• v376 欲望理論で競馬に勝つ

    これは競走馬ではありません

    かつて、馬券を外し続けて60連敗し、60点買いでも当たらなかったことで、博才のないことに気づいた私はキッパリと競馬をやめました。もう20年ほどになります。

    ここ北見では、場外馬券売り場はあるものの、わざわざ買いに行くこともありません。そんな平穏な生活に悪魔の誘いがありまして、久々に予想してみることにしました。

    もともとお馬さんには何も思い入れもなく、数字的な確率の面白さしか感じていない私には、馬の格好良さだのピカピカ具合だの、ドラマだの因縁だの、全く関係ないので、予想そのものは割とスッと入れます。基本、高額配当しか狙いません。

    当然勝てないのですが、「自分には博才がない」と思った過去に、やたらと万馬券を当てる人に乗るという手法をとったことがあります。ネットで予想しているどこの馬の骨とも知らない人の予想ですが、それがかなりの確率で当てている人がいました。無料で公開していました。

    その人の予想に乗っかって、半年くらい買い続けたことがあります。すると、まあ本当にめちゃくちゃ当たりました。ほぼ毎週5点以内で当たりました。天才です。その天才は、それまで過去何年間も当て続け、800倍くらいの馬券を3点で当てている例もありました。まだ馬単のない時代です。後出しのインチキではありませんでした。

    私がこっそり「これはいいわい」と調子に乗っていたら、じわじわと当たらなくなり始め、せっかくプラスを維持していた私もその半年後くらいにはマイナスになり、ほぼ当たらなくなりました。おそるべし私。

    私のせいです。天才の才能を潰しました。その後その天才は入院とかしてました。

    そんな過去のある私が、ここ1か月で、GⅠの2レースだけ予想しました。元手がないので、誘ってきた悪魔より、1レース500円を恵んでもらい、当てたら山分け、というルールでやりました。勝てばみんなハッピーですから。絶対勝つつもりで予想しました(笑)

    んが、惨敗しました。カスリもしませんでした。買った馬は鉄板の1番人気でも地獄に落ちます。予想からまず外した馬が勝ちます。「これはない」という馬だけがやってくる。これは一体どういうことなんでしょうか。

    毎度のことですが、ここに真理があると直感いたしました。そこで勝つ馬券の買い方を考えました。その名も、欲望理論。

    人間の欲望を存分に利用して勝つ方法です。まず、枠の8色の裏白の色紙を用意します。折り紙がいいです。100均で買えますね。

    右から1枠「白」、2枠「黒」、と続き「赤」「青」「黄」「緑」「オレンジ」「ピンク」の8色

    はい、これを適当に切り、1枠白から出走する馬の名前を書きます。書く時に、自分は絶対に勝つという思いを込めます。欲望を丸出しにして、勝った後に家を買うか、競走馬を買うか、宇宙旅行をするか、夢を膨らませながら、馬の名前を書きます。

    色紙に馬名を書き、折りたたむ。枠の色に合わせて頭数分書き、折る。色は見えないように白を表にして折る。

    それを紙袋などに入れます。

    さてここからが大事です。さらに欲望をむき出しにして、このレースは絶対に当てると念を込めて引きます。8頭立てなら半分の4枚、15頭立てなら半分の7枚か8枚好きな枚数引きます。

    さて、そこに当たりはあるでしょうか。これほど欲望を丸出しにして、絶対勝てると思って引いた紙に書かれた馬は、勝つ馬でしょうか。

    そんなわけがないですね。(笑)

    でもその中に勝ち馬がいると思ってください。超絶な念力で引いたわけですから、当たりはその中にあるのだと思い込んでください。

    そして、その当たってると思われる紙を「もったいねぇ」と言いながらゴミ箱に捨てます。そして当たりを捨ててしまったと悔いてください。

    半分が虚しく袋に残っています。

    そうすると想念的には残った半分は全部ハズレだということになります。「何でハズレから選ばなきゃならないんだ」「どうせハズレなんだから、何でもいいや」という気持ちで適当に1枚を引きます。そして「こんな馬来るわけねぇわ」と悪態をついてください。

    しかしそれ、勝ち馬ですから。(笑)
    これほど欲望のない形で引いた馬なのだから、当たりなのです。

    2着と3着は、残った紙のどれかです。ゴミ箱に捨てた中にはいません。さすがに1・2着だけを続けて引くほどの逆念力の持ち主は、そうそういるものではありません。多分。相当な逆パワーを持つ、神の領域にいる人にしかできない荒技です。
    流し馬券で買いましょうか、自己責任で。(冷たいわっ)

    以上、馬券の必勝購入法でした。

    ただし、これはいつも勝てない人のための方法です。もしこれで外れたとすれば、それは「絶対に勝つ」という思いが足りなかったということになります。(詐欺か、詐欺なのか?)

    欲望が強ければ強いほど、逆パワーとなる特別な超人のための方法でした。
    詐欺ではありません。(本当か?)

    令和時代のスタートです。


  • v375 令感

    平成最後と言いながら、最後にならない「平成最後詐欺」もここまでです。

    平成は詐欺の時代でしたね。えらい人のウソが平気でまかり通る、恥ずかしい最後でした。ここ8年くらい世界中に恥を晒し続け、国内は「日本すごい」の世界でした。

    公人の犯罪がいくつももみ消されました。弱い立場の人たちが泣かされてきました。そして「心に寄り添う」とウソをつかれてきました。

    報道が死にました。

    隠蔽されていました。捏造されていました。改竄されていました。でも誰も責任を取りませんでした。

    謙虚に誠実に愚直に、使命感を持って鉄の意志で、司令塔となって必ずやり遂げる、必ず解決する、間違ってたら責任をとってやめる、心に寄り添って、重く受け止め、先頭に立って、丁寧に説明します。お約束します。最高責任者として、難題に終止符を打つ、1点の曇りもない、はっきり申し上げる。アンダーコントロール。無法者が得をする状態を作ってはなりません。

    無法者が得をする状態を作ってはなりません。
    と、ウソを吐き続け、公金を好き勝手に操作して得をした、その口で言っている、すごい時代が終わろうとしています。

    次の時代は、全部バレていく時代になるだろうと思います。
    私に霊感はありません。でも因果関係なら予測がつきます。私の、令和の予測をする「令感」としては、ウソが隠しきれなくなる時期に入ります。大きなウソはバレにくいものですが、必ずバレます。

    無法者が得をする状態を作ってはなりません。
    令和の令は法令の令。法治国家であることは大切なことと思います。ウソつきは泥棒の始まりと言うではないですか。かなり泥棒されたと思います。ウソつきとその取り巻きには、相応の責任をきちんと取ってもらい、暖かい社会に向かえばいいなと思います。

    ウソがどんどんバレていく、新しい時代に入ります。
    これまでの副作用が大きすぎますが、それを乗り越えていかないとなりません。


  • v374 ヨモギのガンへの効果

    びっくりちゃん、多分、乳がん

    我が家のびっくりちゃんは半野良。最近は家でおとなしくしていますが、時々外に出たがります。年齢不詳ですが、少なくとも15歳以上と思います。

    このびっくりちゃんの乳にしこりができまして、その個数も増えていました。病院に相談したら、おそらく悪性腫瘍で、高齢の猫でもあり、手術は衰弱させるだけなので、放置しています。

    ただ、私がヨモギのガン効果に目をつけ、ヨモギの粉化に成功しているわけです。学術的に、アルテミシニンと言う物質が、がん細胞だけをアタックして死滅させる効果があるとの研究結果が出ています。

    癌細胞を選択的に死滅させることができ、抗がん剤よりも34,000倍も正確に癌細胞だけを死滅させることができる、と。副作用もないとのこと。まあ食い物ですから。

    わかりにくいですが、ボコボコと腫瘍があります。

    じゃなんで知られてないの、てなりますが、そりゃあ、あーた、製薬会社が儲からなくなるからに他ならないですよね。重曹だってがんに効くとか言われています。単に少食(断食みたいな)にするだけでも効果があるとも言われます。抗がん剤を疑問視する声は、医療関係者を筆頭に多いです。

    平成は公的機関の失墜の時代だったと思います。何が真実か、偉い人の言うことを鵜呑みにしないこと、これが今後のキモと思います。(だからと言って、ヨモギを食ってがんを治すのはもっと怪しいですが。ツボはそこじゃなく、「なぜ」を常に考えることが必要だろうなぁと、お、思うんだな)

    こんなこと書くと令和(粛清)されちゃうのでそこそこでやめときまして、気になるのはその効果を高めるために、水溶性のアルテスネイトとか脂溶性のアルテメーターというような化合物が作られていること。しかし素人にそんなものは作れません。ただのヨモギの粉で勝負します。

    びっくりちゃんを救えるか。

    さて、そのアルテミシニンを多量に含む植物は、実はヨモギではなくクソニンジンという乱暴で悲惨な名前の植物のことでしたが、日本のヨモギにも5分の1含まれているとの情報がありました。私のザックリとした計算では、人間に対し、粉末ヨモギを1日200gという地獄の量のヨモギの粉を与えると効果があり得ますが、実際にはわからない、というのが正直なところ。(猫なら人間の12分の1だから16gの投与。花の粉なら8gかな。どっちにしても無理ですね。ちょこっとでも良いと言うことにする)

    猫に無理やり食わせようとすると引っかかれてしまうのでやめましょう。

    と言うことで、実はもうかれこれ1か月以上、指に粉を乗せて、猫の口の周りになすりつけています。それを舐め取らせているので、量的には不十分とは思います。

    嫌がっているように見えましたが、意外にも逃げませんし、猫的には
    「なんか嫌だけど、気になるにゃ。でもやっぱり嫌だにゃ」
    と言う態度です。近づいてくるので、また口の周りに粉を擦り付けてます。

    日に日に、嫌がります。(笑)

    効果は、当初、これはっ効いてるのではないか、と思えました。しこりが少し柔らかくなったように感じました。そして少し縮んだ感覚がありました。

    しかし、日によっては、ボコボコが増えていたり、大きくなっていたりしました。ただ、また小さくなったりしていました。結局、わかりません。でも続けてみようと思います。ウエットタイプの餌にヨモギ粉をふりかけたりもしています。ちゃんと食べます。でも猫によっては食べないかもしれませんし、わかりません。

    うちのトラッシュちゃんも、似たような反応がありました。癌ではないですが予防になりそうなので与えてみました。指で口の周りにこすり付けたら…

    「なんか嫌だけど、気になるにゃ。でもやっぱり嫌だにゃ」と言ってました。エサに混ぜたら食べます。結構クセは強いので、少なめにパッパッと振りかけます。

    ヨモギの葉っぱの粉と、花の粉では味が違います。花は濃くて強い味がします。美味しいと言う感覚ではありません。ハーブのきついやつです。

    粉にするのは大変でした。
    こうやってチマチマと
    チマチマチマチマ、粉となんか変なカスに分離しました。何時間もかかりました。

    と言うことで、平成最後の(またかよー、うざいなー)、平成最後の記事となりそうです。(何回目だよー)

    では、平成さんさようなら。


  • v373 平成最後なので

    いよいよ平成最後ですね。(うざー)

    元号が変わると言うても、事務的には面倒になるわけで、西暦を使うのがわかりやすいです。キリスト教信者ではないけれど、基準としてはわかりやすい。100年前といえば、100引けば良いのですから。100年前の元号パッとわかりますか。数人しかわかりませんね。(ほんとかよ)

    それはともかく、今回は惑星の話を少し。

    水素83%、ヘリウム15%、メタン2%。1781年3月13日、天文学者ウィリアム・ハーシェルにより発見された。ギリシャ神話における天の神ウーラノスの名前が付いた。当初は彗星を発見したと発表した。

    しかしその後、観測が進むと、彗星だと仮定して求めた軌道は観測に合わず、アンデル・レクセルが円軌道を仮定して軌道を求め、観測結果を説明することに成功した。これ以後、新天体は惑星と見なされるようになった。

    自転軸の傾きは98度、ほぼ真横に倒れている。理由は不明。古典的な推察として、まだ完成されていない時期に大きな原始天体が衝突したと言う説と、かつて巨大衛星が存在しており、その影響で次第に自転軸が傾斜していったという説がある。

    公転周期が84.25301年なので、極点では約42年間、昼または夜が続く。

    ハーシェルは新惑星を国王にちなみ、ゲオルギウム・シドゥスと名付けた。しかし、イギリス以外では普及しなかった。1784年にジェローム・ラランドが提案した “ハーシェル” が天文学者の間に広まった。その後も多くの名前が提案されたが、最終的に、ヨハン・ボーデが提案したウラヌス (Uranus) が広まった。

    1827年までにはイギリスでもこの名が最も一般的になり、全ての天文台がウラヌスに切り替えたのは1850年だった。なお、中国で生まれた「天王星」という訳語が、日本・韓国・ベトナムにも広まった。木星・土星に次ぎ3番目に大きい惑星。

    平成最後にちなみ、天皇制いや、天王星について語ってみました。

    これで平成最後ですね。(うざうざ)



  • v372 ひつじ・キツネ

    羊くんがいます

    前回からの続きです。
    天気も良く、羊もまたゴロゴロとたくさん日に当たっていました。何度か来たところですが、こんなに数がいたのは、過去初めて。

    丘の向こうにも放牧地があり、全部で200〜300頭はいました。
    雲も羊のよう
    全ての羊が草食べてます

    10分ほど羊を眺め、帰ろうと車を進めたところ、今度は草原にキタキツネが2匹、まるで犬のようにちょこんと座っていました。こちらに気づいたキタキツネは少し考えていました。

    2匹のうちの1匹
    なんか考えています
    やべえ、逃げろ、と言って走り出しました
    こちらは別の1匹。これも後を追っていきました。

    ええもん見させてもらいました。

    帰路につきます。北海道は信号機もなく、まっすぐの道路が多く、やたらとスピードを出す人も多いのですが、猫が泣くから早く帰ろうとか思わずに、適正スピードでのろのろと(適正でのろのろってなんだっ)走りました。

    いよいよ自宅に近づきました。
    満タンにしたガソリンはまだ40km走れるよと表示されていました。
    スタンドで給油。本日は22.4リットル消費しました。3149円。イタタタ。ソフトクリームが12個食える。

    この時点で本日の走行距離は496km。家まで約4km。
    コープに立ち寄り。

    家の近所のコープの駐車場で撮影。右上の数字が本日の走行距離。家まで300メートル強。
    下の数字は航続可能距離で、丁寧に乗ると540kmくらいまで伸びます。

    500.1km、ほぼ19時に家に無事到着しました。平成最後の交通事故は起こしませんでした。

    ということで、平成最後の記事でした。(懐疑的)