• カテゴリー別アーカイブ 2018年
  • 研究所通信v361 ヨモギの粉化に成功

    ■ヨモギの粉化に成功

    上が葉っぱの粉、下が花の粉

    ついにヨモギの粉化に成功です。随分時間がかかりました。
    微粒子ですので、私はかなり吸い込んでいます。特別体調が良くなったということはありません。(笑)

    以下、読みにくく理解しにくい悪文の羅列です。
    個人的なメモみたいなものです。

    乾燥状態が甘いと粉末製造機の中で葉っぱごと回りうまくいきません。やはりとことんああしてこうして、しつこくアレして、そのアレをああしてアレをこうして、やっと完成するのですが、その時にはコンピュータが粉を吸ってるんじゃないかっていうくらいの微粒子で、ちゃんとそれ専用の場所を作ってやるべきだなぁと思ったのでした。外は寒いし、部屋は狭いし、粉は舞うし、音はうるさいし、猫はストーブの前で寝てるしで、もう大変なんすから。

    葉っぱの部分より花の部分に、がん細胞だけを攻撃する多くのアルテミシニンが含まれているということで、花と葉を分けて粉にしました。

    花の方の粉は花の赤みがある。写真のように明るい色になっています。葉っぱの方はよもぎ餅をどんよりさせた感じになります。色素はまた別物だろうから、どう考えたらいいのか・・・。アルテミシニンって何色?(笑) 純粋にその分子だけ集めることってできるの? 考えてみたらその収まった様子や出で立ちがわからない。
    それにアルテミシニンがどのくらい含まれているのか、検査キットもなく、調べようもない。

    とりあえず香りを嗅いでみました。ハーブの香りですから悪い臭いではなく、凝縮されたような強い香りです。
    葉っぱより花の方がちょっとだけ強い匂いがあるように感じる。葉っぱの方は、枝的な葉脈の部分が入っている分、弱まっているのだろうか。しかし香り成分はまた別物なので関係ないか。わからない。

    葉っぱより花の部分が香りが強く感じるのは、花の部分に2倍のアルテミシニンが入っているという情報が影響して、脳が勝手に強く感じようとしているからかもしれない。

    花の部分も枝から外れにくい花と、ぽろぽろと外れるものとがあり、分けて粉にしてみました。
    枝を含む花を粉にした時にはアレとそれに分離し、香りに強弱の違いがある。ただし、わかりにくすぎるし、数値化もできない。
    これもまた枝にはアルテミシニンが含まれないという情報が、頭の中で勝手に「香りも薄い」と思い込んでしまい、違ったように感じているかもしれない。

    どの部分にしても、アルテミシニンの部分だけを分離できているのならば、2倍入っていようが関係ない。きちんとそれだけ分離できていればいいだけの話。しかしアルテミシニンの容姿がわからないし、すべてが勘でしかない。

    勘については、少しだけ自信があるのは、どう見てもアレした時に、まさかここには有効成分はないだろうというアレが発生します。直感的にコレはゴミであると判断してしまう。それも正しいかどうかはわからない。

    効果については、長期的な視点が必要になります。しかしこれが体の中でどのような挙動をしているか、ということについて、わかるはずもないと思います。(ひょっとしたら、この頃コマーシャルで目につく、この成分がどこそこに効くとか、レモン1億個分とかが超効くとか、今なら9割引でお得とか、もう一個サービスでお得とか、違うのかもしれません、本当に摂取した物質の挙動がわかっているのでしょうか。結構勘と思い込みで言ってたりして。あ、いや、もうね、お偉いさんのお墨付きだから、大丈夫なんでしょう・・・)

    さて、菊芋同様、ヨモギも粉は完成しました。これをどう摂取していくのか、どんな効能があるのか、複雑な人体、何が影響したのかしなかったのか、特にヨモギは証明することが難しく、課題は山積みであります。予算のある研究機関の元情報と、100円均一で作った道具と、勘だけでどこまでやれるでしょうか。

    来年は、今年よりもっともっと楽をして、同じものを作るつもりです。

    アルテミシニンの測定方法をご存知の方はコッソリ教えてください。なんのお礼もできないと思いますが、実験可能ならその数値を持ってお礼とさせて・・・・って、こらこら、お金もないのにできるかいな。

    勘だ勘。


  • 研究所通信v360 菊芋終了、よくできました

    ■菊芋終了、よくできました

    暫定的にラベルを貼ってみた… 11/27

    粉末、内容量25g容器。計ったら内容量29g。
    1日の摂取量は、大さじで1〜2杯だそう。(糖尿病抑制や予防)

    しかし、これを最終形とせず、菊芋スライスを乾燥させた「菊芋チップス」までを作ることとしました。粉末は保存に問題が出るかもしれない。湿気ったりした時のカビなど、なんとなくちょっと怖い。

    12月3日、最後の乾燥が終了。実際の商品と比べて乾燥が足りないと感じ、追加で乾燥した。温度25度、湿度35%程度で30時間追加。パリパリ。

    本当に乾燥させただけのこのチップス。品質的にはかなり高いのではないかと自負しています。なにせ無農薬のほぼほったらかし農法。肥料は一部適当に花の肥料を撒いたものの、ほとんどは肥料なしか自作の腐葉土だけ。いろいろ大変でしたが、言っちゃあ、洗って乾燥させただけです。

    100均の袋は簡単に空気が抜けてしまって、仕方なく本家のジップロックを購入。

    乾燥させたスライス菊芋(菊芋チップス)をジップロックにシリカゲルを入れて密封する。

    チップスを100g計り、ジップロックに投入。ストローで空気を吸引。ガチガチの密封にするのだが・・

    密封といっても、菊芋チップスの形状の関係で、どうしても隙間ができるためか、空気を抜いて閉めても3分もするとゆるゆるになってしまう。まあ、気密性は低くもなく、シリカゲルを入れておけば湿ってしまうことはないであろう。半年は持つんじゃないかな。

    おやつ的な

    小さいものやカケラを紙皿に入れて、机に置いておくと、ついついつまんで食べてしまい、どんどん健康度が増すのでした。親や親戚が軒並み糖尿である自分の糖尿病の予防だけでなく、すごく気になっている中性脂肪値も下げてくれるらしい。ダイエット食としても注目されているようだし、こりゃええわ。

    調べたら、1日の摂取量は10g程度で良いらしい。何事も「過剰」はよくないので、適切な量を食べるのが良い。でも置いておいたらポリポリポリポリといつの間にか50gくらい食べていた。過剰ではないけど、人によっては下痢になるらしい。

    今後、菊芋に関しては、いろいろと調べたことを別ページにまとめる予定です。そして・・・

    「売っちゃおうかなぁ」

    と色気が出ています。
    もちろん、一般のものよりは格安で。今回は、せいぜい2kgほど、100gの袋で16個とカケラが300gくらいありました。徹底した乾燥で水分を抜くので思ったり量が減るのでした。1日10gなら1袋10日、1か月3袋、2か月6袋、3か月9袋半年で18袋・・・、ということは、1人分もない・・・

    「売るほどねぇわ」

    残念です。でも来季に向けて準備します。

    そうそう、これは今季、試したかったのは動物病院でペットに投与した時の効果について、データを取ってもらうためでもありました。全ては来年のために。
    珍しく「希望」のある内容ですね。珍しい。珍しい。

     

    以下、宣伝です。
    いずれ菊芋チップスもそうですが、一応、「売りもん」ページを設けました。このページの右上。ただいま地元のゲージツ家、造形作家さんの作品を展示しています。ゲージツは値段がわからない。実感としては高額に感じても、大量生産ではないので一つ一つにかける時間も違い、あるいは安すぎるとも言えなくもなく・・・。
    鑑賞するだけでも、とりあえず見てやってください。

    今後じわじわと増やしていく予定です。ただ、貧困度が増しているこの国で、売れるんじゃろか。(こらこら)


  • 研究所通信v359 菊芋の粉化に成功

    ■菊芋の粉化に成功

    ついに粉ができました 11/25(日)

    北見という土地は昔(40〜50年前ですかねぇ、遠い目)、湿気がない乾燥したところだったのですよ。それが今では、例えば「ムロ」と呼ばれる地下の倉庫のようなスペースに水が溜まっているほどに湿気が多くなっているのです。

    この度改めて環境の変化に嫌気が差すのでした。
    菊芋をカッラカラのカッチカチに乾燥させるのが難しいほど、雨は多いし、湿気が多くなっているような気がしました。しかも電子レンジで急速に乾燥させる方法はなんとなく嫌でしたので、いや、時間的なことではなく、1秒間に24億回も分子を振動させる不自然さがイヤでしたので、かなりアナログな乾燥マシン1号の開発によって、時間をかけて乾燥させました。

    弱めの電力による温風を20時間ほど当て、扇風機で湿気を排出して、カッチカチにしました。それをミルサーに投入します。

    これですよー。これにホイッと・・・

    入れまして、フタをして、ギャギャギャギャッと回転する刃で砕いて砕いて砕きまくって・・・。

    怪しい粉が誕生しました。霧のように舞った粉が落ち着くのを待って撮影しているので、これなかなかの微粒子です。空気中に舞った粉を吸い込んでいるに違いなく、どんどん健康になってしまうのでした。しかし、逆に周辺にあるコンピュータと関連機器にも粉が舞っていると思われ、非常に危険な状況となっていました。人は健康になり機械は壊れていく。人類に対する何かの暗示でしょうか。(笑)

    菊芋は無味無臭に近いのですが、ちょっとゴボウとかキノコとか、土的な味と香りがあって、完全に無味無臭ではありません。ミネラル臭というのか金属臭というのか、少なくとも「美味い」感じではありませんが、これを例えば味噌汁に入れても味噌汁の味が勝つと思われ、あるいは、カレーに入れてもシチューに入れても味を損なうことはなさそうに思います。
    粉にせず、単に乾燥菊芋に塩を振って食べたら不味くない程度に食えます。とにかくものすごく乾燥させて、除湿剤のシリカゲルを入れて、すぐ密封しないとパリッと食えません。食べ方については追い追い実験してみようと思っています。

    100均でガラスの調味料入れを入手して詰めてみました。

    計ってみたら内容量1本25gでした

    人間のみならず、犬猫の糖尿病の改善になればいいのですが。この後、その話が発展するかどうか。
    そして、ヨモギも早く粉末にして、何かしてみたいと思います。


  • 研究所通信v358 ヨモギの乾燥

    ■ヨモギの乾燥

    ヨモギだらけ 11/18

    9月にヨモギの花を摘んで、乾燥に入ったところからの続きになります。

    あの時はクモやらカメムシやら虫が付いていたために、水に浸けて虫を追い出したものです。ところが見てください。この写真を。今現在、畑一面(50メートル四方ほどの面積)に、ヨモギがこのように立ち枯れ状態となっていて、よく見るとカラカラに乾燥しているじゃありませんか。

    と言ってもこの時は朝、霜が降りたあとなので若干霜がついていましたが、晴れたら即座に乾く状態でありました。しかも虫がいません。すでに朝は氷点下ですから。

    「ヨモギはこの時期まで放置してから採取すれば、カラカラにする手間が相当省けるのではないか」

    そう思って、サンプルとして採取して来ました。

    葉っぱはこんな感じになっていて、太陽が出ればカッラカラです。あいにく曇りでしたが。

    ちょっと凍ってますが、

    これが花の部分で、

    こういう風になっているものは、これなんだろう、実かな、花だけどなんだろう、まあとにかくこのようになり、これをこそげ落とすと、

    こんなふうに簡単に外れます。なんか強いハーブの匂いがします。この花の部分にがん細胞だけをアタックするアルテミシニンが多く(葉の2倍)含まれている、という情報があります。ずっと書いてきたことですが、ガセとは思えないんですが、どうなんでしょう。

    ヨモギはなんぼでも生えています。この山だけでなく方々に。宝の山ではないでしょうか。知らんけど。
    こういうヤバいものは粉にするのが一番ヤバいです。(笑)
    粉にします。ただ、本当にカッラカラのカッラカラ、パッリパリのパッリパリにしないと粉にしにくいのです。春に採取した新芽の葉っぱはずっと天日干しを続けて来ましたが、天気が悪すぎて、日当たりが悪すぎて、さっぱり乾燥しきってくれません。

    菊芋を先に粉にしようと乾燥マシンを開発し、それによって順調に乾燥できていますが、仕上げ的な天日干しで、やはり時間がかかっています。

    これは菊芋を日光に当てているところです。

    日当たりがこんな感じですからね。30分で日当たり部分がずれてしまいます。

    本当に一部分しか日が当たりません。暗い人生であります。

    そしてなんだかすぐに曇るのがこの頃の天気。これじゃ乾かねぇですよ旦那。いやマシンによって乾いているんだけれど、仕上げの太陽光が不十分。

    まあとにかく、菊芋はいよいよヤバい粉にする時が近いです。それはさておき、ヨモギの乾燥ですが、これもマシンにかけることにしました。

    乾燥マシン1号は排気ファンを強化し、日々進化を遂げています。

    さて、ヨモギの葉っぱは菊芋と違って網に乗せにくいのでした。網目が荒いので砕けたら落ちてしまいます。そこで、三角コーナーの不織布を広げて貼ります。

    で、このように乗せます。これ、意外に少なくて、いくら網が10枚あっても、嵩(かさ)があるので、せいぜい5枚しかセットできません。さらに、量がこなせないので、いっそのこと三角コーナーのふくろに入れちゃいました。

    でっかいティーバッグのようですね。ただ、これはさらに嵩が増しすぎて、一部分にしかセットできませんでした。

    出ました乾燥マシン1号の勇姿。

    まあこんな感じセット。一番上に袋に詰めたもの。

    2回に分けて、15時間ずつ稼働させました。

    かなりパリパリにはなりましたが、もうあと少しです。それぞれ一旦袋に詰めまして、新たに採取して来た、立ち枯れヨモギの葉と花2種類を、たった今、乾燥中であります。

    なかなか粉にする段階には入れません。
    一応ミルサーと呼ばれるクイジナート社のミニプレッププロセッサーを10年以上前に買っていたのでそれを使う予定です。それはまだ乾燥しきってない葉を試してやってみたら、葉が「しなしな」していて全然ダメでした。カッラカラあるいはカッチカチに乾燥させたものでないと難しそうです。ていうか粉にする機械ではないかもしれません。(せいぜいみじん切り?)

    ひょっとしたら粉化できない可能性もあり、100円ですりこぎセットを準備しました。直径10cmに満たない小型です。うまくいったら1000円か1500円ですりこぎセットを手に入れ、ゴリゴリゴリゴリっとやってみようと思っています。

    その粉をどうやって使うかについては「未定」であります。
    ここ、未定かよっ、て言わないで。(笑)

    そんなわけで、マイ・コンピュータの周辺は、菊芋の破片やら、ヨモギの微粒子などで、健康増進状態となっています。しかも、恐怖のニンジンはかなり減らしましたが、まだまだ残っていて、悪くもなっていないので、連日のニンジンジュースで、いよいよ健康に拍車がかかっているところであります。(ホントかよ)


  • 研究所通信v357 マシン改良

    ■マシン改良

    画像はイメージです

    野菜乾燥マシン1号の乾きが遅いのよ。

    効果がよろしくない。もっと早く乾燥できるのではないか。
    なんだろなー、・・・あっ、そうかっ!!
    水蒸気が抜けないから湿度が高くなり、乾燥しないのだな。

    「水蒸気が抜ける排気口をつければ良いのではないか」
    「しかし、そうすると暖かい空気も逃げてしまうが。とりあえず試してみるか」

    ということで箱の上に排気口をつけました。

    ジャーン♫ 上部に排気口を作成。(カッターでコの字に切るだけ) 11/7

    人類の英知の結晶とも言える排気口を設置。再稼働っ!!

    しかーし!!  どうもまだ乾燥が遅いのです。

    「おっかしいなぁ・・・、水蒸気が抜けてないんだな。強制排気してみるか」

    クリップ扇風機を排気口付近の内部に設置して、外へ向けて扇風機を回しました。

    「どうだっ」

    なんとなんと、扇風機(排気ファン)をつけることによって、水蒸気が抜けやすくなり、劇的に乾燥が早くなりました。温風は下から常に出ているため、箱の内部は冷えることもありません。大成功であります。

    カラカラになります。11/11

    実は10月30日、まだ生乾きの菊芋を、サンプルとしてビニール袋(ジップロック)に入れたままに放置していたら、青カビが発生していました。それを見て、「スライスしたらできる限り早く乾燥させなければ青カビがはえる」と思い、急いだのであります。

    さらに、もしカラカラに乾いていても、できるだけ風に当てたり、晴れていたら日に当てるようにしました。

    もちろんカッラカラのカッチカチにしてしまえば、そう簡単にはカビないはずですが、滅菌という意味で太陽光(紫外線)にしっかり当てた方が良いような気がしました。それが正しいかどうかはわかりませんが。

    カラリと晴れないんですよね。 11/8
    天気悪いし、日陰ばかりだし・・・。 11/11

    こんな感じです。本当に天気が悪くて、晴れていても急に雨になったり、曇りがちでストレス満載です。我が研究所はほとんど日陰ですし。日の当たる場所は30分でずれてしまうため、数か所日が差すところに移動させます。

    まあとにかく、試作機・野菜乾燥マシン1号は快調に稼働しています。
    11月11日(日)には、一個も腐らせることなく、すべての菊芋をスライスし、乾燥マシンに投入。
    早くペットの犬や猫の糖尿病への治療に使用できるように、どうにか年内に最終的な形まで持っていきたいと思っています。

    もちろん人間の体にもかなり良いと言われていますので、まずは自分の人体で実験です。

    ところで、がんに効果のあるアルテミシニンを含んでいるヨモギの天日干しはどうなったか、しばらく書いてませんが、地味に天日干しは続けています。カッラカラには乾いていないので、この度、この乾燥マシン1号に入れて、乾燥実験を行うこととしました。

    本日、11月13日(火)早朝、ようやく第1段をセットしました。
    これがまた、とてもやっかいなのです。

    続く。