• タグ別アーカイブ: リス
  • v266 いきもの万歳(留辺蘂-丸瀬布、丸立峠)

    ■いきもの万歳(笑)

    モンキチョウ
    昆虫がいて人もいる…

    6月21日(土)、久々に丸瀬布のマウレ温泉へ行きました。お湯に入った瞬間に体がヌルヌルになる脅威のヌルヌル温泉。
    今回は、じわじわとヌルヌルになりました。(笑)

    この日はたまたま客が少なく、1時間半もの間貸し切り状態で、広い広い露天風呂で、ずーーーーっとぼーーーーーっとする贅沢な時間が持てました。しかもこのマウレ山荘は高級な感じがあって、贅沢感倍増でした。

    で、今回の目的は、実は写真だったのです。
    北見から丸瀬布に向かう場合、ルートは2つあるのですが、マウレの温泉は丸瀬布から12kmほど南下するので、第3のルートが出現するのです。

    マップ
    Cルートは林道

    グーグルの「北見-マウレ間」 のルート検索では、ABの2ルートしか出てきません。
    でも距離的にはかなり短縮できるCルートがあるのです。山深く人気(ひとけ)のまったくないこのルートは。写真撮影のことを考えても魅力いっぱいなのです。

    ただし、Cルートは冬季閉鎖されるような林道なので、軽自動車でひょこひょこ行って大丈夫なのか、という不安はありました。

    国道から林道へ入る入り口にはこんな看板があります。

    看板
    立派な看板ではないですか

    ここには「3km先 冬季通行止」と書かれています。6月20日は冬季ではないはずですよね。それにこんなに立派な看板が「いらっしゃいませ」的に誘導しているのですから、大丈夫でしょう。
    で、すぐ近くに、こんな標識があります。

    道路標識
    ん、何だって・・・

    「この先の 1070 道道 上武利丸瀬布線(かみむりいまるせっぷせん)は 通行できません。」と書かれています。簡単に見逃してしまいそうなこの標識。言ってることの重大性と薄い存在感のハーモニーが、心を揺さぶります。

    「なんじゃろ? このプチ通行できない感は」

    まあ、まかり間違って閉鎖されているとしても、写真を撮りに来たと思えば良いのだし、開通していればラッキーなのです。この段階では五分五分。

    マウレへの道
    道路脇には紫の花が、歓迎してくれています

    良い道路ではないですか。ずんずん進んでみよう。

    マウレへの道
    ちょっと怖い感じになってくる

    道路は林道にしてはしっかりしています。ていうか普通の道路より状態がいい。

    マウレへの道
    何と晴れ間が出てきました

    こりゃあクマもいると思いますよ。それにしても道路が素晴らしい。晴れ間も出てきてなかなか快適なのです。しかも1台、対向車が来たのです。白い乗用車なのでした。
    やっぱり閉鎖されてはいないと思うのでした。

    マウレへの道
    どんどん進む

    もちろんこの写真も目的の一つであり、何と言うこともない風景かも知れませんが、結構いい感じじゃないかと思うのでした。

    マウレへの道
    フィトンチットで溢れています

    道路の状態も文句なし、残雪ももちろんなく、土砂崩れもなく、何の問題もありません。閉鎖する理由がない。閉鎖する方がどうかしてい・・・・・あっ!

    マウレへの道
    こっ、これはっ!!
    道路閉鎖
    出ました、毎度おなじみの風景

    道路が二手に分かれていることにも驚きましたが、両方ともガッツリゲートで閉鎖されていました。

    「6月は冬季かよっ!!」

    仕方なく、ここでモンキチョウの写真(冒頭の写真)を撮ったりして、くつろぎました。あの白い対向車は、多分引き返したのでしょうね。

    ここからマウレまではこの道路なら目と鼻の先、25kmほどなのですが、いったん留辺蘂(るべしべ)まで引き返して、丸瀬布経由で行くと80kmほどになります。
    とにかくもうあわてても仕方がないので、この道路を自転車並みのスピードで、ゆっくりゆっくり自然を堪能しながら車を走らせていました。

    あるカーブを回ったところに何かが突っ立っていました。

    シカとばったり
    いわゆるばったり鉢合わせ

    「うわー、なんだ」
    何かの妖精のような雰囲気でした。メスの子鹿のようです。とてもゆっくり車を走らせていたので、ゆっくり止まり、シカも「ありゃ、何だこれ」みたいな顔をして動きませんでした。

    シカとばったり
    多分、驚いている

    そりゃこの道路人がほとんどこないのですから、動物にとっては楽園かも知れません。
    少しすると、シカは慌てたように逃げていきました。
    あまりにも間近で、ちょっと感動。

    そしてまたゆっくり車を走らせていたら・・・

    リス
    車の前をちょろちょろと横切る小動物

    ちょろちょろと走って、その位置で止まりました。

    リス
    「歩行者優先だかんな」と言っているリス

    シマがあるからシマリス? よく分かりませんがとても小さいリスでした。それから少しすると、前で何か動いています。

    キタキツネ
    画面の真中
    キタキツネ
    キタキツネじゃないですか

    キツネが近づいてきました。きっと誰かがエサをやったのでしょうね。人に寄ってくる動物はある意味可哀想です。何か問題が起きれば、人間は「駆除」に動きますから。人に近づくな、と思いました。でも、何ていうか・・・

    キタキツネ

    完全に犬ですよね、こうなると。
    仮になついていても、エキノコックスという恐ろしい寄生虫がいるので決して触ってはいけません。

    こんな感じで、シカ2頭、キツネ3匹、リス2匹に遭遇。道路閉鎖はこんな楽しい時間をくれました。クマちゃんだけは勘弁ですが、でもまあ、クマちゃんが人間を寄せ付けない役割を果たしているとすれば、自然にとっては絶対必要な存在なのかもですね。

    風景も美しいのでした。

    山の風景
    山の風景

    何気なくそこにある風景が、何だかすごい。

    まだ、終わりませんよ。
    このあとマウレの温泉に入り、帰りにもうひとつ気になっている峠へ向かいました。一度、閉鎖されていることを知らずに行った「丸立(まるたつ)峠」。→以前書いた記事

    もしかして、ここもまだ閉鎖されているのか、それを確かめに。

    道路閉鎖
    閉鎖されていました

    6月は冬季なんですかね。そういえば前回も6月だったようです。
    せっかくここまで来たので、左の「十三の滝登口」へ向かいました。

    十三の滝への道
    ある意味ここもまた怖い空間ではあります

    8kmほど進んだところでギブアップしました。延々こんな感じの道が続いていて、途中二股があり、看板もなく、勘で右へと進みました。車は草に埋もれていくような感じになっていきました。Uターンも難しく、ここで車が故障したらオシマイだと思いました。

    Uターンできるスペースを見つけて引き返しました。その帰り道に突然現れた「なんじゃこりゃ」な風景・・・

    引き返した道からの風景
    身震いするような風景

    「なんじゃこりゃ」
    秘境感がスゴい。実際に見ると圧倒されます。車から降りたら、すぐ車に戻りたくなりました。威圧感がスゴい。
    えらいもんを見てしまった。
    後で調べたら「奇城岩」と言うそうです。知名度ゼロかも。

    さらに、リス2匹、シカ2匹が現れて、「ちきゅう万歳」的な1日になりました。
    走行距離310km。
    この日の熟睡ぶりといったら、不眠症の人に分けてあげたいくらい深い眠りでした。


  • v227 つるつる温泉に出現したもの

    ■つるつる温泉に出現したもの

    エゾリス
    エゾリス(ちょうど2年前の2010年9月17日、網走で出くわしたヤツ)

    また「塩別つるつる温泉」に行ってきました。(9/17)

    つるつる温泉は、肌がつるつるになるのはもちろんのこと、受験生はつるつるすべるし、脳みそのシワもなくなりつるつるになるかも知れません。
    どこもかしこもつるつるになるかも知れないのです。敬老の日はさぞかしつるつるの高齢者でいっぱいかと思いきや、早朝に行ったのでほとんど人がいませんでした。

    その日、誰もいないのをいいことに、露天風呂の縁石につかまって、うつ伏せになって身体を伸ばし、プカプカ浮いていました。
    『いいストレッチかも』
    なんて思いながら大人げなく浮いていました。それから身体をくるりと回転させて空を見ていたら、山側で何かが動きました。距離にして5メートルくらいのところです。

    キタキツネだろうと思いました。大きさ的に絶対キツネだと思いました。

    それは、木や草の陰になりなかなか全身を見せません。キツネ早く出てこーい、などと思っていましたら、出てきました。黒っぽいふわふわのエゾリスがっ。
    結構でかいエゾリスが至近距離にいますっ!! 何だかテンション上がります。
    『ウォーッホッホーイッ』(心の声)

    それまですっかりキツネだと思い込んでいましたので、キタキツネとエゾリスをいっぺんに見たような気がして、大変お得な気持ちになったのでした。

    エゾリスは目の前に裸の人間がいるのに逃げることなく、何か木の実のようなものを拾って、手を口のところに当てて、モグモグさせていました。尻尾が大きくてフサフサ。
    『こりゃいいものを拝めたわい』(じじいかっ)
    『ついでにクマも出てきたりして』
    なんて思っていると、大きな咳をしながら誰かが入ってきました。

    「ウォーッホッホッ、カーッ、クワーッ、ゴホゴホゴホ」

    まさにクマのようにガッシリした中年男性でした。
    その咳払いに驚いたエゾリスは大きな木の陰に隠れてしまいました。そして露天風呂に入ってきたその人の背中には、一面に美しい絵が描かれていたのでした。
    オーマイガッデム!!(意味不明)

    絵画鑑賞までできるとはなんてラッキーなのでしょう。(汗)

    こんな愉快で楽しい塩別つるつる温泉に、ヒマがあったらぜひおいでください。シカやリスは滅多に見られない上、脳みそがつるつるになってもそれは自己責任ということで。