• タグ別アーカイブ: まろ
  • 研究所通信v424 猫救済

    ワクチンを打たれる直前の「まろたん」 11月12日(火)の朝

    11月9日(土)には肉体労働で疲弊し、10日(日)もまた肉体労働および埋葬作業で疲弊。

    12日(火)には猫の「まろぽん」を動物病院へ連れて行くため、外に脱走しないように気を使い、外に出たがる「まろさん」を引き止め、カゴに拉致。

    これは、この地ではほとんどの猫が厳しい冬の寒さで風邪をひき、寿命を縮めます。この猫は幸いまだ風邪をひいていない。そして人に慣れた野良猫は少ない。できるだけなんとかしてやりたい。保健所に連れてったら殺されてしまいますし。

    風邪ひく前にと動物病院へ直行。とりあえずワクチン。そしてさまざま検査しました。左側にハゲが数か所あり原因を突き止めようとしますが、ウンチが無いなど、手がかりが少ない。薬でノミやらダニやら疥癬やらの対策をし、1か月後にフレッシュなウンチを調べて、悪い奴がいないかどうかをみます。

    猫の本名は「クリームマロン(うるまろ)」と決まりました。カッコ書きの方が私の願いです。この猫はおそらくあの「うるちゃ」くんの子供ではないかと推察されました。仕草、独特のいい匂い、色、性格からです。そして「まろ」という顔をしていたから合わせて「うるまろ」なのですが、却下されたので、無理矢理カッコ書きでねじ込みました。(笑)

    どうでもいいですね。

    「まろっちょ」の親と思われるうる茶くんです。今は誰かに拉致されたようで来なくなりました。

    「クリームマロン(うるまろ)」という名に
    獣医は「大層な名前だな」と呆れていました。

    そもそも「クリームマロンちゃん」などと口にしづらい。なんて名前だ。早く変更したい。

    13日(火)は眠いし痛いし寒いし雨だし。畑はお休み

    そして14日(木)、この日もどうせ雨だろう(降水確率50%)とのんびり寝坊してやろうと思ったら、「異常に暖かく、そして晴れていた」ため、老体に鞭打って朝に畑へ向かったのです。天気予報当たらないっす。

    朝の7時で12度とは、なんという暑さ。

    当然、上着は無用。肉体労働を始めれば汗ダックとなりました。

    スタンプ販売中なり
    一番生育の良い南東の菊芋を収穫する
    前日の雨で抜けやすくなっている。
    うひょひょー
    3本一気

    スタートが遅かったため、約40分で切り上げました。

    一旦乾燥させて、ブラシで土を落としやすくする。

    こうやって天日に干そうとしましたが曇りました。

    これ、早朝にやると疲れで1日がだるいのなんの。

    で、日が当たってくれるかなと思っていたら雪が降ってきた。
    なんか五分五分的な予報だから、晴れても降っても天気予報は外れとは言えないところがストレス。

    なんとか片付けたら晴れてきてストレス。またセットする暇はなくストレス。

    その後、急速に冷え込んできて、あっという間に氷点下になってしまいました。朝の汗ダックはなんだったのか。暇をみて発泡スチロールに土と菊芋のミルフィーユ保存をやるはずでしたが、みるみる暗くなり終了。

    しかも寒くてやってられない。

    動くのめんどい。

    プレハブ事務所の中では「まろっちゃん」が隠れています。

    どこにいるかわかりますか。ヒントは緑の箱。

    真ん中の緑の箱の奥で・・・

    寝ていました。

    ストレス解消。(笑)

    おやすみなさい。