• タグ別アーカイブ: ズッキーニ
  • v381 ジャガイモ・菊芋・ズッキーニ

    今年は気合が入る。

    去年作ったジャガイモの小さいやつが、段ボール箱の中で芽が出て伸びまくり、グロテスクにグローしたグログロ状態になっていました。あまりにグロいので写真はありません。捨てるのももったいなく、土の中にぶっ込むしか手の打ちようのないシロモノとなっていました。

    この写真の手前、白いナイロンテープで囲んだ中に、そのジャガイモ(キタアカリ)をぶっ込みました。ウネは立てず、クワで土掘って、出ている芽をちょっと土の上に出して、土かけて終わりです。5月18日でした。

    さて、その2日後に見てみると、土から出ていた白かった芽が茶色がかっており、死にそうになっているような気がして、EM培養水をあげました。効果はわかりません。あとは放置です。自然の力にお任せ。

    で、菊芋。
    5月10日に畑を囲むようにぶっ込んだ菊芋の周辺には、腐葉土とも言えない自作の腐葉土を散らしておきました。それは秋に拾った葉っぱです。米ぬかと水を混ぜて、ブルーシートをかぶせておいた腐葉土にもなってない、よくわからないドロドロベタベタの地獄の葉っぱを撒きました。

    動物性の肥料ならほぼ確実に栄養たっぷり、植物はスクスク育つはずですが、まあ、毎年、肥料らしい肥料はあげてないですしね。それに比べれば今年は、腐葉土のようなものを散らしましたから、大丈夫でしょう。

    その菊芋のラインに沿って、EM培養水をかけているところ。黒い点々は腐葉土的な葉っぱです。何か植物のようなものが生えているように見えるのは、枯れたヨモギの茎で、単に目印です。

    ぐーぐー・・・

    はっ、つまらなすぎて寝てしまいますね。

    簡単な地図を作りました。

    ピンクの部分が私の領域、クリーム色の部分がナオヒロくんの領域です。

    菊芋は約80センチ間隔で160メートル植えました。これが2メートルを超える高さに育っていくので、畑全体が菊芋フェンスで囲まれるわけです。クマちゃんも入りにくいですね。

    熊が、菊芋の陰から覗くことになるんでしょうか。うひょー。

    さて、ニンジンは6月に入ってから、タネを蒔く予定です。去年は労力のほとんどをニンジンの移植と雑草取りに割かれてしまったので、今年はそのようなことがないように、種まきの時点で農家もびっくりの新必殺技を繰り出す予定です。お楽しみに。

    以下、地図を見ながら写真をご確認ください。

    入口から東の方向
    入口から北の方向
    入口から西の方向

    この時点で、ナオヒロくんはというと、それはもう素晴らしく進展していまして、広い面積にジャガイモを、ちゃんとウネも作り、固い地盤の底辺まで掘ったところにぶっ込んだそうです。そしてカボチャはちゃんと「苗」を自前の育苗ハウスで作って、100株ほど植え終わっていました。

    ガッツリ仕上がっていたジャガイモ畑。手作業。(5/22早朝撮影)

    カボチャは1株に1つだけ作ると、めっちゃくっちゃいいやつができるんだそうです。また、玉ねぎも幻の特別な品種(生でも食える、辛味の弱い優しい「真白=ましろ」)を、日本ではほとんど誰も作れないと思われる「無肥料・無農薬」でトライするそうです。

    おそらくかなり手間がかかるんです、死が待ち受けているかも知れません。

    ナオヒロくんは、豆の準備も終わっていました。

    マメにやっています。マメだけに。
    このニンニクも実はすごい。こんなに株間を詰めるやり方はあまりしないそうです。あえてギュウギュウで作っています。

    ナオヒロくんのパワーが炸裂している5月です。

    さてさて、5月21日の早朝。私はズッキーニの種を植えました。私にはひとつこだわりがあります。苗は作らないんです。最初からその場の土で育ってもらった方が強いのではないか、というイメージがありますが、真の理由は、移植が面倒だからでした。(なーんだ)

    ズッキーニのウネ、17株分。タネぶっ込みました。その右のラインにはニンジンを仕込む予定です。

    そして今回、特別なことをしてみました。ハイレグのような、フンドシのようなマルチです。わざわざビニール(マルチ)の幅をノコギリでカットして作りました。この幅のマルチは売ってないので。

    なんでこんなビニール(マルチ)のかけ方をしているのかというと、広くマルチで覆ってしまうと、ジョウロで水をあげても弾かれる、雨の水も弾かれる、ということで、かわいそうだから。

    タネに近い部分だけは雑草が生えにくいようにビニールをかけ、多分保温効果も少しはあるし、しかも、EM培養水をかけてあげても、タネに近い両サイドから浸透するのです。普通にまるっとマルチすると全部弾かれてしまう。

    もう少ししてから、芽が出るあたりに穴を開けます。北海道は6月でも霜が降りますので、しばらくはぬくぬくしてもらいます。

    さらに追記すべきことは、このように山のようなウネを作ると、たちまちアリが寄ってきて、蟻塚のようになってしまい、ズッキーニは殺害されてしまいます。それを防ぐために、「わさび・ニンニク入り木酢酢溶水」を周囲に円形に念入りに撒いています。

    以前、アリのあまりの傍若無人ぶりにムカついて、「アリの巣ごと全滅させる薬物」を使用しました。その時に、確かに効果はあったのですが、そんな大量無差別殺蟻のようなやり方はいかんなと猛省しました。

    アリは「悪」でもないし、そこにいる必然性はあるのです。アリにも蟻生というものがありますから、全うしていただけたらと思います。ありのままに。アリだけに。
    ぶっ殺しちゃいかんです。(ゴキは例外)

    去年、殺すわけではない忌避剤を使用した結果、アリは引っ越してくれました。ホッとしつつ、今年は使いまくっています。おかげで「わさびニンニク入り木酢液」がなくなってきました。そこらへんにちょいちょい売ってるものじゃないので、手に入れるチャンスがあればいいなと思っています。お金ないけど。

    肥料はろくに与えていません。菊芋に落ち葉だけです。(本当はガッツリ肥料入れたい欲はある)
    ズッキーニも菊芋も、ある程度成長したら、理想の放置プレイになればいいなと思います。


  • v340 ズッキーニの変

    ■ズッキーニの変

    ズッキーニ
    ズッキーニの種を13か所に仕込む。 6/6

    今年6月、ズッキーニの種を13個植えました。
    昨年は20個ほど植えて、アリに数株殺られ、生育の悪いエリアもありましたが、ほぼ半数が元気でした。、そしてその半数の株からズッキーニが続々と採れたので、今年もそのウハウハを期待していました。

    昨年は肥料なし(腐葉土を若干ぶちまけた)で、マルチをしました。
    今年はマルチはせず、ウチの物置に余っていた10年近く前の花や玉ねぎの肥料を適当にばらきました。そして何と言っても、今年は「EM培養液」を何度も撒いているため、去年よりももっと良い状況なわけです。(EMを撒くことで来年以降も持続して良い状態の土を作るイメージ。いずれ手間を減らせるのではないかと期待する)

    しかし、天気が悪かったのです。6月、7月と結構長い間気温が上がらず、2つしか芽が出ましせんでした。

    ズッキーニ
    芽が出たのはこの2か所だけ。だって寒いんだもん。 7/9
    ズッキーニ
    上の写真の手前の貴重なズッキーニ。仮に「ズッキー01君」としましょう。 7/9

    6月は10度を切る寒い日が何日もあり、30度超えをしたのは4日・5日と30日の3日だけでした。7月に入っても19日まで暑い日はなく、肌寒い日が続きました。

    「こっ、これでは芽が出ないのではないかっ」

    7月に入ってから心配になって、土をほじくり返してタネの状態を調べようと思いましたが、思いとどまり、「暖かくなれば芽は出る」と思うようにしていました。

    7月下旬あたりからじわじわ暖かくなりました。しかしズッキーニの芽は出てくる気配がなく、ついにブチ切れて掘り起こしました。

    「こっ、これはっ・・・・・・しっ、死んでる・・・・」(ぼーぜん)

    ズッキーニは13個中11個がお死にになられていました。それから急遽ズッキーニの種をゲットしようと種を扱う店を見て回りましたが、ズッキーニの季節は終わったようで、種は手に入りませんでした。ただ2鉢の非常に弱々しい苗が手に入りました。なんか枯れかけている感じなので1鉢100円に負けてくれました。

    ズッキーニ
    元気のない2つの苗を植える。買った時から葉が変色している。 7/27
    ズッキーニ
    ズッキー01君はスクスクと育ってくれている。 7/27

    「だがしかし、これではウハウハ状況が作れない」

    仕方なくズッキーニの種をネットで1袋8個入りを2袋手に入れました。もう遅いのではないか、という思いはあるものの、10月までは育つと仮定すれば、まだ2か月ある。ギリ間に合うのではないか、と淡い期待を寄せる。
    8月の頭に植えた種は、10日ほどでひとつだけ芽が出ていました。

    ズッキーニ
    かろうじてひとつは芽が出たが・・・ 8/8
    ズッキーニ
    ズッキー01君はだんだん大きんなって来ました。 8/8

    それから3日後には、後から蒔いた種からは全部で4つ芽が出ていました。弱々しい苗を含め、全部で8株のズッキーニが出ています。

    ズッキーニ
    何とか間に合ってほしい。雪が降る前には収穫したい。 8/11
    ズッキーニ
    そして「ズッキー01君」は実をつけて大きくなりつつあります。 8/11

    そんな状態だというのに、8月17日(木)に降っちまったんですよ、雪が。北海道の真ん中やや上あたりの黒岳で。例年より1か月も早い、観測史上もっとも早い冠雪らしい。異常気象ですからね最近は。まだ平地に雪が降るのは11月以降、雪虫が飛んでから1週間後です。初霜が10月末あたり。間に合うかなぁ・・・。

    8月18日(土)、畑へ行きました。この週は雨続きでした。しかも寒い。12日の日曜日から「16〜25度」が続き、前日の金曜日は最高気温が13.8度っすよ。は少なくとも半袖は厳しいです。こんな低温でズッキーニは大丈夫なのかっ?

    あとで蒔いた9つの種のうち7つから芽が出ていました。

    ズッキーニ
    8月18日の段階で芽が出たばかり。冬までに間に合うのかっ!!

    まあ何とか数は最低限揃った。あとはウハウハできるのかどうかというところです。
    それより今年もまた国内では豪雨被害などもあり、食いもんの自給率もただでさえ異常に低いのに、大丈夫なんでしょうかね。『何もかも異常』(気候も、自給率の異常を異常とも思わないことも、食いもんを商売でしか考えないこの世界も)


  • v313 大規模「家庭菜園」 ズッキーニ

    ■大規模「家庭菜園」 ズッキーニ

    ズッキーニ
    ズッキーニは大成功(2017/27)

    私の「放ったらかし何にもしない農法」は、一部、何かをしてしまったことで、いろいろと謎に包まれてしまいました。ズッキーニがそれです。ズッキーニ以外はほとんど失敗しているので、現在、何もしないで成功させるコツを知らない状況なのであります。

    ズッキーニとカボチャに関しては、マルチといって、土にビニールをかけました。しかも小さいスコップで2~3杯の腐葉土を土に混ぜたのです。何という手間をかけてしまったのでしょう。
    さらには、種を植えて芽が出て間もなく、0度近い寒さに襲われ、寒さから少しでも守るためにケースをかぶせたりもしました。手間をかけすぎですね。

    ズッキーニの場合は、畑のコーナーに9か所、盛り土して種を仕込み、マルチしました。畑のセンターにも10か所、同様に盛り土をして種を仕込み、確か2~3か所マルチしました。準備したビニールが途中で切れてしまい、面倒になったのです。
    しかも腐葉土を混ぜたものと混ぜなかったものとが混在することになりました。腐葉土が途中で切れたからです。何とも中途半端なセンターの10か所のズッキーニ。

    そしていくつかはアリに殺られました。コーナーで1株、センターで2株死んでしまいました。マルチにアリが寄って来やすいようにも見え、土を盛ったところにも来やすいようにも見え、もともと近くに巣があったようにも見え、結局何から何まで、よく分かりません。

    それでも全部はやられないのだから、わざわざ薬で殺すこともないなと、結果的に思いました。アリがいっぱいいるのはイヤなものですが、何かワケがあっていると思うので、来年からは寛容な心で畑を作ろうと思います。

    アリくん、好きにしていいぜ。(笑)

    ズッキーニ
    畑のコーナーに、L字型に9株(5/31)

    このL字の角あたりから撮った写真が次の写真で・・・

    ズッキーニ
    黄色で囲ったところが畑のセンターのズッキーニの場所。
    手前は、寒さ除けのケースの上にキツネにウンコされたコーナーのズッキーニ(6/15)

    畑の中央に作ったズッキーニは成長が遅く、コーナーに作ったズッキーニは育ちが良いのでした。これがマルチと腐葉土のせいなのかは分かりません。センターのいくつかは同様にマルチと腐葉土が入っており、それでも成長が遅かったのです。
    土の質が微妙に違うのかも知れない。
    しかし、コーナー近くのカボチャは、マルチと腐葉土を施したにもかかわらず成長しなかったのでワケが分かりません。(まあ、カボチャだからなのかなぁ)

    ズッキーニ
    コーナーのズッキーニ。花が咲いています(7/5)

    そして4日後。

    ズッキーニ
    実が付き始め(7/9)

    さらに4日後。

    ズッキーニ
    実はまだ小さく、新たに派手な花が複数(7/13)

    一方、センターのズッキーニはというと。

    ズッキーニ
    成長が遅く弱々しい。こちらも雑草は伸び放題。(7/13)

    どれもこれも成長が遅いのです。マルチの有無も、腐葉土の有無も関係なく、全体に弱い。やはりここの土との相性が悪いのかも知れません。陽当たりは良いのだから。
    5日後のコーナーのズッキーニ。

    ズッキーニ
    頑張るコーナーのズッキーニ(7/18)
    ズッキーニ
    コーナーのはどれも元気(7/18)

    周辺に雑草があっても、株のまわりはマルチに守られており、雑草と共生しているとは言い難い。そして2日後、初収穫。(コーナーのズッキーニ)

    ズッキーニ
    とったどー。美味しかったどー。(7/20)

    そして3日後・・・

    ズッキーニ

    ズッキーニ
    またとったどー(7/23) これもコーナーのヤツ

    あ、あっちもこっちも・・・

    ズッキーニ
    とったどとったどとったどとったどー(7/23)

    4日後。どれもコーナーのヤツ。

    ズッキーニ
    黄色もとったどー、これは透明マルチ(7/27)
    ズッキーニ
    どんどん(7/27)

    あっちにもこっちにも実を付けていきました。
    センターのズッキーニは元気はなかったものの、死んでもいなかったので、実を付けていました。いつも元気がなくて雑草まみれにしていたこともあって、写真もほとんど撮っていないのでした。いやー失敗失敗。もっと撮っておけば良かった。

    黄色と緑のズッキーニを交互に、センターにもコーナーにも同様にしたため、収穫したズッキーニは「とったどー用」に写真は撮ってありますが、全部を撮ったわけでもなく、どれがどこで穫れたのかさっぱり分からなくなってしまいました。ただ、センターで穫れたズッキーニはあまり大きくないものばかりでした。

    ズッキーニ
    次から次に。(8/6)
    ズッキーニ
    8/13
    ズッキーニとマメ
    豆もついでに収穫 8/18

    どんどん穫れました。下の2つもコーナーの黄色ズッキーニ。(オレンジっぽいですが黄色です)

    ズッキーニ
    しばらく畑に行けてなかったらでっかくなっていた(9/10)
    ズッキーニ
    これも(9/10)

    8月末に初めて痛風の発作を経験し、苦しんでいる間も、ズッキーニは育っていました。

    ズッキーニ
    2本とも40cmくらい(9/10)

    そうして毎日ズッキーニを食し、私の体の半分はズッキーニで構成されたのでした。(ウソ)
    どうやらズッキーニは、この角地に適性があるようです。来年はマルチ無し、肥料無しも試してみようかな。(失敗するんじゃね?)
    今回のは固定種ではなかったので、来年は固定種で。(失敗するともったいなくね?)
    そしてとことん、自然に任せよう。

    とは思うものの、ちょっとした欲望が実験を台無しにするのか…。
    やはり、収穫物は欲しいですからね。全部失敗は悲しいし…。