• タグ別アーカイブ: カメラ
  • 研究所通信v457 新ニンジンの畝

    7/28の「まろっちゃん」ことクリームマロン(うるまろ)

    いつも使っていたニコンの一眼レフカメラをメンテナンスに出すことにしました。というのも、畑で使っているとどうしても土にまみれてしまい、とんでもないことになってしまったからです。修理費に4万円以上ぶっ飛ぶと言われ、泣く泣く承諾し、この先2か月くらいカメラレス生活が続きそうでした。

    もともと畑用に適当なカメラが欲しいと思っていて、この際だからと買いました。今後は、畑についてはそのカメラの画像になります。

    猫のまろっちゃんを撮ったら動きまくってまともに撮れず、まあ、そんな感じに写りました。
    (なんちゃって、他のはもっと綺麗に撮れてましたが、あえてこの画像を載せます)

    さて、今年の目玉であるヒマワリ。以前2本立ちしていた2本が2本ともガッツリ鹿に食われて、思わずガードを作りましたが、その食われたヒマワリが、こんな感じに再生してました。

    真ん中のやつが再生したヒマワリで背が低い。手前と右に菊芋。

    いや、分かりにくいがな。

    他のヒマワリはもう1メートル以上になっています。最終的には2メートルくらいになります。

    さて、今年の目玉である菊芋はもう繁殖しまくって恐怖の森になってます。それはともかく、今年の目玉であるニンジンはというと、まずはこんな感じになってます。

    7/29

    まあまあ育ってます。鹿にも食われてません。
    ただ密集密着状態で、これではコロナにかかったら感染爆発してしまいます。密を避けるためには間引きしないといけません。

    7/29

    ジグザグスラローム畝もこんな感じで、まあまあ育っていて、こちらもコロナにかかったら大変です。
    これらの畝、長さにしたら、全部で40メートルくらいかなと思います。ちまちまちまちま細かい雑草をトングなどで抜きまくり、「何もしない究極の自然農法」とは遠くなりましたが、無農薬や無肥料の自然農法的やり方は崩していません。

    このニンジン、7月29日にちょこっと「間引き」しました。

    間引いたどー!!

    このニンジンの味がですね、やっぱり凄いんです。強烈なニンジンの味。カレーに入れても勝つニンジンですから、これはもっと作りたいなと、畝を増やすことにしました。

    10数メートルの畝を2本 7/30

    いやー、見てるだけで筋肉痛になります。これ、一回クワを入れて、ゴロゴロ存在している石をつまみ出しています。ニンジンの種はおそらく1000粒くらいあって、無駄なく蒔こうと頑張ってみました。はいこれ。

    1か所に2粒程度の種を入れ、竹串を刺して目印としてみました。

    石が多いです。土の中から取り出しています。

    ただ、これ100本(100か所)程度にしかならず、さらに増やしました。

    40本程度のニンジンを仕込みました 7/30

    ここで力尽きました。種は1か所に2,3粒入っているので、300粒くらい消費しました。しかしまだ700粒くらい残っています。

    考えただけで筋肉痛になりますが、その種の分の畝をこれから作ろうと思っています。果たして収穫時期までにちゃんと育ちきってくれるかわからない時期で、ちょっと心配ではあります。

    7月28日に、熊の糞を発見しました。

    黒いんですよ。来てやがりますね。そしてこの日は鹿にも遭遇しています。

    畑周辺です。適当なカメラで撮りました。鹿のいるあたりにはベリー類が実っていて、ムシャムシャと食べていました。よかったね鹿くん。畑には来ないでね。


  • v145 気持いい春、気持悪いこと/愉快な札幌74-中央図書館

    ■気持ちいい春、気持悪いこと

    植え込みのチューリップ
    春が来た

    今年の札幌は異常なほど暖かく、記録尽くめの春となっています。桜の開花も半月も早いし、5月21日から開催される「さっぽろライラックまつり」のライラックがもう咲いちゃってますし、花があちこちで咲き乱れています。

    私はタンポポが一番好きな花なんですが、あれはポツンポツンと適度に小さい黄色い花が目に眩しく飛び込むから好きなのに、今年見かけるタンポポの花は巨大なものが多く、いまひとつ美しく感じないのです。

    それはともかく、最近日本中で「花を切り落とす」事件が起きています。ここ札幌も例外ではなく、何と、ウチの窓から見えるすぐ近くの公園の花が、盗まれたり切られたりしたようでニュースになっていました。

    その後、その公園内に報道関係者らしき人たちが居座っているところを眺めつつ、『あーあ、うかつに花壇に近づけないな』と思ってしまうのでした。

    私は普段必ずカメラを持って外出します。それは広告物に使えるかも知れないイメージカットやテクスチャーのストックでもあり、ネットで販売する画像のストックでもあり、いろんな記録のためです。

    花はよく撮りますが、その事件のおかげでもの凄く怪しまれそうな感じなんです。というのも、私の場合、花をいろんな角度から撮りたくるので、地面に腹這いになったり、時間をかけてじっくり眺めたりして撮るのです。それはまさに挙動不審。間違えて花を折ってしまった日にゃあ、通報されて逮捕されてしまうかも知れません。
    「オマエだったのかー」などと。

    花だけじゃありません。シャッターを切りにくい状況はよくあります。

    その筆頭が子ども。これはもうとてもレンズを向けることはできません。公園で遊ぶ親子の姿や、子どもたちの遊ぶ姿などはほのぼのとして、思わず「いいイメージカットに使えるっ!!」と、撮りたくなるのですが、本来心配すべき「肖像権」より先に、子どもを狙った変態と思われそうで、ホントにイヤなもんです。

    去年か一昨年、大通公園の水場で、子どもたちが素っ裸で遊んでいるところを通過しました。近くに母親もいて子どもたちと一緒に遊んでいました。それは昔だったらすごく健全な風景だったように思います。ただ、もういろんな事件が起きている中で、そんな場面にカメラをぶら下げて歩くのはただただ恐ろしいばかりです。

    こう思うことが変態でしょうか。いや、でもね、マジね、脂汗出ますよ。困ったもんですよ。子どもはともかく、花壇をうろうろしても怪しまれる世の中なんて…。

     

     

    ■第74回 愉快な札幌大発見:アイム中央図書館

    アイム中央図書館

    これはまだ雪のある1月に撮った写真ですが、図書館を探していた時に発見したものです。
    「アイム中央図書館」
    ふむふむ、私は中央図書館です、という意味じゃな。ここだ。ここが図書館に違いない。
    では入ってみよう、と思ったものの、何となく図書館の香りがしません。

    普通のマンションっぽくて、何となく入りにくい。ビルの周辺をうろついて、これが全然図書館っぽくないことを確認し、しばらくどうしようか迷っていました。それで、何となく「アイム」ってのが「私は」と素直に考えるものじゃないことに気付きました。

    「カーサなんとか」とか「ヒルクライムなんとか」とか、「ドリームシティなんとか」というような、マンションのシリーズ名というか接頭語というか枕詞というか、マンションのアタマにつける名称だったのです。

    それでこの近所をまたうろついたら、ちゃんとした図書館がありました。
    マジで勘違いしました。