• カテゴリー別アーカイブ 2017年
  • v312 大規模「家庭菜園」 じゃがいも2

    ■大規模「家庭菜園」 じゃがいも2

    じゃがいも
    春先の新芽(2017/6/10)

    私の作った放置じゃがいもはあまりにも適当過ぎましたが、ナオヒロくんのじゃがいも作りは圧巻でした。上の写真から10日ほどで次のようになり、

    じゃがいも
    もっさり(6/21)

    さらに10日後にはこう・・・

    じゃがいも
    とっても元気(7/1)

    そしてこのわずか2日後…

    じゃがいも
    土寄せの跡(7/3)

    土寄せが始まりました。この土を削って根元に盛る作業は、想像以上の重労働だったそうで、もう来年はこんなには作らないぞ、と無理矢理種芋を追加され、重労働が倍増した原因である「闇の大王」に怒りをぶつけていました。(笑)

    2週間ほどすると花が咲いていましたが、「鹿に花を食われた」と、いまひとつ謎な現象により、鹿除けのナイロンテープを張りました。予算がないのでこれが限界です。

    じゃがいも
    山側に簡易鹿除けを張る(7/18)

    それから約10日後、元気な緑だったのが、やや枯れてきました。

    じゃがいも
    やや変色(7/27)

    そして間もなく、部分的に枯れてきた株のじゃがいもを掘り始めました。この時に食べたじゃがいもが、何ともコクがあって、べらぼうに美味かったのです。「闇の大王」も知り合いの農家さんのものより断然うまかった、と絶賛していました。

    じゃがいも
    掘るナオヒロくん(7/30)

    地面はカッチカチに固まっています。固いのです。雨が降るとドロドロになるため、その時期にじゃがいもが太り、晴れると万力で締め付けたようになる。これが味を出しているのかも知れない、と我々は雑談しました。
    前号で書いたように、じゃがいもを掘る時はピーカンがベスト。

    じゃがいも
    8/18の金曜日の早7時半ころ

    写真の奥の方の左側と手前を残し、収穫されていました。私は土日か早朝しか動けないため、手伝っていません。そして8月20日の日曜日に晴れて、手伝うことが出来ました。土が固くてかなり力が必要でした。

    じゃがいも
    掘るナオヒロくん(8/20)

    最後のウネに取りかかるナオヒロくん。やはり地面がカッチカチで、掘るのは大変です。この日は「闇の大王」も来ていて、地面が固くて厳しいと嘆いていました。

    じゃがいも
    掘るナオヒロくんと、奥に「闇の大王」(8/20)

    じゃがいも

    じゃがいも

    じゃがいも

    収穫したじゃがいもはコンテナに詰め、一輪車で50メートル先のハウスの近くまで運びます。

    じゃがいも
    この日は、このコンテナで5個ほど(8/20)

    かなり重い。しかし予想したよりは少ない感じがしました。

    じゃがいも
    紫のじゃがいもも少しだけナオヒロくんは作っていました(8/20)

    ピニールハウスの前の広い地面に、枯れ草を敷いて、そこにじゃがいもをぶちまけて、大きさ別に選り分けていきました。

    じゃがいも
    全部でこのくらい(8/20)

    大きなものは割合少なく、5~7cmくらいの大きさが大半でした。中学生と呼ぶことにしました。小学生も結構あり、やはりここの土が締め付けて大きくなりにくいのだろうと思いました。売り物としては厳しい感じでした。味は良いです。
    3~4時間ほど天日に干して、家に持ち帰り、お裾分けに奔走しました。

    全体を見た時、思ったよりは少なく、もし利益を得たいのであれば、やっぱり機械化・大規模化しないとダメなんだろうかと感じました。
    じゃがいもって機械化すると、「種まき機、土寄せ機、虫除け(農薬)、雑草対策(農薬)、芋掘り機、運搬車、格納庫」と、ハンパなくお金がかかるんです。しかも気候に左右されるわけで、農家のリスクが大き過ぎるんですよね。
    作る作物によってはまた別の機械が必要ですし。
    なんとなく、効率だけ考えた単一栽培にこそ落とし穴があるのではないかなぁ。

    それはともかく、何もしない農法を確立しなければなりません。(無理無理)

    それにしても、この過酷な一連の作業をやり通したナオヒロくんに喝采を送りたいと思います。パチパチパチ。
    終わり。(えっ、それだけ?)

    来年、どうするのかなぁ。どうしようかなぁ。


  • v311 大規模「家庭菜園」 じゃがいも

    ■大規模「家庭菜園」 じゃがいも

    カエル
    カエルくんもあちこちにいます(2017/7/1)

    じゃがいもは誰にでも簡単にできる野菜と言われています。土に埋めておけば出来る、くらいに簡単なのです。ただ、まともにやろうとすれば、間引きもしないといけないし、土寄せをしないと大きな芋はなかなか出来ないようです。

    以前札幌のマンションの一室で、プランターでジャガイモ作りに挑戦したところ、超小粒しか穫れず、成功したとは言えませんでした。部屋では受粉しないのですが、じゃがいもはクキであり、無性生殖という形で増えるので、蜂や蝶はとりあえずいなくても問題ないのです。

    花が咲き受粉すれば、何割かの株でトマトのような実が付いて種が出来るものがあり、その種からもじゃがいもは出来るそうですが、大きな芋になるまで数年かかるため、普通種からじゃがいもは作らないみたいです。
    (8月9日に、訓子府町の農業試験場のイベントに行ってこの話を聞きました。タメになったねぇ~♪)

    北見農業試験場
    155ヘクタールの大規模な試験場があります(8/9)
    じゃがいもの実
    これがじゃがいもの実(8/9)

    さて、畑仕事があまり得意ではない私は、いかにして機械を使わず、ラクに作物を作るかを考えています。しかしそれでもある程度の力仕事は必要であり、今は仕方なく力仕事もしていますが、将来的には寝ているだけで作物が穫れたらいいなと思っています。(ぜってー怒られるよね、こんなこと書いたら)

    でもね。
    山菜ってそうじゃないですか。採るのが手間ですけど。いわゆる雑草は全部、気がつけば生い茂っているわけですよ。そして食べたら野菜じゃないですか。(笑)

    えー、暴言の数々はお見逃しください。

    さて、ナオヒロくんの畑はとにかくプロの腕前なのでとても比較にならないわけですが、私のじゃがいも作りの顛末をここに書いていきましょう。じゃがいもは5月末から、数回に分けて何か所かに植えました。

    じゃがいも
    芽が出て順調に育っているように見えるじゃがいも(7/5)

    一応ウネを作りました(力仕事)。株間に腐葉土を入れました。でもちょこっとです。じゃがいもは痩せた土地でも出来るというウワサなので、無肥料でも良いと思ってました。

    芽が出た当初は、じゃがいものまわりの草は少なかったのです。生えてくる雑草くんたちは、できるだけ放ったらかしにしておきました。下の写真は上の写真のものとは違う場所ですが、わずか8日後…

    じゃがいも
    雑草の生命力と、花が咲くジャガイモ(7/13)

    緑の地球ですね。
    じゃがいもには花が付き、しかしナオヒロくんのじゃがいもと比較すると細く弱々しい感じはしました。分かりにくいですが、遠くにナオヒロくんのじゃがいものラインが見えています。そこまでの間には、手前の方に少しいろいろ植えているのですが、広過ぎてほとんどが手つかず地帯なので、ほぼ、自生のヨモギ畑となっています。
    で、ナオヒロくんのものすごいじゃがいもに気を取られているうちに、1か月以上が過ぎ、こうなりました。上の写真の反対側(左上あたり)から撮ったものがコレです。

    じゃがいも
    いったいどこに(笑)(8/20)

    左に背の高いヨモギ。画面のど真ん中に、枯れた茎があります。それがじゃがいもで、もう掘り頃のサインです。まわりの草はみんな元気です。
    掘っちゃいましょう。

    じゃがいも
    ちいさっ(8/20)

    これは成功とは言えませんね。やっぱ何か手をかけてやらないとダメなんでしょうか。とはいえ、あっちこっちに50株ほど植えたので、一部、どこに植えたかも分からなくなってますが、とりあえず掘り出したじゃがいもはこのくらいになりました。ハイっ、こちら。

    じゃがいも
    天日に干しています(8/20)

    じゃがいもは掘り出してから半日くらい天日に干すことで保存状態が良くなるそうです(長持ちする)。しかし、この後の保管で天日に当てると緑色に変色し毒となります。食べるとひどい目に遭うらしいです。

    それはじゃがいもがクキだからなんです。
    日光に当たるとじゃがいもに葉緑体ができ、光合成を始めることから、緑になるんだそうです。 だから日陰に保管しなければなりません。しかも温度もあまり高くなく(一定で)、風通しが良くないと腐りやすくなります。室内の日陰は大抵、風通しが悪いです。てなわけで、じゃがいもは保管の際に悩むことになります。

    ナオヒロくんの家の部屋はひとつ丸々つぶれ、しかも時々風を扇風機で送るという力技で凌いでいます。

    ところで、じゃがいもはかなり味があって美味しかったのですが、この土地に適しているのでしょうか。晴れた日に掘るわけですが、晴れると土がカッチカチで、実はものすごく苦労しました。
    雨になると土がドロドロにぬかるみます。この揉みほぐし効果がじゃがいもにいい味をつけるのかもしれませんが、作業効率が非常に悪いのです。

    ま、いいか、美味けりゃ。
    いろいろと勉強になります。


  • v310 つーふー

    ■つーふー

    そんなバナナ
    おそろしいことが

    生き物は死んだら終わりです。どうせ終わりだからなのか、人間は死ぬほどのことは考えない頭の作りになっているのかも知れません。ネガティブなことはあまり考えない方が、ストレスも少ないですから。

    8月29日の夜、何もしていないのに右足のアキレス腱あたりに痛みが走りました。骨折のような痛み。アキレス腱断裂? それはどんどん痛みを増していきました。ただ座っていただけなのに。
    『はっ、痛風か、痛風なのかっ!?』

    何もしていないのだから、状況的には痛風しか考えられませんでした。風が吹いても痛いなんてもんじゃなく、風なんて無くても激痛で、痛みはずっと続きました。その日は痛過ぎて眠れませんでした。

    丸三日間、あんまり効かない痛み止めで我慢していました。痛くて触れない。触ってなくても痛い。痛いんです。痛いんですよ。延々と痛いのです。何とかしなくてはっ。

    理屈では尿酸結晶を減らさないといけないので、水を飲みまくってトイレへ何度も行きました。でもそのトイレまでの道のりが険しくて、水を飲むのも恐怖でした。

    こんなに痛いのか、と思いましたが、ずっと前から情報としては知っているわけです。大抵の人はみーーーんな知っています。風が吹いても痛いってのは知ってますよね。痛風になって痛過ぎてワロタ、なんて言ってる場合じゃないですからね、なったら。。。

    究極の1文字だじゃれ「鵜」スタンプ
    究極の1文字だじゃれ「鵜」

    こればかりはなっちゃ大変よ。だからならないように気をつけましょう。って普通なるんですが、自分はそうならないと、根拠もなくみなさん思っている、あるいは「そんなに痛くないだろう」とかどこかで思っていて、なってから後悔するのです。

    まあ確かに、ガンも脳梗塞も腎不全も肝硬変も全部おそろしい病気なので、全部に恐怖していたら、生活そのものが出来なくなってしまいます。でもそれを言い訳にしていたら、なっちゃうんですね、これが。原因があるから結果が出るのです。

    私の場合は、薬がイヤで、極力飲まないようにしています。自然治癒力が落ちるのがイヤというのもありますが、それより、高齢者は大抵、薬を大量に飲まされていて、そういう高齢者を見るたびに、ヤバいと思っていたのです。血圧が高い、ハイ薬。熱がある、ハイ薬。風邪ひいた、ハイ薬。胃に悪い、ハイ薬。このままでは私も薬漬けにされるかもしれない。それは避けたい、と。

    ところが数年前の市の健康診断で悪いところが(昔からですが)いくつもあり、精密検査を勧められ、ついに、血圧の薬を出されてしまったのです。(去年の5月です)
    仕方なく飲むことにしたのですが、続いて尿酸値が良くないということで、また別の薬も出されてしまいました。(去年の11月頃)

    いつの間にか2種類の薬を長期に渡って飲まされている。ヤバいじゃないですか。この調子で4種類、8種類16種類と増えて行くわけですよ。ここが瀬戸際なのです。このままでは年々薬漬けとなり、薬で腹いっぱいになり、「ご飯より薬の方が多いよ」なんていう笑えないギャグを飛ばすことになるのです。

    血圧に関して、この頃はほとんど正常な範囲でした。塩分は10年以上前から控え目でしたし、畑で運動量が増えていましたから、その分良かったのだと思います。

    そんな時、医者は言いました。
    「ああ、だいぶ良いですね。この調子で薬は続けてください」
    『おいおいおいっ!!』と心で思いました。数値がいいなら薬やめようよ。それとも経営的に出さないとマズいわけ?

    いわゆる不信感です。
    安くないんですよ、薬。むしり取られ巻が感が凄い。製薬会社の手先かこの医者は、と思いました。(しかし薬がこれほど大量に作られているのに薬価が高過ぎじゃないですか。みなさんチュウチュウ吸われているんですよ)

    それからいろいろワケあって、予約をキャンセルして病院へは行かないことにしました。その最後の予約日が今年の6月17日。

    つまり薬が切れてから2か月半経っていました。尿酸値は10年以上前から9.2とか、確かに異常に高かったわけですが(7.0までは正常)、薬で7.7まで下がってはいました。

    ちょっと言い訳をします。もし医者が本当に病気を予防したいのであれば、薬ではなく、どう生活習慣を改善したら良いかを口にすべきではないですか。薬は不自然だ、できれば飲まない方が良い、という立場であるべきではないですか。

    診察の度、その都度「塩分がまだ多い」とか、「水をもっと飲め」とか、そのアドバイス込みで薬を出すべきではないですか。私も知っていたものの、やはり例えば「水を飲み尿酸結晶を排泄する」、「アルコールはどんどん減らす」という行動が不十分で、つまり、認識が足りないのですから何度も何度もそれを言うのが医者の役割じゃないですか。

    と、痛風になってから言う私。

    でもまあ、交通事故の過失割合で言えば五分五分なんでしょう。いやいやいや、もともと人間は、分かっていても欲望に勝てなかったりするので、「命を粗末にするな」と一喝して、強制できるのも医者の特権ではないですか。一九だな。どうでもいいか。

    しかしですね、とにかく驚きました。痛風の痛み。この恐怖を体験したら、もうなりたくないのでいろいろと予防に努めると思います。それが学習というものです。

    ただ、すぐ忘れる、学習しない、というのもまた人間の大きな特徴であるとも思います。考えてみれば戦争が絶えません。人類はバカなのでしょうか。一部にバカが存在しているというだけなのでしょうか。伝え聞くだけでは想像力が追いつかず、個体が懲りなければ学習しないのでしょうか。

    バカはバカで愛すべき存在ではありますが、本当のバカにはならないように、悲惨な結果をもたらすスイッチだけは押さないように、気をつけたいものだと思いました。


  • v309 大規模「家庭菜園」 いろいろ…

    ■大規模「家庭菜園」 いろいろ…

    カボチャの花とミツバチ
    カボチャの受粉にいそしむミツバチ(7/27)

    まずは、アリによってズッキーニとカボチャが殺戮されたことを受け、やむを得ず薬剤を使ってしまったその後についてです。これにはちょっと驚きました。アリは確かに数が減りましたが、毒入りのプラスチックの緑のケースが粉々になっていました。

    砕かれたケース
    砕かれたアリ殺しケース(7/13)

    置いたケース数個すべて砕かれていました。多分キツネです。甘い匂いがしたのか、食べようとしたんですかね。ちょっと気の毒に思いました。死にはしないと思うのですが、腹は壊すかも知れません。そういえばここしばらくキツネの姿を見なくなりました。

    その後、薬剤はやめ、アリを刺激しないようにして、多少の被害には目をつぶることにしました。数が多過ぎて無理なので。
    山の上、奥の方まで歩いてみたら、かなり広い範囲に、草むらにもアリがたくさんいました、あちこちで虫の死骸を運んでいます。意味があるんですね。やはりこのままにしておきましょう。

    さて、何だかいっぱい書きたいことだらけなのですが、書ききれません。写真を並べてひと口解説を添えて、一気にここまでの畑話を終わらせてしまいます。

    ジャガイモ畑
    ナオヒロくんのジャガイモ畑(7/3)

    なんかもう、穴掘ってぶっ込んで足でバンバン踏み固めたジャガイモが、ものすごく育ちが良く、周辺の農家のジャガイモよりも育っていました。これ植えた範囲が50メートルくらいありますから、どんでもない量が穫れると思われます。しかし、ジャガイモは意外に手がかかるのです。

    ジャガイモ畑
    働くナオヒロくん(7/5)

    まず間引きが必要です。そして土寄せも必要です。この写真の左側の土が削れていますね。この土をジャガイモの根元に盛ったのです、ナオヒロくんが。
    あっちもこっちも削れていて、さぞかし重労働だろうなと、直感的に思いました。
    この距離、土の量はハンパなく、私がやれと言われたら「やらない実験とする」と言って断ります。つらいですこれは。

    そしてこの日は、鹿の被害を防ぐために、おカネがない分、知恵で安価に鹿避けの柵を作っていました。

    ダイコン畑
    ナオヒロくんのダイコン畑。(7/5)

    このようにしっかりと作っているのはナオヒロくんの畑です。50cmほど土を掘って、ダイコンがきちんとできるようにしています。そしてきちんと肥料も入れています。キツネと鹿除けにナイロンテープを張っています。これやるだけで2日くらい寝込みそうです。

    豆の畑
    ナオヒロくんの豆畑(7/9)

    そしてまたナオヒロくんは一度も作ったことのない豆にトライしていました。
    しかしこれは闇の大王からの指令であり、本人は「やりたいのはコレじゃない」とつぶやいています。(ニンニクとカボチャに思い入れを強くしています)

    ジャガイモもその量を増やされ、ダイコンも、豆も、ニンジンも、カブも、オクラも、ズッキーニも、シシトウも、ホウレンソウも、闇の大王によって指令されていたのです。その大王は悪い人ではないのですが・・・。

    さてナオヒロくんが凄いのはよく分かりました。では私の畑を少し見てみましょう。

    チンゲンサイ
    チンゲンサイ(7/1)

    雑草もチラホラ目立つチンゲンサイ。7月1日の段階ではいい感じでした。私はチンゲンサイで失敗したことはありません。しかし寒かったんです。18日にはトウが立ち…

    チンゲンサイの花
    チンゲンサイの花(7/27)

    美しい花畑になっていましたとさ。これチンゲンサイです。早くも失敗、終了です。まったく食べることは出来ませんでした。(笑)

    パクチーは雑草の中にチラホラと生えています。ニンジンはなかなか育ちません。鷹の爪も成長が遅く困っています。ジャガイモは雑草を取らずに共生させています。なんとなく花をつけるまでには至りました。ズッキーニだけがよく育っていて、いくつか実を収穫しました、味もいいです。私の畑の写真は、ワケが分からなくて面白いんですが、説明必須で面倒です。いつか後の通信で掲載するかも知れません。

    何となくうまくいっているズッキーニはマルチもしましたからそこそこ手がかかりました。ほとんど放ったらかしの作物については、豆だけが雑草とともに生き、何となくうまくいっています。これは楽しいので載せましょう。

    豆が雑草とともに生きている
    わけわかんねー(7/27)

    このなかに枝豆だかキヌサヤだかエンドウだかがちゃんと元気に生えていて、しっかりした雑草(主にヨモギ)に巻き付いて花を咲かせています。笑えます。肥料も入れてないです。
    この写真では、どこに何があるか分からないですね。私の畑は全部こんな感じです。あえてアップの写真は載せません。実が付くんでしょうか。(笑)

    これは固定種なので、放ったらかせば来年自然に生えるかも。(いやー無理でしょう。他の植物がかなり強い)

    夢の実験は続きます。


  • v308 大規模「家庭菜園」 働き者は…

    ■大規模「家庭菜園」 働き者は…

    うる茶
    最近のうる茶くん。記事とは関係ありません(6/25)

    アリがズッキーニとカボチャを殺戮し、やむを得ず薬剤を使ってしまったその後については次号に書きます。今回は、とにかくよく働くセミプロのナオヒロくんの活躍について、記録をしておきたいと思います。

    2つあったビニールハウスのひとつが雪で潰され、使用不能でしたが、もうひとつは骨組みは壊れていませんでした。

    倒壊したハウス
    倒壊したハウス(結構でかい)
    倒壊したハウス
    手前が倒壊したハウス(解体中)、奥のハウスは使用可能(5/30)

    これを片付けるには、骨組みを引っこ抜かないとならないのですが、かなりしっかり組まれていて、結構な力仕事になります。それより私は、ちょっと怖くて触ることもできませんでした。

    「ここ片付けたいっすね」とナオヒロくん。
    「無理じゃね?」
    「無理じゃないっす」
    「アリの数もすごいよ」
    「うーん」

    考える人
    一人で解体を開始し、考え込むナオヒロくん(5/30)

    そして翌日。

    働く人
    働くナオヒロくん(5/31)

    骨組みの鉄骨は40~50本脇にきれいにまとめてありました。そして様々なゴミ的なものを一輪車で運び出していました。坂を下って80メートルほどの距離の「D型倉庫」まで運びます。私は鉄骨をチマチマ運んであげて、5往復でヒザをやられてしまいました。
    「ぅおおぅっ、ギブ、ギブ」私は死亡。
    ナオヒロくんは淡々と仕事します。

    働く人
    働くナオヒロくん。かなりの急斜面なのです。(5/31)

    素晴らしい。

    花メルヘンスタンプ
    LINEのスタンプ。クリックでショップに。こうてね。

    そのからナオヒロくんは水の確保について考えていました。
    以前使用されていたと思われる赤いタンクが転がっていて、それを見たナオヒロくんが言いました。
    「修理すれば使えそうですっ」
    「え、無理じゃね?、穴あいてるし」
    「ここ、ボンドか何かで固めて、水漏れを防ぎます」
    「えー、そうなの」
    「ホースは使えそうなのがありました。蛇口を付ければある程度使えるカかも。問題はどう固定するか」

    いろいろ考え、高度の高い斜面を削ってはめ込みました。その斜面はアリだらけでしたが、ナオヒロくんはヒルむことなく、スコップで切り崩しました。もちろん私も手伝いましたが、ヒザをやられているので、邪魔になっただけかも知れません。

    赤いタンク
    赤いタンク
    赤いタンク
    雨水を溜めて使う。(5/31、設置はこの日ではなかったかも、数日前か)

    しかしこれは雨水がうまく溜まらず、失敗でした。真上には邪魔をする枝がないのになぜか溜まりません。ただ、雨は定期的に降り、畑は普通に放置して問題ない状態でした。むしろ寒さの方がヤバかった。

    6月に入り数日すると、特に畑周辺の雑草が伸びてきました。手作業では不可能でしたので、草刈り機を購入。貧乏な2人ですが、ナオヒロくんの貧乏は数段上で、しかしこんなにやる気エネルギーを潰してはイカンと思って、思い切って買ったのです。

    「こんな刃物がグルグル回るものは怖くて使えんからさ」
    「自分は何でも使えます」
    「どこででも使っていいから自由にやっちゃって」
    「あざっす。木の伐採も仕事でしたことあります」
    「すげー」
    「植樹も、ブタの世話も、何でも」

    こんなに働くのになぜ貧乏かと言うと、想像はつくと思いますが、いわゆる季節労働者なんですね。一定以上収入がない。雨が降ると中止になったりして不安定。ボーナスもない。冬には仕事がほとんどなくなってしまう。ということで冬は冬眠するそうです。(笑)

    働く人
    ほんっっっとに、広いんです。頑張っています(7/5)

    6月の中旬に、まだ使えるビニールハウスのビニールが外れて(外されていたのかな)、地面に転がっていたのを、ナオヒロくんが少し天日に干して、破れたところを補修しながら直していきました。それも高さがあるので難しい作業なのですが、根性でハウスを復活させたのです。

    「道具入れにも使えますよね」
    「そーだねっ」
    「ここに収穫物を入れておくんですよ」
    「あーなるほどね」
    「キツネからも守れますよ」

    ビニールハウス
    ビニールハウス復活(7/9)

    しかしこれ本当に大変だったようで、サクラの木が食い込むように伸びていたため、枝を少し切ったり、ビニールをうまくよけながら作っているうちに、支柱をしっかり固定させようと踏ん張っていた時に胸が「メリッ」とヤバい音がしたんだとか。

    「あー、これはヤバいやつだ、あー」と独り言。
    病院へ行ったら骨と骨を繋ぐ軟骨か何かにヒビが入っていたようです。行きつけの病院なので医者がナオヒロくんのことを良く知っており、

    「ああ、3本にヒビが入っているね、キミは骨が丈夫だから折れないんだな」
    普通なら折れてる、とか何とか言われたようです。

    ナオヒロ肋骨3本にヒビ
    肋骨3本にヒビ状態の説明書(7/9)

    こうしてさらに貧乏も深まっていくのでありました。
    豊かな収穫の秋を迎えたいっ。