• タグ別アーカイブ: マラソン
  • 研究所通信v409 カレーマラソン、カレーを食らう

    マッド3チームの、それぞれのコースのランナーがそれぞれの食材をゲットして、テントに戻っていました。私が到着した時には調理は始まっており、具材は切られて、鍋に入れられる直前でした。

    「あー、ジャガイモがカットされるシーンが撮れなかったのは残念っ!!」
    ところが、調理のメンバーがこう言いました。

    「まだひとり、肉が来ていない」
    「なんだとー」
    「野垂れているのではっ」
    「肉は誰だっけ」

    肉コースは4kmと2番目に過酷。そのランナーが戻っていない、ということで、またゴール地点へ行きました。

    まだ走っていたこんなに小さい子供、この子供より遅いのかっ?
    走りにくいフルーツの仮装の人たちもここでゴール

    しかしマッドチームのランナーがいない。どうもおかしい。道に迷ったか?(いやあり得ない)
    最後のランナーまで待ち、一緒の肉コースを走っていた人に、こんな人は走ってなかったかと聞くと、こう言いました。

    「ああ、あの狂犬病の方ね、すごく早かったよ、もうとっくにゴールしてると思うよ」

    テントに戻ると、確かに、いつの間にかそのランナーはいました。そしてカレーは出来上がっていたのですが、3チームあるうちの1チームが、実は自宅でルーを仕込んで持ってきていたのです。しかも格別に新鮮な牛肉入り。マラソンでゲットした肉は豚肉。(北見市は今や焼き肉の町とか言われ、豚だって新鮮な地元産)

    ゲットした野菜の具材を入れるだけにしてあったようで、5km走って手に入れたルーは誰かが持ち帰るという荒技に出ていました。

    しかしですね、その仕込んできたルーがですね、これなんですが、

    めっちゃくちゃ美味かったのですよ。めっちゃくちゃ。お店で出しなさいよってくらい激ウマ。必死に5km走ってゲットしたルーを入れずに作ったカレーが激ウマ。(笑)

    持参したカレーが激ウマ。

    外で食べるカレーはうまさも倍増。ちょうど腹も減っていてうまさはさらに倍増。満足度を数字で表すと、通常が1として、「元々が10」×「外2」×「腹減り3」×「苦労度1.5」で、90。

    さてちゃんとマラソンでゲットしたルーを使って作ったカレーは「普通」でしたが、外で食べているのでうまさ倍増で美味しかったです。数字的には「元々が1」×「外2」×「苦労度4」で、「8」。(笑)
    点数辛くない? そういえば味は甘口でした。甘口はマイナス2で「6」。(えー!? )

    ルーを入れる前の鍋
    ルーを投入

    点数を出してしまいましたが、カレーの出来栄え、速さ、などは順位に関係ありません。みんなでワイワイやることで良しとするカレーマラソンなのでした。

    ところで「ご飯はどうするの」と思いますよね。これ、地元端野で作られた米を炊いて、会場に用意してあるのです。容器を持っていけば分けてもらえます。ただ、炊き上がりから行列になるらしく、それを嫌がったメンバーが30人分の「こだわりのご飯」(タイ米ではない)を持ってきていたのでした。(おいおい)

    とにかくもう行列に並ぶこともなく、ゲットしたルーでもないこのカレーライスが激ウマ。

    そんなわけで、カレーも食べて、雨も降らず、楽しく終わろうとしていました。

    でもまだこれで終わりではありません。この後「カレーの大食い大会」があるのです。

    広い会場のステージには大食いのチャレンジャーがズラリと!!(画像では豆粒)
    大食い大会の様子

    ルーをよそった時に均等化しやすいように具を小刻みにした150gのカレーを、150gのご飯にかけます。つまり一皿合計300gのカレーライスを、10分間で食べる量を競います。エントリーは男女10名ずつの20名、プラス、協賛のハウス食品の社員が1名で合計21名。
    去年の優勝者は男子9皿半、女子7皿半だったとか何とか。

    開始前、進行のおじさんが、その説明の大半を足元に置いてあるゲロ袋について語っていて、苦笑を買っていました。貧笑というか、困笑というか。怒笑というか。食前なだけに。しかも食後も言ってました。押してはいけないツボを押し続けるおじさん。

    そして開始の合図について、「今は笛を吹かなくても笛の音が出せる」と、笛のデジタル音を聞かせてくれて、便利になったとかなんとか言ってました。このままでは1000人の前で危険なオヤジの世界が出現しそうでした。(華麗に食べてください、カレーなだけに、などというオヤジギャクが炸裂するのではないかと危惧)
    しかし間もなく笛のデジタル音が鳴りスタートしました。ホッ。

    ぱくぱく、もぐもぐ、皿が積み上がる。

    食べた紙皿を串に刺していきます。10分って意外に長い。優勝者には2万円が贈呈されます。目の前にぶら下げられたニンジン。必死にカレーを食う参加者。はっ、これはパロディなのか、社会の縮図を見せつけられているのか?(んなこたーない)

    今年は男子8皿、女子7皿だったかな、最後までちゃんと見てなくて、確かそんな声が聞こえたと思いました。8皿は2.4kgですね。まあ、大食い大会ですから。

    まだ終わりませんよ。
    それから仮装大会の上位7チームの発表がありました。金賞はこの金色のファラオ。

    これはすっごく目立ってました。2万円が贈られました。おめでとうございます。

    そして特賞の3万円は、このアラジンでした。

    こんなのもありました。映画館の仮装。

    このあとステージではバンドの演奏がありました。懐かし系のミュージック。
    そろそろイベントも終わりですよ、的な。

    片付け中

    てな訳で、第34回 端野カレーライスマラソンは、見事に直前に雨が上がり、晴れなかったことで太陽光に焼かれることもなく涼しげな適温で、外で食べるカレーは格別で、楽しいイベントでした。

    多分来年もやるでしょう。応募すれば3分の2の確率で参加できそうです。4人一組。走れなくても歩いても問題なし。その時になったらネットで応募要項を見て、参加を考えてみるのも楽しくてよろしいんじゃないでしょうか。

    遠くは福岡からの参加チームもあり、大阪や三重、神奈川からの参加者もいました。カレー好きのエネルギーと言ったらすごいものがありますね。いやカレー目的ではないよね。

    開放感、ですかね。

    帰り際に、広場の端の方でこんな風景を見ました。クレーンの先にたくさんの人を乗せて「高い高い」してました。なかなか恐怖のアトラクション。ガラスカバーもなくむき出しで、高所恐怖症の人は真の恐怖を体感できます。手作り感満載です。

    おしまい。


  • 研究所通信v408 カレーマラソン(走る?)

    さあいよいよスタート

    やっとカレーマラソンのスタート地点に立ちました。
    「狂犬病注射を受けよう」のタスキをかけたマッドチーム。マッドですね。いや大事な話ですけどね。「犬の登録と狂犬病予防注射は飼い主の義務」ですから。今更ですが、正体を明かしますと、獣医師会チームなのでした。マッドFはまさに、狂犬病注射をしまくるマッドな獣医なのです。そしてその仲間たちなのであります。

    狂犬病というマッドな病気は、マッド中のマッドな病気で、Wikipediaにも書かれていましたが、発症するとほぼ確実に死亡するそうです。

    確実に死亡する。ガクブルじゃないですか。

    ガクブルじゃないですか。

    人畜共通感染症のひとつで、イヌ、ネコ、コウモリ、キツネ、スカンク、アライグマなどの野生動物に咬まれたり、引っ掻かれたりしてできた傷口からのウイルスが侵入することで感染します。野生のスカンクには触らないようにしましょうね。

    感染すると風邪のような症状ではじまり、痛みが増していき、興奮・不安・錯乱・幻覚、攻撃的状態、水を怖がるなどの脳炎マッド症状を呈し、昏睡から呼吸停止で死亡します。

    でもご安心を。日本には今は確認されていませんし、獣医師会チームがマッドにワクチンを打って打って打ちまくってくれます。このカレーマラソンを利用してアピールをすることで、より平和な社会を築こうとしています。

    恨みのある人に狂犬病ウイルスをマッドに盛っちゃダメですよ。

    それはともかく、私はカメラマンとして、最短の「いもコース」に追随し、その必死な様子と、このカレーマラソンのリアル体験を、ここ研究所通信に綴るのであります。

    よーい、スタートっ!!
    タッタッタッ・・・・え、あれあれ、あれれれ・・・
    えーっ!?

    スタート直後

    てくてくてく。

    てくてく、てくてく。てくてく、てくてく。

    てくてくと歩いとるやないかーいっ!!

    どうやら、この2kmコースは「走ってはいけないルール」なんだそうで、このルールをこの段階で初めて知りました。他のコースは走っていました。この最短の2kmコースだけ走るのが禁止なのでした。おそらく、高齢者や虚弱体質、持病のある方、瀕死の方なども参加できるように、ゆるーくなっているのだろうと思われました。

    ローカルメディアかな

    一番長い距離の「カレールーコース5km」は、みんな懸命に走っていました。受け取るカレールーはただの小さい箱であり、芋と違って軽いし走りやすい。やはり走ってこそのマラソンですから、この5kmコースを必死に走ってもらうことで、マラソンの体を成すということなのかもしれません。
    マッドF氏はまさにそのカレールー5kmコースを走るために、特殊訓練をしていたそうです。

    歩いとる歩いとる。仮装の人も歩いとる。

    しかし私の選んだコースは「いも2km」であり、走れないのであります。実はとっとと芋をゲットするシーンを撮って、すぐさまコールに戻り、ゴールでメンバーを待ち構えて撮影するつもりでした。

    てくてくてく

    ひたすら歩くのであります。こうしているうちに5kmコースを走っているマッドFや4km・3kmコースのメンバーがゴールしてしまうかも、と思うとちょっとソワソワしてしまいました。早くゴール地点へ行かねば、と。

    しかし、それを言うとマッドチームのメンバーがこう言いました。

    「伴走カメラマンは、ゼッケンがなくランナーじゃないから、走ってもいいんじゃない?」

    走ってもルール違反にならない、とはまた、一休さんのトンチのような説に、なるほど合点がいきました。そうですねそうですね。

    カレールーコースは直進、いもコースは左。

    しかし芋をゲットするまでは歩きます。てくてくてく。

    のどかな風景の中、お散歩です。

    てくてくてく。
    2kmと言ったら、意外にというか、思った通りというか、大した距離じゃないんですよね。あっと言う間に中間あたりのじゃがいも配給ポイントに到着しました。

    ここでじゃがいもをゲットです。
    土がついてます。新鮮です。
    ここでは給水もできます。過酷なマラソンですから、水は摂りましょう。

    以前、芋は畑から直接拾っていったこともあったようです。すごいですね。

    今回は給芋所でした。しっかりとじゃがいもをゲットするシーンを撮り、私はゴールへと小走りで向かいました。
    他のコースとの合流地点辺りでは、しっかりと走るランナーがいました。

    小学生やアンパンマンも走っています。
    おお、マラソンっぽいっ

    ちゃんと走っているではないですか。手には玉ねぎやらカレーのルーやらが見えました。
    みんながゴールに着く前に、ゴール地点へ行き、ゴールの瞬間を撮影しなければカメラマンとしては失格になってしまう。

    小走りを続け、ゴール前でスタンバイしました。

    ゴールが見えた。この辺でスタンバイ。気温は適温。
    ゴールに向かって続々と戻ってくるランナー
    出来栄えが異次元のドラえもんもゴールへ
    アラジンもゴールへ
    黄金のファラオもゴールへ
    テトリスもゴールへ

    そんなわけで、マッドチームのランナーのゴール前のシーンも撮れたのでした。しかし3チーム12人もいるため、全員がゴールしたのかわかりませんでした。ランナーがまばらになってそろそろ全員ゴールしたと思い、テントへと向かいました。

    さて、これで終わりではありません。ここで終わりなら「東京マラソングランドチャンピオンシップ」と大して変わりません。端野カレーライスマラソンは、ゴールしてからが大事なのです。カレーを作り、みんなで食べるという過酷なミッションがあります。

    肉ばっかり取るなとか、ケンカになったら大変です。
    食材は足りるのかっ、ちゃんとカレーはできるのかっ、過酷なのです。

    そして事件が起こるのですっ!!
    続くっ!!


  • 研究所通信v407 カレーマラソン(序章)

    カレー色に輝くファラオ

    早朝からの雨は上がりつつありました。
    会場には続々と人が集まりだしていました。予報では雨のち曇り。的中です。
    開場の8時半頃、ギリで雨は止み、カレーマラソンは開催されることになりました。よかったよかった。

    まずは会場である広場へ入ります。そして最初にやることは、広場にテントを立てることでした。テントエリアは、ステージからやや遠い位置にそのスペースが確保されていました。テントを立てるチームは、多分、快適にカレーが食えるのですね。雨避け、日除けにもなりますから。

    ステージの前に陣取るチームはブルーシートを敷いて、テーブルやカセットコンロを置いていました。

    マッドAチーム、マッドBチーム、マッドCチーム、そして関連団体チームのDチームも加わり、ランナー16人が勢揃いし、なんとなく25名ほどになっていました。

    次々とテントを立てる。
    会場の広場
    テントだらけ
    ざっと1000人を超える
    マッドチーム。テントを立て終わり、少しまったり。

    こういう大会は大抵「ご挨拶」があります。

    主催・協賛企業の方々が20名ほどずらりと並び、ご挨拶

    雨がすっかり上がりました。これも皆さんの熱気が通じたからです。カレーマラソンは今回で34回を迎えました。会場には1000名を超える人たちが集まっています。どうぞ怪我のないよう、頑張ってくださいね。的な。

    さあいよいよマラソンかっ、と思ったら、ここから「仮装コンテスト大会」が始まるのでした。この仮装大会で優勝するとチームで3万円がもらえ、順に7位まで2万円、1万5000円、1万円、8000円、5000円、3000円がもらえるという、お楽しみがあるのでした。しかも、この仮装大会に参加すると、この格好でマラソンを走らないといけないルールになっています。賞の発表はマラソンの後になります。

    仮装コンテストの一部です。

    重い十字架を背負った人々
    アンパンマン
    なんかフルーツ
    ディズニーのアラジン的なやつ
    テトリス。木枠が重たそうでした。これで走るのかっ。
    スパイダーマンなのに「おにぎりチーム」なんだそうで
    仮装とは縁遠いと思われる審査員は全部で6名。みんながほとんど8点以上を出すので、絶対に僅差になります。(笑)

    203組中26組のチームが仮装コンテストに参加していました。マッド関連4チームは参加してませんでした。仮装して走るのはしんどいとのこと。

    さあ、早く走ろうぜ、と気分も高まってまいりましたが、こういう大会にはもうひとつ、これがあるんですね。

    そう、準備運動。体操ですね。怪我とかされたら大変ですからね。
    そしてこれも欠かせない。

    気合いを入れます。頑張るぞー、おー!!

    さて、やっとここから4つのコースを走ります。
    「いもコース」が一番短く、2kmです。
    「玉ねぎ・にんじんコース」が3km。
    「肉コース」が4km。
    そして一番過酷な「カレールーコース」が5kmです。

    この大会の裏で行われている「マラソングランドチャンピオンシップ」はギスギスしながら42.195kmも走るそうです。(笑)

    スタート時間の10時半が近づいてきます。
    4つのコースに、1チーム4人から1人ずつ出ます。やっとスタートですっ!!

    ランナー登録されていなくても、伴走はできるということで、私はカメラマンとして一番短いコースのランナーを追いかけ、ゴール付近でみんながゴールするところを狙います。

    「たまねぎ・にんじん」の列と、「肉」の列

    続くっ!!


  • 研究所通信v406 マラソン(カレーの方)

    9月15日(日)、朝は結構な雨でした。

    北見市端野町は人口約5,500人。
    9月15日の日曜日。北見市が主催する「たんのカレーライスマラソン」がこの日行われたのであります。今年で34回目ということで、長いこと続いているんだなぁ、と単に思うのでした。

    ジャーン!! このチラシは事後にネットからダウンロード。

    確かに聞いたことは何度かありました。聞くところではマラソンついでに「ジャガイモ」や「たまねぎ」「ニンジン」といった地元の農産物を、農家を訪ねては食材をゲットし、集めてゴールした後に、みんなでカレーを作って食べるっていう、平和の祭典なのだという話。

    順位なんて関係なし。参加することに意義がある。ん、このフレーズは…。

    5000人程度の町で行われるイベントということで、勝手な思い込みで「参加者は20組程度、町内会のお祭りなので、参加賞がゴミ袋と箱ティッシュ。高齢者が多く、走るというよりは散歩」みたいなのを想像していました。

    このカレーライスマラソンに、あのマッドFが言い出しっぺとなって、仕事のマッド仲間を呼び3チーム(1チーム4人)で応募し、全3チームが参加できることになったんだそうな。みんなカレーが好きなんだな、と思いました。(笑)

    いやいや、聞いてみれば、なんと300組ほどの応募があり、数は少ないものの北海道外からも申し込みがあるんだそうで、参加チームは抽選で200組、1000人近い参加者になるということ。関係者を含めると1000人を軽く超えるわけで、端野町の人口の5分の1になるのです。

    そんな住民の20%も来るような大イベント、言ってみれば東京で250万人が集うイベントに匹敵するわけです。私はこの3チームに同行するカメラマンとして呼ばれたのでした。

    カメラマンが遅刻するわけにも行かず、朝8時半集合のところ8時に到着しました。ただ、そんな日の朝がなかなかの雨でしたので、どうなってしまうのか心配でした。

    会場には行列ができ始めていました。雨は小降りになってきていました。

    さてこの日、このカレーライスマラソンの陰で、マラソングランドチャンピオンシップという大仰なネーミングのマラソン大会が行われていたんですね。東京オリンピックのマラソンコースで、男女ともに代表を決めていくレースなんだそうですが、東京で言えば250万人が参加する規模の、端野カレーライスマラソンの陰に霞んでしまいました。(笑)

    オリンピックの精神こそ「参加することに意義がある」じゃなかったっけ。ワイロ、ウソ、盗作、底なしザル予算、カネに群がる魑魅魍魎、ウソ、ブラックボランティア、酷暑、糞尿会場、おろそかになる被災地対応、裏ばっかりのオモテナシ、大丈夫なんでしょうか。

    やはり、レース後にみんなでワイワイと食べるカレーの醍醐味には足下にも及ばない感じですね。

    とか言いつつこの雨。体育館でひっそりとカレー作り大会になってしまうのか、マラソンは開催できるのか。できたのかっ!!

    どうなんだっ!!

    続く。


  • v060 植物園と北海道マラソン/猫看護

    ■植物園と北海道マラソン

    北海道マラソン
    これはこれは千葉真子さん、どちらへ。

    昨日、正式名称“北海道大学北方生物圏フィールド科学センター植物園”へ行くことにしました。ウチからそれほど遠くなく、ずっと気になっていたところでした。

    歩いていると、何と、千葉真子さんがマラソンをしているではありませんか。いやー奇遇ですなー。確か去年は中島公園で会いましたね。

    なーんて思いつつ、これは北海道マラソン。全国中継ですがなっ。はいはい、知ってました。引退レースだってことも。はいはい、路上で30分くらい待ってカメラ構えていましたよ。奇遇でも何でもないです。しかしワンチャンスですからね、シャッター切るの。緊張の30分でした。

    で、瞬時に通り過ぎる千葉選手に拍手を送り、最初の目的である植物園へ行きました。しっかし北海道はどの施設の敷地も広いです。東京だって明治神宮や新宿御苑など、結構敷地面積が広いんですが、何が一番違うのかというと、多分、体感的には“人口密度”ではないかと思うのでした。

    植物園の中は、もちろんいろんな植物がもっさりと生えまくっておりますが、芝生の面積も多くて、基本的に芝生は人間のくつろぐスペースであり、寝転ぶところであります。東京で芝生がある場合、高い確率でそこに入ることを躊躇していました。立ち入らないでください、という看板を多く目にしました。いつの間にかその感覚に慣れていたせいもあって、『入っていいんだよね』と思ってしまいます。

    そしてこちらの場合、その芝生は大抵、人間がまばらか誰もいないんです。大通公園はやや例外ですが、それでも芝生で寝転ぶ人の数はそう多くはありません。200万都市『札幌』と言えども、人口密度に関してはスカスカであります。いや、東京が異常なくらい密度が高いのだと思います。札幌に来て最初の頃は、このスッカスカな感じが妙に寂しかったんです。ホントですよ。今も「今日もスカスカだな」なんて思いますが、寂しい感じは薄れてきました。

    植物園は400円の入場料がかかるためか、より人は少なく、芝生は上等で、そして人はその広い芝生に2人とか3人。もしくは誰もいませんでした。400円は安いと感じました。

    ところで、印象に残った植物がありました。エゾトリカブト。これがあっちこっちに咲き乱れております。毒性の強さは某事件でご存知ですね。多分、根も葉も花もとても危険です。

    「北大め、こんなに栽培して何を考えていやがる」

    と思いつつ、無気味なエゾトリカブトの青い花に魅入られ、

    「自分、何を考えていやがる」

    また落語みたいなオチ。

    エゾトリカブトの花
    エゾトリカブトの花

     

    ■その後の猫看護報告

    預かってから3週間経過、劇的な変化がありました。 先週頭に「みゅう」の食が細くなったので、抜糸を兼ねて医者に相談することにし、木曜日に「飼い主」が連れて行って検査しました。
    すると、腸に感染虫と回虫がいることが判明。感染虫は人間にも移ります。きゃーっ!! 2種類の薬で撃退しました。

    目は、腫れの引いた右目の方を抜糸。目を覆っているしゅん幕が生きているため、乾燥は防ぐことができ、うまくいけば失明は免れるということでした。ただ、縫合の際にしゅん幕の上部が切れてしまったようで、下の写真(左)のようにしゅん幕が下にだぶついた形になってしまいました。実に痛々しく、困ったものだと感じました。

    しかしその後、赤い色が抜けてきて、幕がやや広く目を覆うようになってきました。なぜか抜糸していない方の目も似たような色になって、抜糸後2日目にして、何と、動くものを目で追うようになったのです。まったく見えていなかった目がちょっと見えるようになったわけです。

    やった。

    少しでも見えれば、エサやトイレの場所へ移動できるため、会社勤めの人でもどうにか飼うことが可能です。ポイントでかいです。あとは左目の腫れを引かせることができれば、眼球の摘出をしなくて済みそうです。

    今月いっぱい預かる予定ですが、左目の状況次第ではもう少し長くなるかも知れません。

    もうひとつ、あばらのふくらみが少なく胸が平らな感じになっている奇形の問題については、呼吸が正常であるため大きな支障はないとのことで、手術などの必要はなさそうです。
    油断はできませんが、おおむね良い方向に向かっております。ネコ、一生懸命生きてます。

    猫のミュウ
    点眼がイヤでしょうがないようで、がっちり押さえないといけません。
    その際、体を持ち上げるようにする「ネコ懸垂」が見物です。