは市販の苗を5〜6株、以前食べたゴーヤの種を約10か所に2粒ずつ土に適当にぶっ込みました。種の一部は芽も出ませんでしたが、6か所くらいから芽が出ました。

    放っておくと地を這うので、棒を立てました。ツルが巻きついていきます。

    8月18日の1か所

    上の方にネットを張りました。

    8月19日、もう1か所

    黄色い囲みはゴーヤが巻きついているところです。

    8月24日。背景のゴーヤがすごい。

    何でしょうかね。ゴーヤって北海道に合ってないのかな。ポヨポヨで元気が感じられない。沖縄並みの暑さもありますけどね。急に寒くなったり暑くなったりと、ここ北見は寒暖差はすごい。ここの土がカッチカチだったり、雨でドロドロになったりと、変化もすごいので、一言で言うなら「過酷」。

    過酷な上、肥料やらない、雑草は見ての通りボーボー。小さな実が2つできていましたが、ちゃんと育つかどうかはわかりません。このニガニガしい環境。かなり苦い実になることでしょう。苦渋のゴーヤ。楽しみですね。


  • 研究所通信v458 ズッキーニ

    8月8日に採れたズッキーニ

    7月20日くらいからズッキーニが採れ始めていました。

    ズッキーニはできるだけ適正な大きさの時に採りたいと思っていました。というのも、採り遅れることが多く、気づくと30センチを軽々と超えて化け物になってしまいます。

    でも化け物になっても美味いため、適正と思われる大きさで採ると損をした気分になります。

    だからと言って化け物のズッキーニばかり採ると食べきれません。ご近所に分けるにしても、化け物ズッキーニを渡すのは抵抗感があります。そして売るにも抵抗があり、発送などの手間がまた面倒になり、この1か月間高い頻度で食べ続けています。ズッキーニ太りしそうなものですが、ズッキーニでは太りません。逆に収穫の時に歩くので筋肉が付き痩せます。

    8月8日

    今年は以前採れたタネを適当に土に埋めました。市販のF1種ではなく、種を採って毎年再生産し続けられる固定種です。

    矢印は3本だけですが、実際には10株くらいあります。

    こんな感じに雑草とともに育ちました。矢印を外すとこう見えます。

    ただの草地。

    8月24日

    コロナのせいなのか、気候のせいなのか、いまひとつテンションの上がらない日々で、この通信もすっかりサボってしまっていました。

    ニンジンはどうなっているのか、追々書きます。


  • 研究所通信v457 新ニンジンの畝

    7/28の「まろっちゃん」ことクリームマロン(うるまろ)

    いつも使っていたニコンの一眼レフカメラをメンテナンスに出すことにしました。というのも、畑で使っているとどうしても土にまみれてしまい、とんでもないことになってしまったからです。修理費に4万円以上ぶっ飛ぶと言われ、泣く泣く承諾し、この先2か月くらいカメラレス生活が続きそうでした。

    もともと畑用に適当なカメラが欲しいと思っていて、この際だからと買いました。今後は、畑についてはそのカメラの画像になります。

    猫のまろっちゃんを撮ったら動きまくってまともに撮れず、まあ、そんな感じに写りました。
    (なんちゃって、他のはもっと綺麗に撮れてましたが、あえてこの画像を載せます)

    さて、今年の目玉であるヒマワリ。以前2本立ちしていた2本が2本ともガッツリ鹿に食われて、思わずガードを作りましたが、その食われたヒマワリが、こんな感じに再生してました。

    真ん中のやつが再生したヒマワリで背が低い。手前と右に菊芋。

    いや、分かりにくいがな。

    他のヒマワリはもう1メートル以上になっています。最終的には2メートルくらいになります。

    さて、今年の目玉である菊芋はもう繁殖しまくって恐怖の森になってます。それはともかく、今年の目玉であるニンジンはというと、まずはこんな感じになってます。

    7/29

    まあまあ育ってます。鹿にも食われてません。
    ただ密集密着状態で、これではコロナにかかったら感染爆発してしまいます。密を避けるためには間引きしないといけません。

    7/29

    ジグザグスラローム畝もこんな感じで、まあまあ育っていて、こちらもコロナにかかったら大変です。
    これらの畝、長さにしたら、全部で40メートルくらいかなと思います。ちまちまちまちま細かい雑草をトングなどで抜きまくり、「何もしない究極の自然農法」とは遠くなりましたが、無農薬や無肥料の自然農法的やり方は崩していません。

    このニンジン、7月29日にちょこっと「間引き」しました。

    間引いたどー!!

    このニンジンの味がですね、やっぱり凄いんです。強烈なニンジンの味。カレーに入れても勝つニンジンですから、これはもっと作りたいなと、畝を増やすことにしました。

    10数メートルの畝を2本 7/30

    いやー、見てるだけで筋肉痛になります。これ、一回クワを入れて、ゴロゴロ存在している石をつまみ出しています。ニンジンの種はおそらく1000粒くらいあって、無駄なく蒔こうと頑張ってみました。はいこれ。

    1か所に2粒程度の種を入れ、竹串を刺して目印としてみました。

    石が多いです。土の中から取り出しています。

    ただ、これ100本(100か所)程度にしかならず、さらに増やしました。

    40本程度のニンジンを仕込みました 7/30

    ここで力尽きました。種は1か所に2,3粒入っているので、300粒くらい消費しました。しかしまだ700粒くらい残っています。

    考えただけで筋肉痛になりますが、その種の分の畝をこれから作ろうと思っています。果たして収穫時期までにちゃんと育ちきってくれるかわからない時期で、ちょっと心配ではあります。

    7月28日に、熊の糞を発見しました。

    黒いんですよ。来てやがりますね。そしてこの日は鹿にも遭遇しています。

    畑周辺です。適当なカメラで撮りました。鹿のいるあたりにはベリー類が実っていて、ムシャムシャと食べていました。よかったね鹿くん。畑には来ないでね。