• カテゴリー別アーカイブ 2009年
  • v180 インフルエンザ/無料診療/愉快な札幌109-5000万円

    ■インフルエンザ

    風邪薬
    結局は薬づけになる医療

    妻が風邪をひいて病院へ行きました。いつもはあまり熱が出ないのに、今回はやや高熱が出たからです。

    病院へ着き熱を計ると、なんと平熱になっていました。病院ヘ行くと痛みがなくなったり、熱が引いたり、これは私も良くあるのですが、たまりませんね。

    なんだ平熱か、大したことないじゃん、って思われるようで。

    それでも、一応インフルエンザの検査をしてみたそうです。20分ほど待たされて結果が出ました。

    「A型B型2種類のインフルエンザを調べましたが、どちらも大丈夫でした」
    「そうですか」
    「ただの風邪です」
    「新型のインフルエンザは検査で分かるんですか」

    すると医者はこう言ったそうです。
    「分かるワケないだろ」

    いやーこの言われ方、踏んだり蹴ったりですね。(笑)

    その後、その風邪は私に移り、今、苦しんでいるところです。
    新型インフルエンザかも知れません。(笑)

     

    ■タダの歯科、その後

    前回、単にダジャレで取り上げた「タダの歯科」。その後、その話がニュースになりました。結果から言えば、無料(患者負担ゼロ)で診察を受けることは違法とされました。
    しかし、当NPO法人の理事長は、「弱者救済のため、無料診療を続ける」と突っぱねているそうです。(それはテレビでのニュース)

    新聞記事があったので何回も読みましたが、そちらは理解に苦しむ記事でした。

    いろいろ複雑なことが書かれていましたが、歯科医院が乱立していたり、小児科や産婦人科が少な過ぎたり、トータルして国の医療政策が大失敗しているわけで、法整備がまるでなってないってことを感じました。

    なんとなくですが、健康保険法や社会福祉法が、憲法の大前提である『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する(第25条)』に反して、改悪され続けていることが問題ではないかなと思うのでした。

    新聞記事

    いつも面白い北海道新聞ではあるけれど、この記事は要点がわからなかった

     

    ■第109回 愉快な札幌大発見:5000万円

    5000万円

    5000万円を出して弁当を買ってみました。

    ウソです。

    1月6日の19時頃、我が家は主婦の風邪によって、晩飯を買って食べることになり、コンビニへ出かけました。

    風邪に効きそうな「チゲ鍋うどん」と、自分の分の「豚カルビ弁当」を選び、サイドメニュー的な「スパゲティサラダ」を買いました。

    若い女性の店員がレジを打ち「1086円です」と言いました。

    「小銭がなくてすいません」と私は5000円札を出しました。
    そうするとレジにものスゴい数字が現れたのでした。

    お 預 り 50000,000

    (多分想定外なのか、100万円の手前のカンマはありませんね)

    店員「あっ」
    私 「あっ。すごいですね」
    店員「そうですね」
    私 「……」(どうするんだろう)
    店員「◎◎さんっ! ちょっと…」(隣にいた店員に声をかける)
    ◎◎「えっ、えっー」
    私 「5000万円になってますね。クスクス」

    一度打ったレジが修正できないらしく、とりあえずレジはそのままで、「5000円お預かりします」と言われ、何と、その◎◎さんが携帯を取り出し、電卓機能を使って計算を始めました。
    「3914円のお釣りです」

    電卓で計算せんでも分かるのに 、まあ、暗算を避けるように言われているのかも知れませんが、日本人の計算能力が低まってるような気分になりました。

    その後、50000000円お預かりのレシートが出てきて、ミスタイプなので、きっと捨てるんだろうなと思いましたが、せっかくなので「それもらえますか」と言ってみました。

    店員「えっと…」
    私 「あ、いや、面白いので」
    店員「あ、どうぞ」
    私 「あ、どうも」

    てなわけでレシートをゲットしたのです。もし私が超が付くほどの極悪人なら、そのレシートを見せて「お釣りが足らんがなっ!!」と脅していたかも知れません。(おいおい)

    一応、札幌での出来事ということで。


  • v179 フンテロ/愉快な札幌108-無料の

    ■フンテロ

    カラス
    鳥は寒くないのだろうか

    昨年、自転車に乗っている時、後ろからカラスの攻撃に遭いアタマをどつかれました。ムカついたのは言うまでもありませんが、そんなのは大したことじゃなかったなと、今になって思います。

    ウチのカミさんがね、外から帰ってきて、コートをハンガーにかけて、しばらくしてから気づいたんですがね、そりゃもうすごいことになっていましたよ。

    「くっそー!! ふざけやがってー!!」
    「まあまあ、カラスの身になってみればさ…」
    「許せねー!!」
    「人間がすみかを破壊したんだよ」
    「ぶるぶるぶる…」(憤怒)
    「まあ、復讐だな、カラスの」(笑)
    「くっそー!!」
    「フンテロだな」(笑)
    「どうしてやろうかー!!」

    コートの肩にはべったりと鳥のフンが付いていたのでした。怒りはいつまでも続いているようでしたが、アタマ直撃よりは良かったのではないかと思ったりします。

    はてさて、しかし、考えてみれば、それは本当にカラスなんだろうか。ハトかも知れないし、カモメかも知れません。
    カラスは何かと悪い先入観を持たれるようです。

    フン付きのコート
    あまりに汚いのでぼかしてみました。白いのが鳥のフンです。
    この画像の下の方にも飛び散っています。

    2009年の1発目は「ウン」の付くお話でした。
    それではまた。

     

    ■第108回 愉快な札幌大発見:無料の

    タダの歯科

    今や歯科はコンビニより多いので、こんな太っ腹な歯科を発見してしまいました。
    いや、タダなワケないですよね。

    いやいや、ここではないですが、ここ札幌に、本当にタダで治療するシステムを作り、違法性が問われ大騒ぎ、というニュースが12月にあったんです。
    知ってますか。

    説明しよう。
    2005年、医療関連のセーフティーネットを構築することを目的に設立されたNPO法人があったとさ。「CMケア機構」という。

    医療改革とやらで、老人の自己負担金がゼロだったのが1~3割になり、年金生活者などから悲鳴が上がったとさ。(改悪ですよね)
    そして、歯の治療が受けられない老人が増えたのでした。
    歯の治療が後回しになるため症状が悪化している現実があるのでした。

    これはいかんっ!! 歯科診療の自己負担金を無くさなければならない、生活弱者にこそ医療をっ!! と、と小林理事は考えたのでした。

    そこで、広報誌の広告収入などを資金にこんなことをやってみました。

    アンケートに答えてもらいます。すると会員になれた上に、報奨金までつけます。その報奨金が1年間有効の治療費になるのでした。治療費が重なり多くなると、別のアンケートに答えればいいようにしました。会員は年収520万円以下の健康保険証を持っている人に限りました。

    このニュースの配信は12月5日。その時の会員数6000人。平均年齢57.6歳。半数が治療を受けたとのこと。提携した歯科医院は2つ。

    行政当局とも協議し、法律に反していないことを確認し1年半を費やして作ったというこのシステム。当然大騒ぎになり、札幌歯科医師会に問い合わせが殺到したそうです。

    やがて、違法ではないのかとの声も上がり、ごたごたしているようですが、今どうなってるのか分かりましぇん。

    そういえば、花咲か爺さんのような2兆円のバラまき政策もどうなるか分かりませんが、この国はいざとなると「埋蔵金」がザックザク出てきます。2兆円どころか、いざとなると10兆も20兆も出てくることが昨年分かりました。なんぼでも出てきます。特に選挙前は。(笑)
    例えば、一人1万円分の治療をタダに、とやればですね、2兆円もあれば、何と2億人の人がタダで治療を受けられるんですよね。計算すると。

    高齢者に絞ったら何億人助かることか。そんなにいないよ。(笑)

    歯の治療は健康に大きく影響するので、病気も減るらしいんです。
    経済効果ありありですよ。
    ね。